スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納得いかない

1000m通過が59・1秒のスローペースでジャガーメイルには絶好のペース。

そして、直線内を衝くのも予定通り。

そこから、抜群の手応えで伸びる。ブエナビスタも伸びてる。

これはもらった!!

…なんで内で詰まってんのジャガーメイル!

おまけに加害馬にもなって着順ビリだし

あれ、もう少し進路考えて詰まってなかったら、間違いないなく3着以内やったのに。

まぁ、馬券買ってないからいいけど、レース的にはメイショウサムソンみたいな一頭だけ力をフルに発揮したあまり見応えのないレースだったように見えた。
スポンサーサイト

天皇賞(秋)予想

土曜日こそ台風の影響で、東京競馬場は中止せざるを得なかったが、天皇賞は馬場を
考慮しなければ何の問題もなく開催されるのでとりあえずは一安心。

しかも、馬場の乾きは思ったより早くうまくいけば良馬場で行われる可能性も出てきた。
さらに、今週から柵が外に動き馬場がどこを通っても同じきれいな馬場とくれば
間違いなく内有利。そうなると、上位に食い込む可能性があるのは先行馬か、インコースを通る差し馬。
自分は重い印は後者に打とうと思い、そうなると自然と浮かぶのはあの2頭。

そのうち本命◎はジャガーメイル
はじめは、重馬場前提予想の時だけこの馬を本命にしようと思ったが、ジャンポケXサンデーは
トールポピーを代表するように上がりがかかる、かからないに関わらず直線が長い、特に
東京競馬場のようなコースはめっぽう強い。
宝塚記念を負けて、得意な東京に戻って人気薄で激走するというのは去年のスクリーンヒーローに
被る。しかも、1年間外国人騎手が乗ってるから今更乗り替わりの心配をする必要はない。
狙うならば、人気の落ちてるここしかない。問題は、前半のペースが速いといつも
ぽつんと最後方に置いて行かれてること。それだけはさすがにダグラス騎手もしないだろう。

対抗○は当然ブエナビスタ
今更血統、実績などにケチをつけるなんてさらさらないが単純に騎手の差。スミヨンが1番人気を
内枠強襲するとは思えない。どんな状況でも大外一気の競馬をしてくるはず。そこにわずかな隙が
生まれるとみて対抗にした。

相手は絞るので後は抑え△
先行馬有利の展開になった時に一番怖いアーネストリー、東京巧者シンゲン
ゲートさえよくなっていれば当然怖いペルーサ、武豊騎手を配し本気度が伺える最後の
サンデーサイレンス産駒アクシオンまで。

レベルの低さは否めない・・・その前にするの?

はい、昨日はJRで昼3時ごろから橋梁のヒビの修復のために列車が止められ、自分たちが帰る
8時ごろ復旧し、ただでさえダイヤ乱れてるのに、9時に自分たちの大学の最寄り駅で
人身事故発生。またダイヤがおかしくなり、挙句の果てにとある駅で運転手交代なのに
その運転手が来ないという訳の分からない事態に巻き込まれ、いい加減頭来たので
近くを走ってるローカル線で家に帰るという久々に帰るだけで疲れたボクです。

こんなに疲れたのは、以前学校行くときに暴風雨のせいで普通は45分の所を
2時間以上かかって行った時以来です。当然公欠です。

・・・で、天皇賞ですが日曜日の東京は暴風雨どころか台風です。
とりあえず言えることはまともな条件ではできないこと。

運よく、日曜日に開催できたとしても極悪不良馬場で風もある中での開催。
一番有力なのは月曜日代替開催。台風がすぎ、風もある程度あるだろうから馬場の乾きは
圧倒的に早い。ただ、お客さんの数、売上は目を覆いたくなるようなもはや惨劇と言えるほど
の状況になるだろう。

間違ってもやってはいけないのが1週間先に延ばすこと。もう、すでに全ての馬が最終追い切り
を終わってあとは決戦の時を待つだけというときに、順延なんてやってもほとんどの
馬がまともに力を出せないのは目に見えている。伝統と格式ある天皇賞でそんな事だけは
絶対にやめてもらいたい。

そのメンバーだが、はっきり言って過去5年を振り返っても明らかにメンバーの質が落ちている。
過去5年はアグネスアーク以外全て重賞勝ち馬で構成されていたメンバーだが(そのアグネスも
本番では2着に来ていたから力はあった)、今年は重賞未勝利が3頭もいる。おまけに、
GⅠ馬なのに重賞連闘というもはや残念ながら風格さえなくなってる馬も・・・

だが、メンバーは少し残念だが今年は先行馬やマイラーがいつもより多くペースは流れて、
締まったレースにはなりそう。少なくとも先週の菊花賞みたいな非常に残念なレースに
ならないように祈るだけだ。その前に天気がすべてだが・・・


満を持して・・・

ブログのテンプレートを2日で戻しました。本当は、競馬の予想・回顧などで
文字を結構書きたかったのですが、どうしても上げたい動画が大きすぎて前のテンプレだと
はみ出してしまうのでやむを得ず戻すことに・・・

そんな紹介したい動画(曲)はこれ↓


EXILEの前身、『J Soul Brothers』の三代目の
『三代目 J Soul Brothers』(そのまんまだけど・・・)のデビュー曲
『Best Friend’s Girl』
一般公募からボーカルを選出するやり方で、前から注目を集めていた
三代目 J Soul Brothersだが、発売前にフルがうpされていたので載せます。
いやぁ、いい曲です。もう正直これ以外感想が出てきません。あまりに聞き惚れて。
自分が週刊EXILE!でこの2人がオーディションで選ばれるまで、そして今に至るまでの
成長ぶりを見ているから、思い入れが強いのは確かですがそれを抜きにしてもいい曲です。
バラード好きは必聴です!!

菊花賞回顧

どこから書こうか・・・はっきり言ってレベルが低すぎて、どこをメインに書けばいいのか。
展開のつまんなさ?レベルの低さ?まぁ適当に書きます。

日本ダービーも過去に例を見ない超スローペースだったが、まさか菊花賞までもこれほどの
スローペースになろうとは誰が予想しただろうか。
コスモラピュタが逃げるのは予想通りだったが、他の馬も全くラピュタに絡んでいこうとはせず
あっという間にペースが落ち着き、1000m通過は60~61秒、2000m通過が
2分5秒。これだけでも超の付くスローなのに、これは大逃げを打っているコスモラピュタ
のペースで後続は当然これよりも1秒以上遅い。
しかも、後続はローズを気にして誰も動こうとはしない。
これは、去年のエリザベス女王杯の時の『前2頭が見えませんでした』
というぐらいのとんだ失態。


そんな中で真っ先にスパートをかけたのが、2番手につけていた勝ち馬ビッグウィークである。
はっきりって展開も向いたのもあるが、川田騎手が巧く乗ったのも大きい。
ペースに関係なく早めにスパートしようと思っていたと言う通り後続を待たずにスパートをかけ、
ラピュタを捕まえに行く。元々ビッグはスタミナがあるが、超スローペースになったおかげで
早めに捕まえにいっても余力十分。結局後続を寄せ付けることのない完勝だった。
ビッグ自身も強い競馬(レベル自体は低いが)をしたが、馬の能力をフルに生かしきった
川田騎手の好騎乗も光るものがあった。


ローズキングダムは仕方ない2着。豊騎手も、ローズ自身が早めに動いて行ってもいい脚を
使えるのはわずかだから、動いても最後に垂れるのは分かってるから直線勝負に賭けた。
だが、真っ先に動いたビッグウィークもこれだけスローペースだったから、そう簡単に
止まるわけもなく最後まで差は詰まらず。
よく差を詰めているが、この2着は全く評価できない。次のレースが本当に試金石だ。

レーヴドリアンはカミダノミに邪魔されたのと、キレ負けした2つに尽きる。トウカイメロディは、
やはり戦ってきた相手が弱すぎた。展開もスタミナ勝負の方が得意だから
今回は展開が向かなかった。

ヒルノダムールは短所であるズブさのせいで、全く競馬になっていなかった。
自分の入りたいポジションにも、脚が無いから入れない。内で詰まってるから
京都の下り坂も利用できない。結果、直線に入ってようやく外に出すが、
瞬時に加速できないから伸びだすのは大方の大勢が決まってから。
これではさすがに届かない。藤田騎手も猛省していたが、今回は展開が向かなかったことに尽きる。
距離は間違いなく持つから有馬記念で狙ってみる。

結局、菊花賞は配当的には波乱になったが、上位陣の成績、血統を考えれば意外に普通である。
新コースの神戸新聞杯で、先行して粘った馬が本番でも好走するという通りに
ビッグウィークが勝ち、ローズキングダムはキレる脚が使える展開になったとはいえ、
実績は断然だったわけだから抑える必要はやはりあった。3着のビートブラックも、
血統をよく見れば過去の傾向にぴったり合うから自然と印が回る。
これで3連単33万も付くのだからかなりおいしい馬券だと思う。


これで降着が無ければ、スプリンターズSから3戦連続で重い印が3,4着。
あと少しというところで無印の馬が突っ込んでくるこの悔しさ。でもめげずに頑張ります。

今週は天皇賞(秋)。登録メンバーを見ても、穴人気で面白そうなのは除外対象だし
今回ばかりは順当に人気どころで決まりそう。しかも、先行馬揃ったから締まったレースに
なってハイレベルな争いになりそう。どうせ今回も金ないから賭けませんが、
予想はキッチリします。予想しながら、3,4着病の克服も兼ねてww

菊花賞予想

あぁ・・・金がない。だから馬券買えない。けど予想する。

エイシンフラッシュの回避により、自然と人気はローズキングダムへの1本被り。
しかし、誰がどう考えても上がり3Fの勝負を得意とするローズに、例年上がり4F~5Fの
レースになる菊花賞が合うとは到底思えない。さらに、スプリンターズSは降雨が延びたが
今回はその逆で前倒しになりそう。キレが最大の武器のローズにこれはマイナス以外の何ものでもない。
コスモラピュタの逃げ方次第だが、06年みたいに上がり3F33秒台が記録されることはあるまい。
買うとしても、ここはローズキングダムは思い切って切らせてもらう。

菊花賞は、意外に人気に関係なくパッと見で適性がありそうと思う馬が突っ込んでくるもの。

09年 8人気1着 スリーロールス  ダンスインザダーク(サンデー)Xブライアンズタイム
    7人気2着 フォゲッタブル  ダンス(サンデー)Xトニービン(エアグルーヴ)
    6人気3着 セイウンワンダー グラスXサンデーXリアルシャダイ
08年15人気2着 フローテーション スペシャルウィークXリアル

去年がいい例。ダンスインザダーク、リアルシャダイ、ブライアンズタイムは、あまり血統に
詳しくない人でも長距離では警戒すべきと思う名前。だから、ワンツーは正直に買っていれば
当たっていると言っても過言ではない。

というわけで、今年も正直に血統表を見て決めた本命◎はビートブラック
血統はミスキャストXブライアンズタイム。そのミスキャストはサンデーXトニービン。
極端に言ってしまうと、サンデーXトニービンXブライアンズタイム。
去年のワンツーの血統を全部内包してしまっている。ミスキャストの母ノースフライト(懐いww)
はマイルで牡馬を相手にしないほどの強さだったから、短距離のイメージがあるが、実際は
そうでもなく、3歳時はエリザベス女王杯で互角の戦いをしている。むしろ、マイルCS優勝、
エリ女2着など、京都が巧いという方を強調される。路線が地味なのはスリーロールスと
同じで毎年こういう馬が穴をあける。能力の絶対値がローズ以外そんなにない今年のメンバー
なら1発あっても全然不思議じゃない。

対抗○はレーヴドリアン
理由は先週のアプリコットフィズと被るようなところがあるが、この馬直線の長いコースの
方が向いてるしキレると春は言われていたが、実際は全くキレない。現に今までこの馬は
上がり3F33秒台はわずか2回。キレるのではなくじわじわ伸びるタイプだ。だから、
残り4Fぐらいからゆっくりレースが動く京都は持ってこいの舞台。枠もいいところが当たった。

3番手▲はトウカイメロディ
例年なら、本命にしていいようなローテーションだが、それがかなりハマりすぎている感がある。
ここ2走は強いが、どっちも北海道で会ったこと、小回りだったこと、相手がほとんど変わらない中
での連勝だったから、一気の(?)相手強化でどうか

抑え△に京都ではキレすぎるところがあるがやはり抑えが必要なヒルノダムール。
京都新聞杯でコース適性は示しているゲシュタルト、前走あまりにも負けすぎてるのが嫌だが、
血統構成はスリーロールスに似ているシルクオールディー。晴れならいらなかったが雨が降るということ
らしいのでスピードゼロの鈍重リリエンタール、大逃げで展開の紛れがあればコスモラピュタ、
と抑えは広めに・・・

降雨量によってはリリエンタールの印が重くなることもあるかも。消えることはない。

カミダノミはどう頼んでも無理www
買い目↓
続きを読む »

洋服整頓

ちょっと自分の部屋に、洋服があまりにも散乱しすぎていてさすがに整理するのと
ついでにいらなくなった洋服もまとめて捨ててしまおう思い、大学に入って初めて洋服整理
をすることに・・・

とりあえず、洋服たんすに入ってる服を全部出すしてみると、
101023_1817~010001
!?
何だこの量ww自分のもののはずなのに自分でびっくりwww
その洋服の山の中に・・・

101023_1819~010001
小学校の時に家庭科で作ったエプロンが出てきたwwめっちゃ懐い。

そんな懐かしい品はさすがに捨てれず、着ないだろうと思う服を選んでると出てくる出てくるww
で、とりあえず保留も含めて、いるだろう思われた服だけを並べてみる。
101024_0048~010001
はっきり言って最初との差があまり分かりませんねwww
なので、いらなくなった服を入れた袋を・・・

101024_0049~01
!!!
まさかこんなになるとは。多分半分ぐらいあるんじゃないかな?
この中には、若干破れたGパンも入ってます。もちろんななつさんほどではありません。
ななつさんに比べたらかわいいもんです。だけどお蔵入りです。ななつさん、今ならあげますww

ちなみにこれが洋服たんすです。
101024_0101~01
整理する前は、これが全部埋まってしまってましたが、今は上3つ完全に空いてしまってますww

さて、洋服ダンスがすっきりしたところで菊花賞予想へ・・・
ちなみに、部屋は全く片付いていませんwww

どうなるの菊花賞…

エイシンフラッシュまさかの菊花賞回避!
ヤマニンエルブに続いて、菊花賞を盛り上げてくれる馬がまたしても回避とは…
見る立場からしても駒不足になったという印象が強いし、予想する立場としても人気を吸ってくれる馬が消えたという思いです。
これで抽選馬は全部出れるので、穴馬はそこから見つけたいと思います。
これ、売上どうなるの?ガタ落ちはまず避けられない状況ですな。

遅くなったが秋華賞回顧

まずはアパパネの3冠を素直に称えたい。蛯名騎手が馬の能力を出し切るだけという
言葉通り、何の小細工もせずに道中はずっと外を回し、直線も1番外に出し
不利がなるべくない様に蛯名騎手は心がけていた。それでいてあの完勝劇。
しかも、今までのレースぶりから小回り京都は苦手だろうと思っていたが、今回が
1番危なげなかった。この馬、想像以上に器用だ。この後はエリ女かマイルCSの
どちらかに向かうみたいだが、崩れることはないだろう。ただ、いまだにもまれる競馬を
経験してないから、そういう状況になった時にどうなるか。だけど、次走がどちらにせよ
もまれる心配はないだろうからまだ、その心配はいらないが。

腑に落ちないのはアグネスワルツの逃げ方。前半1000mは58秒5とワルツにとっては
そんなに早くないペース。この後も同様にペースを刻むんだろうと思った矢先に、後続との
差がぐんぐん縮まっていく。数字でもこの2ハロンだけペースがかなり落ちてる。
本来、少し早いペースで逃げて後続に追走に脚を使わせキレを封印し、自分は驚異の
2枚腰で粘り込むのがワルツの競馬なのに、1番大事な2ハロンでペースを落としたのでは
後続は何の苦労もせずに、上がっていける。結果、今年の秋華賞はハイペースであると
所々で見るが速かったのは前半だけ。上位陣の上がり3Fタイムを見ればわかるように、
結果的には瞬発力勝負のの競馬。だから、キレのないワルツは馬群に沈み、
アニメイトバイオが最後に2着に突っ込めたのだ。
完全にペースを読み間違えたというか、なんであそこまでペースを落としたのかが納得いかない。

サンテミリオンはスタートで終わってしまった。でも、あの競馬はちょっとひどい(特に仕上がり)。
今回は自分は消したが、サンテミリオンを期待しているファンに対して失礼だと思う。

ショウリュウムーンはまたしても不利。抜け出す脚がないと言えばそれまでだが、
ちょっと馬がかわいそすぎる。ムーンが走る気をなくさなければいいが。



今週(あと3日だけどw)は菊花賞。ヤマニンエルブの回避によって、例年の菊花賞ペース
になるだろうと思っていたら登録馬にまともな逃げ馬がいない。

05年シャドウゲイト&アドマイヤジャパン、06年アドマイヤメイン、07年ホクトスルタン、
08年アグネススターチ&ノットアローン、09年リーチザクラウン。

これに匹敵するような逃げ馬が存在しないから、下手したらダービー並みのドスローになって
しまい、例年直結しないダービー、神戸新聞杯を速い上りで突っ込んだ馬たちが上位を占める
可能性が出てきた。こうなると、ローズ、エイシン、クォークの3頭で決まるのは見えている。
できればそのようなスピードの菊花賞ではなく、スタミナが求められるような菊花賞になること
を期待する。

22年前、西村監督は・・・

ロッテがソフトバンクホークスを破って日本シリーズに駒を進めました。

ロッテの強さもさることながら、ホークスの短期決戦の弱さを改めて露呈したCSに
なりました。これで、ホークスは初めて交流戦優勝チームがリーグ優勝できなかった
という記録に加え、初めてアドバンテージ制度導入後シーズン1位で日本シリーズに進出できない
という新たな不名誉記録を作ってしまいました。改めて見るとホークス弱いですねwww

リーグ優勝も、西武が最後に5連敗と自滅して棚ぼた的な感じで手に入れたものだし、
CSも相手がミスしないとほとんど点が入らない。
一方のロッテはシーズンラスト2戦は連勝しないとCS進出不可能と言うところで連勝し、
ファーストステージも4点差をひっくり返すなど、ここ1番での集中力が他チームより
抜けていたことがここまで来れた最大の要因だと思います。

ホークスがこんな恥ずかしい記録を作った今日、『10月19日 野球』でググってみると
すごいの出てきましたww長いので下↓へ続く・・・
続きを読む »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。