スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞回顧

戦前は結構大混戦と言われていた皐月賞だったが、終わってみれば
オルフェーヴルの圧勝。左回りが云々と言われ続けてたが、それを
あざ笑うかのように直線はまっすぐ突き抜けた。
道中もインコースにうまく入れて直線までじっと待機して、直線もハナから
外には出さず馬群の間をこじ開けるように一気に突き抜けてきた
とにかく強いの一言。混戦から1強へと変わった。
兄が有馬記念を制しているから、距離は全く問題ない。人気もかなり
被るだろうけど、逆らう理由は何一つ見当たりません。

仕掛けが少し遅れたとはいえ、3馬身差の完敗を喫したサダムパテック。
ダービーでの再戦になるが、母父エリシオとはいえオルフェーヴルより
スタミナがあるとは思えない。巻き返しは厳しいように思えます。

共同通信杯の惨敗を見て、今回も厳しいだろうと思っていたダノンバラードが
低評価に反発して3着に粘りこんだ。しかし、今回は内枠を最大限に生かした
豊騎手の好騎乗があってこその結果。ダービーは、この1か月で急激にでも
変わらない限り掲示板も厳しいような気がします。


わずかながらに期待したカフナでしたが、やはり力負けの印象。
本来なら、あそこからズルズル下がらずにもっと粘りこめたはず。
それとも、ただ単純に内回りでかなりいい競馬をしたら外回りはダメ
という単純な考えでよかったのか。多分力負けだと思いますが。

今週は天皇賞(春)。人気は、恐らく日経賞の3着までが集めるだろうが正直言って
3頭とも3200mを走るスタミナはとてもあるようには思えない血統。
しかし、去年暮れからテイエムオペラオーと同じような成績を残している
トゥザグローリーの成長力にはさすがに逆らえないので、切るとしたら残りの2頭の
いずれかかどちらか。

そして、本命ですがかなり悩んでいます。普段の自分なら間違いなく穴人気馬を
選択するでしょうが、最近その本命の成績があまりにもひどいので人気馬を本命に
することも考えています。
スポンサーサイト

皐月賞予想

中山から東京に替わっての皐月賞。ヤエノムテキが勝った時の皐月賞の時、自分は
まだ産まれてもないwそんな昔のデータを持ち出してもしょうがない。
当然、中山最終週の例年の皐月賞のデータも使えるわけもない。ならば、もう馬場状態、
距離適性を読むまで。

まず馬場状態。やはり開幕週。しかも、そこに雨も加わり外は滑り、内は芝が長い分
滑らず走れる。結果、圧倒的に内を走れる馬が有利だった。実際に逃げ・先行・内枠天国
だった。唯一後方から突っ込んできたのは、フローラSの勝ち馬バウンシーチューンだけ。
しかし、15番人気2着のマイネソルシエールは最内の先行馬だった。
今日は、恐らく晴れて馬場が乾くだろうけどそこは府中の開幕週。今日と同じく
決め打っていい。

次に距離適性。府中の2000mは基本的に、2000mより短い距離をベストとしている
馬がよく来ます。今回は開幕週。これもこのままでいいと思います。
そして、それを判断する基準は自分は血統しか分かんないのでそれで行きます。
あとは、ペースも外枠ですけどプレイが恐らく行くでしょうからスローになり
これも前残りに拍車をかけるでしょう。

本命は思い切って◎カフナ
正直、この人気ですので不安の方が大きいですが先行馬、ギリギリ真ん中より内の枠
という条件をクリアして血統もどちらかと言えばマイル向きの血統と、今年の皐月賞に
向いている。
さらに血統も、牝系からはベッラレイアが出ていて前走阪神内回りで好走していますが
むしろ東京の方がプラスに出そう。
あとは、長所であり、短所であるのが騎手。他の騎手が無警戒になるのが長所、
大舞台の経験が少ないのが短所。

対抗は無難に(?)ベルシャザール
これも、カフナと同じ父キングカメハメハ。母ライムキャンディも東京得意だった。
共同通信杯は、確かに4着に負けましたが内しか全く伸びないあのレースで大外枠を
引いて直線もずっと外走ってあの着差なら、むしろ良く頑張った方だと思います。
枠が若干外なのが唯一のマイナス材料です。

3番手▲はステラロッサ。
父ハーツクライもいいと思っていて、枠順決まった時は◎まで考えましたが前走みたいに
後方一気の競馬になったら間違いなく前が詰まると思い評価を下げました。
ただ、川田騎手なのでそこまでは下げないと思います。

あとは△、枠は最高だけど出遅れが心配なサダムパテック、これも東京に替わってプラスに
働くであろうダノンミル、今回も内枠に入り再度最内強襲もあり得るナカヤマナイト、
内枠の先行馬で、短中距離を得意とするアグネスタキオン産駒ノーザンリバー、
内に刺さる危険性がいまだに残るが能力は高いオルフェーヴルまで。

マイラーズC回顧

小牧騎手のペース配分は完ぺきだったが、見ている側としては実につまらない
レースだった。

つまらないレースの最大の要因は番手の馬の人気と思います。
クレバートウショウ・・・14番人気、ガルボ・・・10番人気、
ダノンヨーヨー・・・1番人気、コスモセンサー・・・17番人気、
ショウワモダン・・・12番人気、ダンツホウテイ・・・16番人気

これを見れば誰だってダノンヨーヨー以外は全部垂れてくると思うでしょう。
そして、後続の馬も自然とダノンヨーヨーを目標に仕掛けるでしょう。
ところが、2番手のクレバートウショウは自分の競馬に徹していたため
なかなか下がって来なくて、ダノンヨーヨー以下の有力どころも仕掛けが
遅れてしまう。この時点でシルポートの勝ち。完全にみんな小牧騎手の
術中に嵌った。

さらにすごかったのは、道中でしれっとペースを上げて後続を突き放していること。
多分、京王杯SCではこけて本番も人気落とすだろうと考えると本番でも
大逃走劇が決まるかもしれない。

ダノンヨーヨー、はスタートしてすぐに出して好意付けをしてこれで大丈夫かなと
思っていましたが今回はこれで正解だった。しかし、本来は後方から直線一気でこそ
力を発揮する馬。大分調子も上がってきているし、次は巻き返す。

アパパネは、正直もう少し着順が悪いかなぁと思っていたのですがさすがは3冠牝馬。
地力が違います。本番に向けた前哨戦としては上々でしょう。他世代との力差が
まだよく把握できてませんが、恥じない競馬はするでしょう。


それ以下の着順の馬に関してはもう言う言葉が出てこない。強いて言うなら
油断騎乗!それだけw

マイラーズC予想

最近予想はしても、ブログの記事を書き忘れそうになるときがちょくちょくあるので
気を付けます.

今週は重賞はマイラーズC一鞍のみ。ですが、結構いいメンバーが揃いました。

ライブコンサート ゴールスキー ダノンヨーヨー  リーチザクラウン スマイルジャック
内枠を引いたのでライブコンサート◎です。内がまだまだいい馬場ですし、先行
できるので不利もあまり受けない。なのに、実績だけ見られてこの人気なら
ここから行った方がいい気がします。

あとは、ここを勝たないと安田記念出れないので恐らく目一のゴールスキー、
再度期待できるダノンヨーヨー、昨年の覇者で、騎手の急激な衰えが気になるけど
阪神マイルは得意なリーチザクラウン、マイルは安定して走るスマイルジャック。

アパパネはさすがに買えないですね。ヴィクトリアマイルに向けてのガス抜き戦が
見え見えだし、ある程度上がりが掛かった方がこの馬には向いてるので着順は
ともかく、あまり惨敗だけはしないでほしいとおもうだけです。

桜花賞回顧

最近急に時間がなくなったので、サクッといきます。
単騎で逃げたフォーエバーマークが直線半ばで粘り、あわやというシーンを演出したが
最後は後方でじっくり構えていた人気馬3頭による順当な決着。戦前から抜けていると
言っていた2頭のワンツーで決まった。

マルセリーナは、道中はスタートがイマイチと言うこともあり後方から直線も決め打ちしたような
競馬だったが前が空いた瞬間一気に伸びてきたのは父譲りの瞬発力。伊達に2戦目で後の
牡馬重賞ホース2頭と差のない競馬してきただけある。そして、牝馬にはまだ負けてない
これだけ強いと、同厩のレーヴとどちらが強かったのか余計に気になる。
オークスも間違いなく首位争い。間違いなくスローだからあまり長距離の血はいらない。
多分瞬発力勝負になるだろうからこの馬の出番だろう。

ディープインパクトは繁殖牝馬の質の割には期待外れなんて言われてきたが、初年度から
いきなりクラシックホースを出し結果は出した。しかし、逆にこれだけいい牝馬が集まれば
当然と言っても不思議じゃない。恐らく牝馬の質が下がるであろう2年目からが試金石。

2,3着ホエールキャプチャ、トレンドハンターはマルセリーナと差のない競馬をしている。
完全に枠があだとなった。だから、実力だけならオークスでもまだ分からなかったが
ホエールはちょっとオークスは長い、ならば延びてよしのトレンドハンターは・・・と
言いたかったがまさかの骨折。フローラSにもよるが、マルセリーナの1強になりそうです。

次のGⅠは皐月賞。東京2000mに変更されたことで、例年の前哨戦の傾向は
全くもって無意味。例年なら怖い若葉S組も今年はどうだろうか?
素直にサダムパテックでいい気がするが、穴はスプリング敗退組になりそうです。

桜花賞予想

誰もがレーヴディソールの相手探しと思っていた桜花賞。そのレーヴディソールがまさかの
骨折により一気に大混戦・・・になるかと思われたが、案外そうでもない。
確かに、どの馬にも勝つ可能性は生まれたが、実績的にはホエールキャプチャ、マルセリーナが
抜けている。案外混戦でもない気がする。

この2頭、さすがにこのメンバーなら評価せざるを得ないが大本命が消えた時点でどうも
荒れそうな気がします。と言う訳で穴馬を本命にします。

◎ハブルバブル
ローテーションがきついのを承知です。ただ、ここまで人気がないのなら飛びつくしかありません。
まさか10番人気まで下がるとは思わなかったです。ただ、血統は素晴らしいです。
父ディープインパクトはまだ種牡馬初年度ですが、どう考えてもクラシック血統。
つまりは、外回りに強く内回りに弱い。実際に、この馬も内回り1400mで単勝1.5倍で
4着に飛んで、連闘の外回り1800mで2着。さらにバブルと聞くとピンとくるかもしれませんが、
牝系からはバブルガムフェロー、ザッツザプレンティが出てる。今回も中1週と若干きついですが、
こなしてくれると思います。

○、▲は先ほども言いましたがマルセリーナホエールキャプチャ
まとめて書きましたが、結構差があります。ホエールは実績を尊重してという部分も多いの
ですが、マルセリーナはさっきも上げた父ディープ、それとエルフィンSから直行じゃなくても
エルフィンSを経験している馬は毎年馬券に絡んでる。近い年からエーシンリターンズ、
レッドディザイア、レジネッタ、ウオッカ。特にレジネッタ以外の3頭はみんな勝ってる。
さらに負けた相手も、3歳で間違いなく5本指に入るレッドデイヴィス、オルフェーヴルのみ。
まだ牝馬に負けてないのも大きな強み。

後は意外に人気してしまったが、血統はこちらも素晴らしいデルマドゥルガー、初芝を
なんなくこなせたトレンドハンターまで。

ダンスファンタジアはやはり買えないです。父ファルブラヴも良くないし、フェアリーSも
あれだけハイペースになればどんな馬でも折り合う。今回、あそこまでハイペースには
絶対ならないし、母ダンスインザムードだけでこれだけ人気ならバッサリ切らせてもらう。
ちなみに母が旧コースで勝ってるものマイナス材料。
安定して走ってるライステラスも、前走がただぐるっと回ってきただけのレーヴに
4馬身付けられたのはちょっと決定的な差だと思う。さすがにあの差の中に、
今回の出走馬何頭も入ってくるだろうしレーヴがあの時本気出してたら差は
いくらでも広がっただろうと考えると厳しいです。

4重賞まとめて回顧

順番にまずは日経賞から。
トゥザグローリーが前走の京都記念に続いて重賞連勝。しかも2馬身半という
決定的な差をつけて。
少頭数だからスタートをミスしたら致命的になるが、今回はペルーサも含めて
みんな5分に出た。
4コーナーを回った時点で枠順によるコース取りの差はあるものの、ローズキングダムは
すでに追っつけてたのに対し、トゥザグローリーはまだ持ったまま。グローリーに
ゴーサインが出ると、あっという間に差が広がる。勝ち馬は決まった。あとは2着争い。
一杯になり気味のローズをペルーサが交わして2着。ローズは3着まで。

これで、一応天皇賞のTRは終了。人気もトゥザグローリー、ナムラクレセントが
恐らく2強を形成するでしょうが、日経賞で久々であれだけ走った4着マイネルキッツが
実は1番怖いです。


次は中山牝馬S。こちらはレディアルバローザの一瞬で抜け出す脚と、フミノイマージンの
豪快な末脚が目立っただけで上位人気も総崩れとVマイルを展望するにあたって
かなり難しい結果になってしまった。
それにしても、レディの抜け出す時もですが、進路を探す時も脚が有り余ってるから
目立つ目立つw最初見てるときは斜行したかと思ったほどに。
ヒカルアマランサスは転厩が不安と書きましたが、それが嫌な方向にドンピシャで
嵌ってしまってまさかのー22k。ここからどう立て直していくか。
レディアルバローザを▲にしましたが、これはとても的中できませんwww

3つめは大阪杯。強いといわれてる4歳世代で善戦マンになりつつあったヒルノダムール
がハナ差でレコードタイムがついての初重賞制覇。藤田騎手のコメントにもありましたが、
例年ならば重賞を1つか2つ取っててもおかしくない馬。しかし、今まで戦ってきた相手は
世界一になったりと今までがちょっと相手が悪すぎた。脚があまり長く続かないから、
直線の長いコースは少し不利だけど今回の様な内回りなら、まだまだやれるはず。

今回こそ8番人気にとどまっていたダークシャドウだが、3歳時にセントライト記念で
0.3秒差の5着と善戦していたから元々素質はあった。今回は格上挑戦と、上位人気
馬との実績が開きすぎていたから仕方ないかもしれないが実力を証明したと同時に、
この世代にはまだまだ強い馬がいると認識させられた

ダノンシャンティは思った通りの直線だけの競馬。しかし、あの短い直線で一瞬ヒヤッと
するぐらい伸びてきたのには驚いた。だからこそ、あの末脚は間違いなく東京で活きるし
距離も今回OKだったから、安田記念と天皇賞ぐらいはアッサリ持っていくかもしれない。

ドリームジャーニーは、スタートでヨレた馬の煽りを受けてリズムが崩れたせいも
あるだろうが、馬体重が示す通り今回は少し太かったように見える。これだけ馬体重に
敏感な馬も珍しい。しかし、これだけでは衰えかどうかは判断材料としては乏し過ぎる。
次回、もう一度様子をみる必要がある。

最後にダービー卿CTですが・・・これはちょっとあまりこれからのレースにも参考に
ならないのではないでしょうか。逃げた馬が33秒9で上がるような超スローのペースなら
差し馬なんて32秒台の脚を坂のあるコースで使うなんてとても無理な話。
この組で脚を余した組を次回狙いとだけ書いておきます

今週の重賞予想その2 大阪杯&ダービー卿CT

回顧はまとめて書くので、今日の結果だけ。
まずは日経賞。普通にトゥザグローリーの頭でよかったです。2,3着もペルーサとローズで
普通によかった。久しぶりに重賞で3連単で3ケタ出ましたねww
その一方で、その後の中山牝馬S。勝ったのは同じ祐一騎手でもこっちの3連単は日経賞の
2000倍以上付いて244万馬券。まぁ、書きたいことは明日書きます。

予想に移ります。大阪杯は長くなりそうなのでまずはダービー卿から。こっちはさらっと・・・
と思いましたがこっちはパスwwちょっとこのメンバーだと予想難しすぎるwwwはっきり言って
メンバーOP級だし、申し訳ないけど予想する気になれない。ショウワモダンだって、最近は
2ケタかブービーでもはやGⅠ馬の風格もないのに一応GⅠ馬だから59k。話にならないのは
見えてる。

てなわけで、大阪杯に移ります。こちらは久々に予定通りに施行される重賞であり、久々の
内回り重賞。例年と変わらないのに、新鮮な感じがしますw

◎ヒルノダムール、○ドリームジャーニー、▲キャプテントゥーレ、△エイシンフラッシュ、
                                         ダイワファルコン
やはり内回りにめっぽう強いこの2頭は重い印を打たざるを得ません。本当なら実績断然の
ドリームジャーニーに◎を打つべきなんですが、どこまで衰えてるのか分からないのと、
ヒルノダムールのコース替わりによるパフォーマンスの上昇に期待してこうしました。
▲は展開有利、かつ内回り2000mはベストのキャプテントゥーレ、△はリディルを含んだ3頭
で悩んだんですが、内回りの経験がほとんどなくて外回りであそこまで切れるリディルよりは
中山、阪神内回りで好走経験のある上記2頭の方が可能性があると見ました。

ダノンシャンティは京都記念の回顧の時に書いたように消しです。あの切れ味はどう考えても
この舞台で生きるわけがない。しかも、NHKマイルCであれだけのパフォーマンスを見たら
2000mもどう考えても長い。それに加えて、GⅠ勝ってるから59k。はっきり言ってマイナス
要素しか見つからない。掲示板すら怪しいのに、勝って英国遠征とか訳のわからない
事を言ってないでさっさと安田記念に矛先を向けた方がいいと思いますけどねぇ・・・

今週の重賞予想 その1 日経賞 中山牝馬S

今週も4重賞です。やはり全部阪神。1つぐらい小倉に来てくれませんかねぇw
最近、直線の長い重賞ばかりで若干飽き気味な自分。こう、なくなってから初めて
中山競馬場のトリッキーコースの面白さが分かるもんですw

前置きはこれぐらいにして、今週の予想ですが馬券を買いに行くわけでありませんのでまだ
日曜の重賞は決めてません。なので、2日に分けたいと思います。

まずは、日経賞。人気は3強&穴3頭&超大穴4頭という構成になりそう。
常に穴を狙ってる自分ですが、さすがに今回ばかりは3強&穴の6頭から狙います。
◎ペルーサ、○ビッグウィーク、▲トゥザグローリー、△マイネルキッツ、ローズキングダム
勝つ可能性で考えると、1度使ってるトゥザグローリーが1番高いでしょうけど、個人的には
ペルーサの復活に期待してみました。ローズキングダムは、前走がちょっと情けなさすぎたので
消そうかなと思いましたが、さすがに同舞台の神戸新聞杯を勝ってるので一応押さえです。

次は、中山牝馬Sです。こちらは、だいぶん前に展望を書きましたがこれは中山でする時の話。
阪神外回りとなると、展望で有力視した馬は逆に消すことになります。はっきり言って求められる
ものは真逆と言っても嘘ではないので。
◎ヒカルアマランサス、○カウアイレーン、▲レディアルバロ-ザ、△ブロードストリート、
                                          クーデグレイス
人気ですがヒカルアマランサスで仕方ないでしょう。転厩初戦って言うのだけが唯一の不安
材料ですが・・・
アプリコットフィズは、外回りでは順当に消しと言ってるので今回も消しです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。