スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念回顧

勝ったキンシャサノキセキも、好位からロスのない競馬をして連覇達成。2着サンカルロも、
若干不利があったものの、最後は馬群を縫ってきた、3着アーバニティも、前走はフロックでは
ない事を証明し、4着ビービーガルダンも、最近のスランプから脱しかけるような
復調の兆しを見せみんな自分も競馬ができた馬は力を出し切っている。

しかし、このレースが真の短距離王決定戦かと言うととてもそうとは思えない。
スタート直後から前がゴチャつき、まずはスプリングソングが若干進路をカットされるような形で
どんどん後退していくのが分かる。

その後も、ウエスタンビーナスが故障してしまいその影響を何頭か受けている

そして、決定的だったのは第3コーナー。ダッシャーゴーゴーが内に入ろうと急に斜行をした。
しかし、その直後にはジョーカプチーノがいて斜行の影響をモロに受けている。
この時点でジョーカプチーノはもちろん、加害馬ダッシャーゴーゴーも競馬としては終わり。
しかも、ダッシャーゴーゴーの川田騎手はこれで2回目。積極性を前面に出す騎乗は全く
悪くないがこれはさすがにいただけない。

そして、それ以上に心配なのがこれからの短距離路線。8歳であるが実質7歳半のキンシャサが
引退してしまってアーバニティ、ビービーガルダンももう7歳。さすがに上積みがほとんどない
メンバーに対して食い下がったのは2着の5歳馬サンカルロだけ。あとはちょっと
内容が悪すぎる。このままだと、また秋のスプリンターズSで外国馬に簡単に勝たれてしまう。
中長距離の強さは、ヴィクトワールピサ、トランセンドが証明してくれたから
あとはここを強くしなければならない。
スポンサーサイト

阪神芝1800m3重賞回顧

回顧というか予想結果がほとんどです。
順番にまずはスプリングS。
最終的に1番人気に推されたオルフェーヴルが直線でヨレながらも一瞬で前を交わして
ようやく初重賞。同じ血を持つ兄と同じでいい末脚を持っていますが、兄は内回りが抜群に強い
のに対しこちらはどちらかというと直線の長いコースで持ち味をいかせてるように見えます。
距離もまだまだ持つ血統だし、本番でサダムパテックと恐らく一騎打ちになるだろうが
全くひけをとらない。好勝負になるだろう。

2着ベルシャザールは、ホープフルSが強かったから内回りの方が走ると思って消してしまったが
ライムキャンディの弟という事を考えると抑え評価は必要だった。3着に好評価のステラロッサ
が突っ込んできたので余計悔やまれる。しかし、やはり切れる脚はない。本番でも前で
粘り込むような競馬になると思う。
心配なのは本命にしたリフトザウイングス。直線で若干つまずいたようにも見えたが、
それを考えても何にもせずに終わってしまってる。ここから次巻き返せるのだろうか。

H_m_convert_20110330122233.jpg
印ではステラロッサは△でしたが、◎リフトザウイングスと同じハーツクライ産駒ということで
現地で急所▲評価にして大正解。○―▲のワイドをゲットです。

次にフラワーC。
こっちは桜花賞はレーヴで決まりという意味で、次につながる事はまずないと思いますので
さらっといきます。
連闘が不安でしたが◎ハブルバブルが2着に粘りましたが、芝未経験のトレンドハンターを
完全に無視していたので当然ハズレ。
そのトレンドハンターも例年なら新星として扱われるだろうが、今年はさすがに無理でしょう。
・・・て事を書いてる途中に速報が入ってきて、なんとそのレーヴィディソールが骨折して
しまったとの事。兄、姉がみんな体質が弱かっただけにこの馬も心配されましたが、
遂にこの時が来てしまったか
という気持ちです。よほどの事がないと負けないと思っていただけに残念でなりません。
全治などはまだ発表されてませんが、春2冠は絶望的。とにかく早く治して、ターフに
戻ってきてほしいです。そして、治療中に死ぬという最悪の出来事だけはあってほしくないです。

最後に毎日杯。
こちらはレッドデイヴィスが重賞連勝で、セン馬でクラシックに出れない鬱憤を裏路線で晴らし
まくってますwwそれにしても強いです。先行して危なげなく抜け出し、しかも最後は気を抜いて
あの着差ですからまだまだ全然底が見えない。この勝利でトーセンレーヴの皐月賞出走は
なくなった。次は京都新聞杯でどの馬のダービー出走権獲りをするだろうか。
とはいっても、これぐらい力のある馬に負けるようだと本番に出走する権利はない
と言ってもあながち嘘ではないと思います。

r_m_convert_20110330122316.jpg
どっちか3着にこける可能性もあると思い。念のためマルチにしてよかったです。
トーセンレーヴがこけたので、思ったより配当が付きました。

キタ――(゚∀゚)――!!

ついにやりました!!日本のグランプリホース、ヴィクトワールピサがこれまで幾多の
名馬がことごとく跳ね返されてきたドバイWCの壁をついに破りました。
そして、2着にも逃げ粘ったダート王者トランセンドでなんと日本馬のワンツー!!
凱旋門賞と並んで世界1を決めるこの舞台で、とんでもない快挙を成し遂げました。

レース内容も素晴らしかった。果敢にハナに行ったトランセンドが絶妙にペースを落とした。
これを見て、デムーロ騎手は最後方から道中で一気にまくってトランセンドのすぐ後ろに。
直線に入って、ヴィクトワールが先頭に立ち突き放しにかかるかと思われたがトランセンドも
さすがに自分のペースで逃げてたから、そう簡単には下がらない。むしろ、ヴィクトワールと
差が詰まりそうにもなっていた。ブエナビスタは行き場をなくし万事休す。そのまま、先頭の2頭
が後続を振り切りゴール板を駆け抜けた。
この、最後方からのおおまくりはデムーロだからできた好騎乗。有馬記念といい、あんな騎乗は
日本人はとてもできない。これが、近年増えているスローペース症候群の原因かもしれない。
逆に、あれで捕まってたらどうなっていたか。しかし、勝つにはあれしかなかったのもまた事実。
ブエナが詰まってるの見ると余計に思います。

この勝利は、地震で被災された方々にも大きな力になると思います。

さて、もはや空気になりそうな高松宮記念ですが、
◎スプリングソングから、レッドスパーダ、キンシャサ、ダッシャーゴーゴー、サンカルロ、
ジョーカプチーノの人気どころに流します。

おやすみなさい

小倉なう

ってなわけで馬券買います。

スプリングS…リベルタス
フラワーC…サトノフローラ
毎日杯…カグニザント、カルドブレッサ
それぞれ追加です

阪神芝1800m重賞予想

タイトルはめんどくさいので括りましたw

あっさり決まったのはスプリングS。◎リフトザウイングス、○オルフェーヴル、
▲ダブルオーセブン△サトノオー、ステラロッサ

このコース変更によって1番恩恵を受ける馬を本命にしようと思ったときに、何の迷いもなく◎○
の2頭がまず頭に浮かびました。どちらも関西馬なので、本来ある輸送が消えたこと、
オルフェーヴルは中山で好走経験がありますが、どちらも直線の長い競馬の方が内容が
明らかにいいことが理由です。
印はどちらでもあまり変わらないのですが、人気がない方からと思いこっちにしました。
以前書いたんですけど、朝日杯で好走するような馬は将来はクラシックに直結するような
コースではなかなか好走しないので、グランプリボスは消します。
内回りの方が適性ありそうなので・・・

なかなか決まらないのがフラワーC。
◎ハブルバブル、○アフロディーテ、▲マイネイサベル、△マリアビスティー、シナル
前走は内回りで走らなくて当然のハブルバブルが◎です。牝系にバブルガムフェローが
出るような血統なので、今回の方が連闘ですがパフォーマンスが向上すると思います。
面白そうなサトノフォワードでしたが、父ネオに母がスリープレスナイトの半姉だと
さすがに重すぎます。

全く決まらないのが毎日杯。上位と下位のさが大きすぎて相手が全く決まりませんwww
◎トーセンレーヴ、○レッドデイヴィス、▲コティリオン、△リヴェレンテ、サンビーム
小倉に行ったときには抑えは買いたします。さすがに不安でなりませんww

さて、今5時です。多分起きれないでしょうww

先週の重賞さらっと回顧

まずは阪神大賞典。主役トーセンジョーダンが取り消して、一気に混戦ムードになりましたが
このチャンスをナムラクレセントが豪快にモノにして待望の初重賞。今年も確固たる主役が
いそうにない春の天皇賞になりそうなので、この馬が主役を務めるかもしれません。
オウケンブルースリは思っていた通りの結果になってしましましたが、いくらなんでも
負けすぎです。本番までにできが戻るか心配です。

次に中京記念。
こちらは、晴れ前提の予想だったのに昼過ぎから雨が降ってきてブロードストリートがダメ。
さらに、道悪の鬼シャドウゲイトも晴れ予想だったので消し。似たような理由で
ナリタクリスタルも消し。今回は本当に仕方ないとしか言いようがありません。


最後にフィリーズレビュー。逃げ馬が揃ってて、ある程度ペースは流れるだろうと思っていたら
流れすぎて前半3Fは稍重なのに過去5年より早い。前が結構残るこのレースですが、さすがに
先行馬総崩れ。道中の通過順が11,8,12,16,14の決着。◎フォーエバーマークが先行勢で
唯一頑張りましたが、それ以外はみんな惨敗。ただ、1つ言えることはこんなレース桜花賞に
つながるわけありませんww
これで、桜花賞は決まりましたね。唯一牙城を崩す可能性が残されていたドナウブルーが
消えたので、間違いなくレーヴディソールで決まりでしょう。単勝1.3倍付くかなぁ?
しかし、桜花賞で単勝1点台を付けてまず負けないと思われていたウオッカもこのレースで
負けてますので、絶対ではなくほぼ確実にと言っておきましょう。まぁ、この中に
ダイワスカーレット級がいるかって言われるとちょっと考えにくいのですけどw

krispy kreme doughnuts

今日もぶらぶらーっと新設博多シティへ。その中に、九州初上陸でかなり話題になってる
クリスピークリームドーナツ。平日でも、最低20分待ち。休日となると1時間は超えると思われる
ぐらい毎日並んでます。せっかく来たし、出来るだけ早く食べてみたかったので・・・


15分待って買いました。これ以上待つのが面倒くさかったので、すでに用意してあるBOXを
購入しました。並んでるときに、店員さんに1個試食でもらったのですが結構きついです。
家に帰って家族で食べましたが、案の定みんな2個で満足。余りましたw頻繁には買おうと
は思わないですけど、また食べてはみたいです。

そのほかにも・・・
110324_0144~010001
ゲーセンでこんなの獲りました。2つで200円です。右のパンみたいなリラックマから、
いいにおいがします。左の奴は、もちろんケータイにつけたいと思います。

110114_182739s.jpg
別にこんな感じで、USBと創世合体するために獲ったんじゃありませんw

今日の結果&フィリーズレビュー予想

あ、一応大学卒業しました。イェ━━━━━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━━━━━━イ!!
卒業アルバムというものをもらいました。普通、アルバムというものは思い出が
写ってるものですが、自分ではありませんが1人ちょっと規制がかかりそうな黒歴史
写真が紛れ込んでましたwwこれもいい思い出です。


小倉の中京記念は、晴れ前提でブロードストリート本命、ナリタクリスタル消しでしたが
結構雨が降ってきて稍重まで馬場が悪くなってしまい。時計勝負が苦手なナリタクリスタルに
展開が向いた。2着シャドウゲイトも、これまた道悪巧者。無印→無印→なので当然ハズレ。

もう1つの阪神大賞典は、実力馬ナムラクレセントが遂に重賞初制覇。ライバル、スマートギア
よりも早く重賞タイトルを手にした。と同時に、一気に天皇賞の最有力候補に。毎年京都の
長距離で崩れず走ってるので、今年も上位順当でしょう。


さて、明日のフィリーズレビューですが傾向と展望は以前書いたのでカットでw
↓参照でお願いします
日曜日の重賞の傾向&軽く予想(展望?)
予想だけ書きまーす。
◎フォーエバーマーク○アイアムアクトレス▲フレンチカクタス△スピードリッパー、
エーシンハーバー
エア馬券はこれ。

さらに買いに行った時はツルマルワンピース、マイネショコラーデ、ニシノステディー追加します
ドナウブルーは展開向きそうですが消します。

阪神大賞典予想

次は阪神大章典です。
こっちはトーセンジョーダンで堅いだろうと思ってましたが、まさかの出走取り消し。
管理する池江調教師も、このレースのジョーダンの賞金の自分への賞金は全部寄付に充てると
言っていたので、そういう意味でも非常に残念です。

そのジョーダンの取り消しにより、一気に混戦ムードになって一応の1番人気はコスモメドウ。
3000m以上のレースを連勝してるので人気になるのも仕方ない気がするが何か分からない
ですけどなんか引っかかります。でも、勢いがあるので抑えはします。

◎ナムラクレセント、○トウカイトリック、▲モンテクリスエス、△コスモメドウ、ゲシュタルト
単純にスタミナが求められるレースなのでクレセント、トリックは絶対買わないといけないと
思います。後は、スタミナなら負けてないモンテクリスエス、スタミナがどのくらいあるのか
いまだに分からないゲシュタルトも一応押さえます。

オウケンブルースリは、直線の短いコースでは未勝利以来掲示板にも載ってないし前回、得意な
京都であそこまで負けるのも何かあるはずです。今回も見送って、条件が好転する天皇賞は
重い印を打ちたいと思ってます。

中京記念予想

今日は卒業式です・・・そんなことはどうでもいいですwww

週末に競馬が戻ってきました!被災されてる方たちから見ればこんな時に競馬なんて
と思われると思いますが、常日頃から競馬の売り上げの一部は国庫に納付され
政策などに使われています。
(政策には確かに無駄が多すぎますが、今はそれは置いといて・・・)
さらに、今月末まで『東北関東大震災被災地支援競馬』として売上の一部がそのまま被災者
に何らかの形で届けられ、それに加え、騎手、調教師、馬主さんも騎乗数、出走数に応じて
義援金を出すなど競走馬1頭完走するだけで寄付が出来て、それが1日12レースを
2つの競馬場で、それもほとんどのレースで10頭以上競馬をするとなると1週間で
相当な金額になります。
さらに、周りに目を向けてみると競馬予想を仕事にされてる予想家、新聞社などは
競馬がない=仕事がないということになってしまします。そうなるとこの方たちの生活が
できなくなってしまいます。こういうのを考えると、競馬好きを抜きにしてもやはり競馬を
開催すべきだと思います。

どこかのセリーグの、ナベ○○のわがままと一緒にしないでほしい

それでは予想です。
まずは中京記念から。本来ならば、この翌日に中山牝馬Sが行われる予定でしたが中山開催が
3月いっぱい中止になり中山牝馬も中止になり、距離、コース形態が似ているこっちに
何頭か流れ込むような形になり牝馬が6頭(1頭は元から参戦予定)も参戦する珍しい、けど
いいメンバーが揃いました。

◎ブロードストリート、○サンライズマックス、▲セラフックロンプ、△バトルバニヤン
穴ダイワジャンヌ

前走は適性が合わないから負けて当然のブロードストリート。個人的には、坂のある中山より
平坦の小倉の方が勝率がグッと上がると思っているのでこっちに来て正解だと思います。

サンライズマックスは前走は騎手がすべて。あんなところじゃあ、とても前に届くわけがない。
今回は、鞍上強化で多分馬券圏内は堅い。
後は、全く同じ舞台で◎を競り落としたセラフィックロンプ、季節に関係なく小倉は
抜群に走るバトルバニヤンを好評価して、ここ2走牡馬と差のない競馬をしている
ダイワジャンヌが抑え。

ナリタクリスタルは、小倉巧者と言われてますが小倉重賞で2度人気を裏切ってて前走もよく
分からない敗因。いつかは見切りをつけないと、いつまでも追いかけてしましそうな馬ですが
今回豊騎手に乗り替わってかまさかの1番人気。ここで切るしかないと思い消しました。

ラフォルジュルネは、前走の乗り方はちょっと問題になりましたが3連勝は強い。しかし、
相手強化、初重賞で54kgはかなり見込まれすぎ。しかも、2週連続で小倉に輸送は
牡馬以上に響く。しかも、小倉の重賞はある程度ペースが流れるのに3連勝のは前半1000mが
全部1分以上のスロー。ペースについていけない可能性が高い。

後は、開催中止で逆に調教がよくなってるオウケンサクラ、単騎で逃げれば怖いトゥニーポート等
今回はかなり牝馬が面白そうですが、予想では5頭までと決めてるので扱いは消しです。
もし、馬券を買いに行けたらこれらも抑えます。


前置きと、中京記念の予想で想像以上に長くなったので阪神大章典は新しい記事に書きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。