スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お引越し

http://memo-keiba.seesaa.net/

心機一転という意味も込めてこちらのブログに引っ越ししました。
3年も放置してるブログなんて誰も見てないでしょうけどとりあえず。
スポンサーサイト

皐月賞予想

今年のTRはほぼ全部重い馬場での施行だったので、ラップ初心者の自分は
どう判断すればいいのか分かりません。

さらに、取捨に非常に悩む馬も結構いたので今回は血統を中心に全頭分析
しました。

1モンストール 父アドマイヤマックスの時点で軽すぎる。サンデーXデピュティミニスターは
いかにも外回りで良さそう。消しです。

2アダムスピーク ラジオNIKKEI2歳と同じ内枠に入ったことで、器用さが活きそう。
前走はリズムが乱れまくって度外視と考えると、巻き返しも十分考えられそう。▲

3 トリップ モンストールと逆の配合。母系がいかにもTR的な感じ。弥生賞で◎打ってるので、
ここではとても買えない。消しです。

4 メイショウカドマツ 父譲りの粘りが発揮できるような展開だと怖い。頭はないと思うけれど、
粘りこんでもしかしたら連までありそう。△です。

5アーデント 前走は完全に瞬発力の差が出ての負け。もっと流れそうな今回の方が
パフォーマンスを上げる可能性はあると思う。下手したら頭まである。☆です。

6 ディープブリランテ ここ2走は終始勝ち馬にマークされる展開で、
厳しい内容だったのは間違いない。今までよりマークは緩くなるだろうし、折り合いも付くだろうし
」無尽蔵のスタミナで馬場も味方して押し切り十分。◎です。

7 ベールドインパクト 器用さも備えてるし、コース適性はあると思うけれど如何せん
鞍上がGⅠにめっぽう弱い。消しです。

8 サトノギャラント 東京の最後方一気が目立ちますが、見た目ほど大したことないと思います。
前走の方が、内容的にはここにつながると思ってます。展開はハマると思いますが、
血統が軽すぎるので3着付の△です

9 ワールドエース やはりこの馬は最大の魅力は瞬発力だと思います。今回、初めて
追走に脚を使う展開になって今迄通りの爆発力が生まれるか疑問です。
反応もワンテンポ遅いと思います。消しです

10 スノードン 論外です

11マイネルロブスト 何かものすごいサンツェッペリンを思い出すような配合ですが、
ゼンノエルシドだと短すぎますし道悪が下手なので今回は厳しいと思います。消しです。

12 フジマサエンペラー よっぽど雨が残らない限り厳しいと思います。消しです。

13 シルバーウエイブ 不良しか走ってないので判断しにくいですが、
ジャンポケXデピュティだとちょっとスピード感に欠ける気がします。消しです。

14 ゴールドシップ 2歳時の2つの重賞は強い内容ですが、あの捲りをGⅠで再現できるか
というと厳しいと思います。位置取りも、また後方に下がる気がします。3着付の△

15 コスモオオゾラ 雨が降ったからと思ったんですが、雨が降ってのスローという
完璧に条件がそろった弥生賞で勝っただけの話で、ロージズインメイだとGⅠは
厳しいと思います。消しです。

16 ゼロス キンカメXサンデーはちょっとここじゃ場違いだと思います。消しです。

17 何かものすごい不気味ですが、スプリングSでは順調に使われてきて
4か月ぶりのサトノギャラントをギリギリ抑え込んだ内容を見ると、単純に能力が
足りない気がします。消しです 。

18 グランデッツァ スプリングSは強いの一言。アグネスタキオンは、自信の
勝ち方がそうだったように前で競馬をすると強いです。ただ、ガラスのタキオン産駒だけ
に反動が気になります。○です。

以上 
◎ディープブリランテ
○グランデッツァ
▲アダムスピーク
☆アーデント
△サトノギャラント、メイショウカドマツ、ゴールドシップ
です

桜花賞予想2012

最近、ラップ予想にハマってますww

てなわけで、桜花賞のラップ傾向です。

12.4-11.1-11.5-12.0-11.9-11.5-11.4-12.0

新装して過去5年の平均ラップです。阪神外回りらしく、
残り3Fでペースが上がりそのままの脚を持続する瞬発力&パワーが
要求されるレースです。なので、小回りのような長くいい脚を使う馬や
一瞬のキレをウリとする馬はあまり向いてないように思います。

・・・で、いつもラップ予想するときは出走馬各々のレースラップを見るのですが
3歳牝馬ということもあり、どうしてもサンプルが少ないです。なので、前哨戦の
ラップで判断したいと思います。

阪神JF      12.6-11.1-12.1-12.2-12.2-11.7-11.0-12.0
チューリップ賞 12.7-10.9-12.1-12.3-12.2-12.2-11.3-11.8
Fレビュー     12.2-10.7-11.4-11.8-11.9-11.9-12.9
クイーンC     12.6-11.6-12.4-13.1-13.0-11.5-11.0-11.4
重馬場施行↓
アネモネS    12.5-11.5-11.9-12.7-12.8-12.5-12.4-13.3
フラワーC    12.5-12.1-12.8-13.0-12.9-12.5-12.3-12.3-12.9

下2つは重馬場で行われたので判断が難しいですが、反動が調教に出てる
みたいなので勝ち馬は軽視したいと思います。

◎ジョワドヴィーヴル
○ジェンティルドンナ
▲イチオクノホシ
△ヴィルシーナ、サンシャイン、マイネエポナ、エピセアローム

ラップのバランスが阪神JFと似てるので、それを圧勝した◎ジョワドで仕方ないと思います。
前走はよもやの3着でしたが、TR⇒本番で連勝した馬はブエナだけのでそう悲観しなくて
いいと思いますしそのTRを圧勝したハナズゴールが回避したので、巻き返しは十分可能
だと思います。あとは鞍上の勝負弱さがどう出るか・・・

○ジェンティルドンナは前走は熱発明けで、勝負どころでもたついてました。しかし、今回は
調教もキッチリ動いていたので態勢は整っていると思います。姉のドナウブルーが京都以外
さっぱりですが、馬体重や阪神の未勝利を見る限り姉ほどはないと見てます。

▲イチオクノホシは阪神JFでは◎にちぎられましたが、2着とは0.1秒差。その後、
超スローのクイーンCで2着、明らかに条件があってないFレビューで差のない4着と
大崩れしていません。この舞台が一番合うと思ってるので一発十分と思います。

△はあまりにスローになった時に活躍しそうな馬です。ヴィルシーナはスローで番手に
付けれれば怖い存在です。ただ、勝った時は全部超スローなのでペースが流れた時に
対応できるかが気になるところです。

サンシャインは血統とローテです。エルフィンSの勝ち馬は、新装桜花賞になって全部
馬券に絡んでます。サンシャインのレースのレベル自体は低いのと、不利な内枠ですが
スローになれば侮れません。
血統面では、父ファルブラヴのワンカラットであそこまで頑張ってるのでハーツクライに
変わってさらに適性があると思います。

あとは、エピセアロームとマイネエポナを押えて終了

高松宮記念予想

広告UZEEEEEEEEEEEEEEEE

オルフェーヴルが逸走してみたり、単勝万馬券のネコパンチがまんまと逃げきってみたりと
なんか普通では色々考えられないことが続いてますね。
これに乗っかって、宮記念も大波乱を期待します。

新設中京1200mが未だに6鞍しかないので、傾向をつかむのが難しいですが
意外に上がりがかかってること、言われてたのとは違い外枠の方が有利という
傾向は出てるみたいです。

そうなると、かなり危険なのはロードカナロアですよね。最内で今までスローの競馬が
ほとんど、実際にキングカメハメハ産駒はスローからの上がり勝負が得意なので
典型的な瞬発力馬だと思います。しかも最内。うまく捌けるというのかっていうのも
心配ですし、イメージで言うのはよくないんですけど祐一の宮記念最内1番人気といえば
スズカフェニックスでずっこけたアレが離れないのも怖いですw
さすがに消しの暴挙はできないので抑えの抑え△で。

馬券的な軸で考えるとカレンチャンが一番無難なんでしょうけど、勝ちきるって箏を
考えると○まで。何かに負けそうな気がします。

◎ダッシャーゴーゴー
前走、間違いなく力を出し切ってない負け方をしていなくて人気を落とすここが一番
狙い目かなと思います。調教も動いてますし、成績のいい外枠、どちらかというと
刺し脚質ですし、坂のあるコースの方がプラスなのも間違いないです。

○可憐ちゃんで、調教酷いけどコース適性は一番ありそうなジョーカプチーノ
☆サンカルロで、あとはエーシンリジル、アグネスウィッシュ、ロードカナロア

フェブラリーS回顧





15人の騎手と、見ていたほとんどのファンが度肝を抜かれたであろうセイクリムズンのハナ。
予想もしなかった馬が一気に行った事で、元々行きたかった馬たちが慌てて前を取りに行く。
しかし、そこはずっと短距離を使ってきてた速さと吉田隼の意思の強さだろう、譲る気は
全くない。その意思の強さはいいが、『思った以上にペースがきつくなった』って言うコメントには?
が付く。みんな前に行きたいんだから、ペースが速くなりやすくなるって考えるとちょっと甘い気がする。
話がそれた。そのセイクリムズンをを人気馬も含めてしつこく追いかけるものだから、芝スタートも手伝って
3F~5Fの通過は34.7-46.6-58.7。完全に芝のペース。
これだと、どんなに強い馬でもさすがに全部潰れます。結果、やっぱり後方待機組のワンツー。
好位から伸びたワンダーが、和田騎手の強い意志でダノンを抑え込み3着という結果。

テスタマッタはこの超ハイペースでも、大外で前に馬を置けなかったから掛かってた。
この馬はどんなペースだったら折り合うんだろうかって突っ込みたくなるレベルです。
それでも、この先行総崩れのハイペースも手伝い直線では元々秘めている高いポテンシャル
を存分に発揮。後退していく内の馬をしり目に、大外一気で早々と突き抜け2馬身差の圧勝。
気性や、骨折もあって出征が遅れたが元々これぐらい走る馬。何も不思議じゃない。
この後は、ドバイにも意欲を見せているみたいなので選出されたらぜひ行って欲しい。


シルクフォーチュンは悔やまれるのはスタート。スタートがかなり悪かったせいで、
テスタマッタよりもかなり後ろになってしまった。しかし、展開が向いた分最後の脚は
やはり凄かった。一瞬、テスタマッタをも交わそうかという勢いだったが、やっぱり
1400mがベストの馬。最後は止まった。それでも、ある程度はマイルにもめどが立った。
もう少し器用に競馬できるようになれば、重賞の2つや3つは勝つと思う。

トランセンドは逃げての競馬、または離れての番手の競馬がほとんどだったから、
今回みたいに前にたくさん行かれて自分のポジションが取れずにリズムを崩されると、
どうしようもなくなるという弱点がモロに出る結果となった。
やっぱり、この馬は逃げてこそ強い馬。ある程度暴走ペースでも相当粘れるから、
ドバイでも果敢に逃げてほしい・・・と言いたいところだが間違って選出されたスマートファルコン
がどうするか。どっちも譲らずに共倒れだけはやめてほしい。その時はテスタマッタが来るw


しかし、配当にはびっくりしました。1.5倍のトランセンド飛んだのに
3連複がまさかの15530円。3連単も15万を超えないとか想像もしませんでした。

考えられるのは、
・もしトランセンドが飛んだ時の箏を考えたトランセンドの相手BOX
・メンバー的にハイペースになるだろうから追い込みを軸にした馬券を組んでる人が多かった。

だと思います。みんな馬券上手すぎですw
しかし、今回ばかりはトランセンドがどんな状況でも飛ぶ事はないだろうと思っていただけに
ここまで手はさすがに手が出ませんでしたね。

あと、そろそろ世代交代も急務だと思います。今年のフェブラリーSの掲示板は全部6歳以上。
出走も4歳は2頭でうち1頭は初ダート。5歳は1頭も出てない。これはかなりまずい気がします。

カネヒキリ&ヴァーミリアンの7歳2強の牙城ををサクセスブロッケン、カジノドライヴ、エスポワールシチーの
4歳3頭が一気に崩壊させ世代交代を演出してからはや3年。しかし、現状はトランセンド、テスタマッタを筆頭に
メビウス、フォーチュンのシルク2頭、大分安定してきたワンダーアキュート、詰めが甘いが大崩れはない
ダノンカモンと全部6歳。伏兵クラスのナムラタイタン、ランフォルセまで6歳。短距離界はスーニの1強。
もう完全に、他の世代が入る余地がないです。
確かに、この世代が強いというのもありますけど下の世代はちょっと弱い気がします。
JCDの時には全部食ってくれる大物が現れることを期待したいです。
今のところはゴルトブリッツが最有力かな。





次回のGⅠは新設中朝競馬場で行われる高松宮記念です。

いよいよ待ちに・・・は待ってないですね正直wあの、昔の平坦のガチンコスピード勝負の高松宮記念が
見られないと考えるだけで残念でなりません。僕も含めて、あれが楽しみだった人も結構
いると思います。
もう過ぎた事にウダウダ言うのはこれぐらいにして、どうせ予想するなら新設中京の
コースの特徴をしっかり掴んで的中させたいですね。
なんでも、新設中京1200mは外枠は絶望的だとか・・・
まぁ、どっちにしても芝がきれいすぎて開催中は先行・内枠天国でしょうねw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。