スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の重賞予想 中山記念&阪急杯

今週の自分の出来事などは、明日ぐらいに。今は予想を書く気力しか残ってないwww

まずは中山記念。まずはこのレースはかなり特殊で、この距離のスペシャリストが存在する。
マイルや2000mで全く歯が立たなかったり、惜しい競馬が続いていたのに
この距離になると競馬場を選ばずに好走してしまう馬の事を個人的にスペシャリストと呼んでるw
このスペシャリストという言葉は、2200mにも当てはまる。最近で言うとナカヤマフェスタが
いい例。

そして、この1800mという距離だけに関しては中山の1800mで好走した馬は
東京の1800mでも好走するという実に不思議な距離。
いくつか例をあげると、バランスオブゲームがこのレースを連覇して毎日王冠も勝ってる。
エアシェイディ、メサイアが兄妹で3年連続馬券に絡んだり、ローエングリンが4年越しにこの
レースを勝ったりととにかくリピーターが多い。
それを考慮すると・・・
レッドシューター、ヴィクトワールピサ、キョウエイストーム、キャプテントゥーレ、
アロマカフェ。

もう一つの阪急杯は・・・
ワンカラット、スプリングソング、サンカルロ、サワノパンサー、フラガラッハ
限界がしたのでいろいろなものカットします。すみません。
では、お休み・・・
スポンサーサイト

フェブラリーS回顧

トランセンドがまた一段と強くなって、完勝といえる逃走劇と披露した。
決してスローペースに落としたわけでもなく、前走と同じく途中から突っつかれっぱなし
の厳しい競馬。それでも直線では、逆に競り落とす内容だからこれではほかの馬は
歯が立たない。
しかも、JCダートみたいにコーナーワークで差は全く広がらない府中マイルでやったんだから
さらに価値がある。同脚質のとはいえ全くと言っていいほど違う戦法をとるエスポワールシチー
との対決も早く見てみたい。
そして、陣営は招待されたらドバイのWCに出たいとのこと。日本の芝、ダートの頂点の馬が
しかも世界で対決するとなると否が応でも期待が膨らむ。

フリオーソは、やはりと言っていいのか芝スタートで後手。そこでデムーロは腹を括ったか、
後方一気に賭けた。結果は、トランセンドを交わすまでまでは行かなかったもののじわじわ
前をうかがっていたバーディバーディを並ぶ間もなく交わして2着に入り改めて底力を証明した。
3年前のJCダートもそこまで内容自体は悪くなかっただけに、今年いい状態で出てくれば
チャンスはあると思う。

ダノンカモン、マチカネニホンバレのシンボリクリスエス産駒は4,5着。もう少し大舞台での
経験、あとは力がまだ及ばなかった感じがします。この後どこまでパワーアップできるか。

セイクリムズンは懸念された状態落ちがモロに出たように見えましたが、それにしても
負けすぎ。スタートから掛かりっぱなしだったから、距離ではないと思うけど・・・

予想の方ですが・・・弁解の余地もありませんwwwフリオーソをあれだけ言ってるんですから
当たるわけもありませんwww言い訳をするならば、フリオーソが差してくるなんて想像も
してなかった。
あと、馬体重を見た時点でハズレを確信しました。オーロマイスター+18kgってなんだよww

今週は中山記念と阪急杯。中山記念は何と言ってもヴィクトワールピサがどのような競馬を
するのかという1点に注目が集まります。そして、今年は高松宮記念が阪神競馬場で行われるので、
同じ競馬場で行われる前哨戦である阪急杯も例年以上に注目です。

フェブラリーS予想

今年最初のGⅠ。なのにしょっぱなから難解なメンバーが揃った。しかも、土曜日に
急に時計が出なくなったと聞いて馬場を見ながら予想しようと思ったが、過去のこの時期の
時計の出方を見ると実はそうでもないので土曜日に予想していた通りに書く。
そうなると、ある程度前で競馬出来る馬にしかチャンスはない。

かつ、血統的にはシンボリクリスエスなどのロベルト系、デピュティミニスター系
あとはサンデー系はほとんど入っているというのを加味すると

◎オーロマイスター
・・・うん、去年と同じwww
だけど、それだけこのレースに適性があると思ってます。前2走はあまり気にしなくていいと
思ってます。本命にした決め手は、南部杯。これが実は東京マイルと形がそっくりで実際に
このレースを制して翌年のフェブラリーSに出てきた馬は複勝率100%!さらに血統的にも、
エスポワールシチーと同じゴールドアリュール×ロベルトという血統構成なのも心強い。
去年はエスポワールとのワンツーを期待していただけに今年こそは・・・と思っていたら
今度はエスポワールがいない・・・今年はこの馬に頑張ってもらいましょうwww


相手には○バーディバーディ
去年のユニコーンSを勝ちコース適性もある。しかも、母方にミスプロ系でも相性のいい
シーキングザゴールドと大舞台に強いリボーが入っている。リボーといえばしつこいが
ナカヤマフェスタ、タップダンスシチーなど大舞台で穴をあける。バーディは穴ではないが
十分通用する。

あとは、レベルの高かった根岸Sを素直に評価して▲ダノンカモン☆セイクリムズン
着順と評価を逆転させたのは、東京マイルでの実績、調教量を加味してのものですがここは
さほど評価は変わらないと思います。

あとは△としてダイショウジェットの1発、血統はドンピシャのマチカネニホンバレ、
半信半疑だがトランセンド、展開が向きそうなシルクメビウスの追い込み。

前日3番人気だったフリオーソは現在2番人気。このメンバーならと出走してきたのだろうが、
それでも到底無理と思っている。なぜならこの馬、個人的には晩年のヴァーミリアンにそっくり
と思っているからだ。ヴァーミリアンは全盛期は同期のカネヒキリが休養している時こそ
中央GⅠは勝てていたが、カネヒキリが復帰してからは休養前同様どこで走ってもカネヒキリに完敗、
しかも年食う毎に地方の超前傾ラップに慣れてしまい、終始淀みなく流れる中央のGⅠでは全く
通用しなかったからだ。フリオーソはまさにその典型。前走なんて勝って当たり前。
評価の対象にもならない。だからここは自身の消し!

ちなみに、ここでも回収率(架空)をやりたいと思います。
オーロマイスター、バーディバーディ、ダノンカモン、セイクリムズン、ダイショウジェット

京都記念回顧&結果

もう1つの重賞、京都記念。こちらは順当に決着したと言っていいと思います。
トゥザグローリーは、一旦閉じ込められて追い出すタイミングが遅くなって、さらに外に持ち出す
ロスがありながら完勝と言える内容だった。ルーラーシップと言いこの馬といい、GⅠは
勝ってないもののそれに匹敵する力を持つ4歳馬が次々に出てきます。こういう強い馬が
ポンポン出てくるのを見てると04年生まれの最強牝馬世代を思い出します。
あの時はまさかクィーンスプマンテまでGⅠを勝つとは思いませんでしたがww

メイショウベルーガはなんやかんや言っても京都は強い。エリザベスも日本馬最先着だったし。
ただ、これからは他の競馬場でも走るかどうか。スイープトウショウも加齢につれて京都でしか
走らなくなってたし・・・

ヒルノダムールはちょっと底が見えてしまった感じです。トゥザグローリーを閉じ込めておいて、
早めに進出しておきながら外に持ち出すロスまであったトゥザグローリーに簡単に差されてしまい、
気が抜けたのかメイショウベルーガにもあっさり差されてしまった。単純に気が抜けたのか、
それとも使える脚が本当に短いのか。皐月賞を見てると内回りが合いそうだし、大阪杯なんかに
出てきてそれでもダメだったら本当にダメかもしれません。

両菊花賞馬は、どちらも掲示板にも乗れず。ビッグウィークは休み明け立ったし、まだまだ
上昇は見込めるが、問題はオウケンブルースリ。殿から行きながら、上がり3Fがメンバー中5位
だとさすがに無理。得意の京都で復活と思っていただけにちょっと残念です。
逆にこれらに先着したロードオブザリング(これも4歳馬)が、楽しみです。まだこれからも
少しの間は人気しないでしょうし、中京記念なんかに出てきたら面白そう。

ダノンシャンティはやはり2200mは長い。と言ってるのに、次走はまさかの大阪杯。
しかも、自慢の末脚が生かせない阪神の内回りなので今回もダメでしょうね。
しかし、同じダノンのバラードもシャンティもヘイロー(サンデーの父)の3×3という
強烈な瞬発力が生まれる血統なのに、シャンティはあれだけ切れてバラードは全く
切れないんだろう?だから、血統は面白いしもっと調べたくなるもんだけど。

今週は今年初のGⅠフェブラリーSです。今年は、言われていることですが過去数年に比べて
メンバーが少し寂しいです。というか実績馬が少なすぎます。恐らく1番人気であろう
トランセンドも、エスポワールシチーやヴァーミリアン、カネヒキリのようにGⅠを
連勝してきて絶対的に信頼が置けるわけでも正直ない。もちろん抑えるつもりですが、
それに付け入る隙はいくらでもあると思うのでそれを見つけたいと思います。

さて、回収率(架空)ですが京都記念は馬連、3連単両方的中してまさかのガミwww
もう1つの共同通信杯は、自分の想像以上に3連単がついたので回収率上昇!
現在199%です。京都記念がガミでなければ200%いってたのにwww

共同通信杯回顧

ちょっと長くなりそうなので2つに分けます。

まずは共同通信杯から。

やはり戦前の予想通りドスロー。誰も行かないと見るや馬に任せてディープサウンドが
逃げたのには少し驚いた。が、その後はどれが逃げても同じだったと思うけど誰も
突かずにペースも一向に上がらない。外が全く伸びない馬場だけに内枠・先行馬の
決着。
それを、これしかないと言う戦法で勝ったナカヤマナイト。外は全く伸びてなかっただけに、
後方待機から直線は何の迷いもなく最内強襲。2着馬が最内を空けて走っていたのも幸いして
一気に突き抜けた。前走の内容も、ベルシャザールにハナ差負けてますが斤量も1k差
ありましたし、中山で外を回ったのを考えると内容はこっちのほうがずっと上だっただけに
順当勝ちと言っても過言ではないと思います。

ユニバーサルバンクは、展開、馬場が向いたとはいえ自分の競馬ができれば掲示板は堅いと
思っていただけに6番人気でしたけど、当然の結果だと思っています。ただ、あそこまで
行ったなら勝ってほしかった。この賞金だと皐月賞は若干厳しいかもしれませんが、
出ればまず崩れない走りをするだろう。

ディープサウンドは前回ビリからの巻き返しは見事だったが、あれだけ楽に逃げさせてもらって
あの結果では物足りない気がします。もう少し力を付けないと、これから戦い抜いて
行くには厳しい。

自分としてはやはりと言う感じでしたが、ダノンバラードは4コーナーからすでに怪しく
直線でも全く延びずに9着惨敗。4着ベルシャザールもそうでしたが、外があんまり伸びて
なかったのを見るとこの結果は仕方ないのかなぁと思いますが、バラードは負けすぎです。
1つ気になる点がありますが、それはダノンシャンティのときに触れます。バラードの敗因
としてもう1つ考えられるのは反動です。6着サトノオーにも言えることですが、
ディープインパクトの産駒の自分が思う特徴は

・勝つときは強いけど、そのときの反動が次走に出やすく人気を集めて惨敗する。
・新馬、未勝利はどうしてもスローペースが多いのは仕方ないが、そこで勝ち上がってクラス
上がりの早いペースに戸惑い(?)というか追走に脚を使いすぎて直線で伸びない。

と言う傾向が多く見られるような気がします。全く関係ないマルセリーナ、トーセンラー
などもいますがディープ産駒は期待されてるだけにマイナスの面がどうしても目立ってしまいます。

今週の重賞予想 共同通信杯&京都記念

予想の前に昨日の競馬について軽く触れさせてください。
まずは、みなさんのつぶやきで知ったんですがなんと小倉開催が雪で途中で中止に。
自分の地元も、雪やらみぞれやらあられやらなんでも降ってたんでまさかとは思ってましたが
やはり中止しましたね。14日にやり直すみたいです。

もう1つは昨日の重賞クイーンC。ワンツーは順当。特にホエールキャプチャはかなり強かった。
独走とは行かなかったものの、最後はフラフラ走りながら完勝。再び女王を脅せる存在になれた。
2着マイネイサベルも、これくらい走って当然。血統詳しい方なら、父テレグノシスで食いついたん
じゃないでしょうか。言っても、NHKマイルの覇者ですからこれでイサベル5番人気は美味しすぎる。

一方、勝って再び女王に挑戦状を叩きつけるはずだったダンスファンタジアは掲示板にも乗れないとは
思わなかった。どうやらまた掛かったらしいです。これじゃあ、本番もまた心配です。


土曜日の事はこれくらいにして、今日の重賞予想です。

まずは京都記念。
すごいメンバーが揃いましたが・・・

オウケンブルースリ メイショウベルーガ ヒルノダムール トゥザグローリー プロヴィナージュ
ダノンシャンティは2200mでもまだまだ長い気がしますし、ビッグウィークも今回の相手に
58kは正直きつい気がします。

次に共同通信杯。
これも3歳のこの時期にしてはいいメンバーが揃いオッズは混戦模様。
ベルシャザール ナカヤマナイト ユニバーサルバンク サトノオー ディープサウンド

ダノンバラードはどう考えても危ない。まず、ラジオNIKKEIの勝ち方もこのレースに
向かない。さらに、倒した相手ののちの戦いを見ても、コティリオンとウインバリアシオン
を筆頭にみんなボロボロ。オープンでも勝負になってない。ならば、そのラジオNIKKEIで
不利を受けて、まだ底を見せてないユニバーサルバンクの方が可能性はあると見ました。

2/5.6の結果

110206_1718~010001
小倉大賞典は大はずれ、きさらぎ賞もリキサンマックスを高評価していたまではよかったが、
勝ったトーセンラーを完全消しで外れ。で流れは最悪でしたが、本命スマイルジャックが
頑張ってくれて、人気薄のキングストリートが2着に突っ込みそこそこ付いた3連複Getです!

きさらぎ賞もはっきり言って相手がかなり難しかったから、何も考えずにリキサンマックスの
複勝に突っ込んどけばよかった

さて、回収率ですがリアル馬券は序盤2つのGⅢが散々でしたが最後の砦の東京新聞杯を
何とか的中させれたのでちょいダウンで済み、現在169%です。

一方の架空回収率ですが、初めて、しかもそこそこ大きい3連単が的中したことにより
一気に上昇して182%です。

でも、よく考えたら今回は馬券を買う機会があったんだからブログのBOX通りに
馬券を買っていたらたった7000円で10万越えの回収ができたのに・・・
なんだろうな。相変わらず馬券買うの下手だなwww


今週は共同通信杯&京都記念です。
どちらもいいメンバーが揃いました。特に10年ぶりに日曜日に施行される京都記念は、
逃げ・先行馬にプロヴィナージュ、セラフィックロンプ、シャドウゲイト、ビッグウィーク、
差し・追い込み馬にダノンシャンティ、メイショウベルーガ、オウケンブルースリ、
ヒルノダムール、トゥザグローリーと全体の登録数は少ないもののプチGⅠと言っても
いいくらいのすごいメンバーです。できればこっちを賭けたかったです。

今週の重賞予想 東京新聞杯&きさらぎ賞

昨日は小倉大賞典を見終わった後に、モノレールで小倉駅へ戻ってみると何やら人だかりが。
その人たちが見ている案内板を見てみると・・・

JR鹿児島本線が停電のため一時的に運転見わせ、あるいは
大幅な遅れ


・・・(´・ω`・)エッ?
俺帰れないじゃんwww
しかも、これ親に内緒で来てるのにwww
とりあえず、博多まで戻らないとどうしようもないので高いですけど新幹線で博多へ。
新幹線ってこんなに早かったんだ・・・と思ってる間に博多へ戻りましたが今度は、

特急以外しばらく運行見合わせ

(;・∀・)ハッ?

またしても足止めwwwローカル線を使えば帰れないこともなかったのですが、これ以上
お金を使いたくなかったので、しばらく博多をぶらぶらして無事に家に帰りつきました。

昨日の小倉大賞典ですが、バトルバニヤン、ナリタクリスタル、サンライズマックスの
3頭軸の3連複で、リルダヴァルも抑えてたのにサンライズ違いでハズレww

前走大敗組から間違いなく上昇が見込めるのはこの2頭だけだったのに、そこそこの評価
しかできなかった自分に猛省。あれで、馬連万馬券、ワイドも4200円、3連単に至っては
17万も付いてるのだからかなりおいしいのに・・・
ナリタクリスタルはどうも小倉が合ってないように見えます。小倉記念の時も実はその前の
博多Sも4コーナーでちょっと付いていけずに下がってしまってます。これを知っておきながら
人気なのに対抗にしちゃうんだから、いつまでも馬券が当たるわけがない。

自分を馬鹿にするのもこれぐらいにして今週の重賞予想。まずはきさらぎ賞。
4頭に人気が集中していますが、ここは順当に・・・
オルフェーヴル、ウインバリアシオン、メイショウナルト、リキサンマックス、コティリオン。
トーセンラーがかなり怪しいです。3歳戦では、こういうあまり実績がないのにやたら人気だけ
先行してレースでは案外というのをいくらでも見てきた気がします。トーセンラーは
それに当てはまりそうなので、過剰人気もしてますし消しでいいと思います。


次に東京新聞杯ですがこれが難しい。何が難しいって人気馬の取捨。
ゴールスキーは調整は順調に言ってるから多分問題はないでしょうが、転厩初戦がどうか。
それ以上に難しいのがダノンヨーヨー。情報によれば、牧場で元気すぎて手がつけられない
から出しただけとか!?実際、安田記念への賞金は十分に足りてるので本気度を見極め
なくてはならない。とは言っても、実力は一枚抜けてるわけだから外すわけにもいかず・・・

スマイルジャック、カウアイレーン、キングストリート、ゴールスキー、ダノンヨーヨー

フラガラッハ、シルポートは前走あんなレースが評価されてるみたいなので喜んで
バッサリ切らせてもらいます。

起きたら小倉大賞典。寝落ちは5頭BOX

今日の小倉大賞典ですが、何が来るか分からない難しいメンバー構成。しかも、ハンデ差
最大5kgだからそこまで能力に差があるわけでもないから展開、適性の差一つで着差も
ガラッと変わってくる。

馬場状態は、本来あるはずのない冬の中京の代替開催を挟んでるから馬場は完全に回復し切れて
おらず、差し有利と思われる。また、過去の小倉、中京の1800m、2000mで特に
実績のある馬を重要視したい。

そうなると、自然と本命は本命◎サンライズマックス
前走は5カ月ぶりにも関わらず、着差はつけられましたが4着に健闘。しかも、その時の
ワンツーの次走を見れば相手が悪かったとしか言いようがなかった。2年前の覇者だから
適性に関しては何も言うことはないし、休み明けを叩いて前進必至。

対抗○はナリタクリスタルでいいだろうし、この2頭軸から相手は、
当日の馬場にもよるかもしれませんが、オートドラゴン、マヤノライジン、サンライズベガ、
バトルバニヤン、リルダヴァルまで。

5頭BOXサンライズマックス、ベガ、ナリタクリスタル、マヤノライジン、リルダヴァル。

風邪と共に過ごした1週間

熱が引かないとか、咳が止まらないとか言って更新を怠っていたらもう週末です。
未だに咳が止まりませんが、そろそろ更新しないとまた止まりそうなので・・・

今更回顧を書いてもしょうがないので、上位馬と人気馬について軽く触れる程度にします。

まずは根岸S。

勝ったセイクリムズンはいよいよ本格化した印象。ラスト1ハロンのタイムは下がっているのに
そこでダノンカモンを突き放したところが強い。本番でももちろん通用する。
トランセンド1強かと思ってたがそれに待ったをかける馬が出てきてまずは一安心。

ダノンカモンは、ピークか若干落ちてきてセイクリムズンに完敗だから本番に向けて上積みは
あまり無いかもしれない。

ダイショウジェットは、忘れたころにいつも人気薄で走られるが今回も
走られてしまった。常に警戒してなきゃいけないのは分かってますが、3,4回に1回しか
走らないから取捨が難しい。しかも太くても走るから余計困るwww

ケイアイガーベラはやはり左回りが合わないのか今回も惨敗してしまった。だけど、
今回みたいな乾いた力のいる馬場が単に苦手と言う可能性もある。道悪で走らせて見たい。

そして、惨敗したサクセスブロッケンの引退が発表されました。やはり本調子には、ほど
遠かったしあれだけ調子悪いのを1回叩いて本番で大変身とまではいかないでしょう。
お疲れ様でした。


次に京都牝馬S。
アグネスワルツは若干出負けしたとはいえなぜ逃げないのだろう。確かに一気に差し有利の
馬場になったことは確かだが、逃げないとこの馬の持ち味はほとんど出ない。それとも
ただ単に行き脚がつかないから逃げれないのか。それとももっと距離があったほうがいいのか??

今回は直線でまっすぐ走り、且つなんの不利も無かったショウリュウムーンが完勝。
やはりアパパネを倒した力は本物だった。直線のあの狭いところをこじ開けて出てきた
浜中騎手の好騎乗も光っていた。あれを外に出していたら差されていたかもしれない。
ヴィクトリアマイルでvsアパパネに再度期待です。

ヒカルアマランサスは内容は去年と遜色ないし、勝ち馬とも互角の内容で通った場所が
そのまま着差に出た感じです。これなら、ブエナが恐らく出ないヴィクトリアマイルで
今年こそはタイトルを取れるかもしれない。

アプリコットフィズは予想通り外回りが合ってないが、ブロードストリートを見逃して
しまった。ベストパフォーマンスは秋華賞と分かっておきながらこれだから、余計に
反省しなければならない。

・・・で、回収率はなぜか上昇して43.6%です。
もう明後日ですが、東京新聞杯ときさらぎ賞。先週までなら東京が前残り&全部スロー、
京都は差し一辺倒。さて今週はどうか。土曜日の競馬を見てから判断します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。