スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり…

こうゆう時に限ってかなり本線で予想的中…

ケータイからの呟きみたいなものなので詳細はまた後日更新します
スポンサーサイト

宝塚記念予想

ついにきました春を締めくくる宝塚記念・・・なのですが、
自分は今日1日所要のため馬券を買いに行く時間がないです。それがわかっていたので
本当は昨日買いに行く予定だったのですが、予定が狂いまくって隙を見て買いに行く時間が
なかったので久々の観戦です。正直、これに参加できないとかスプリンターズSまで
モチベーション保てそうにないですw多分小倉記念に行くと思いますが・・・

さて、それましたが本題です。予想はきっちりしますよ。
最強4歳世代のトップがほぼ集まったといっても過言ではない今年の宝塚記念。
対するは最強の座に君臨するブエナビスタ、復権狙うドリームジャーニー、アーネストリー
など今年もいいメンバーがそろいました。
懸念されていた雨もほとんど降らずに行われそうです。しかし、過去の傾向にも書きましたが
このレースはまるで瞬発力が要らないレースです。長くいい脚を平均的に使える馬が
毎年勝っています。なので、本来はクラシックでこないような馬を狙うのが当然なのですが・・・

◎エイシンフラッシュ
ダービーであの鬼脚を見せられたらとても買えない馬です。しかし、この馬近年ほとんど見なくなった
万能馬だと自分は思ってます。実際同じ中山でも、ペースが違う京成杯と皐月賞ともに好走してますし
大阪杯でも59背負って僅差の3着。天皇賞も2着とどこでも崩れないのが最大の魅力です。
大阪杯よりもかなり内枠に入り条件もいいです。唯一の心配は乗り替わりですが、
怪我によるものなのでさほど心配してません。2強にあれだけ人気が集中するなら3番人気でも
ここからで十分だと思います。

対抗は○アーネストリー
これも安定して長く足を使えてしかもほとんど崩れない、先行できる。これを◎でもよかったのですが、
前走の内容と順調度、疲れを考慮しての対抗です。

3番手は▲トゥザグローリー
前走の天皇賞は完全に度外視。ペースがあんなに遅いのにテン乗りが制御できるわけないです。
恐らく適距離であると思われるこの距離で復活あると思います。あと、京都記念を勝った馬との
相性も結構よくて過去5年でブエナビスタ、アドマイヤムーンと2頭連に絡んでいます。
母譲りの先行して粘る競馬をすれば、頭まであると思います。

後は△です。内枠から・・・
やはり天皇賞3着が軽視されていますが、パワーで粘ることができるナムラクレセント、
怖い4歳世代から3着ならあるかもハートビートソング、頭ではほぼ買わず、けど絶対はずせない
ブエナビスタ、完全復活するならここ、ドリームジャーニーまで。

2強の1角、ルーラーシップは買いません!金鯱賞が評価されてますが、あれは大飛びの
この馬だからできることで本番には何もつながりません。しかも、その反動が調教でモロに出て
ます。2週続けて終いだけというのはいかがなものかと思います。そして、こういうバリバリの
クラシック血統はあんまりきません。もし来るなら金鯱賞みたいな競馬しないと無理です。
もし来たら諦めます。ただ、ブエナと並んでの1番人気になるぐらいなら消す価値あると思います。


↓はもし買ってたときの買い目です・・・
続きを読む »

裏切ってくれるから競馬は面白い

マーメイドSは当たる気もしなかったので予想もしませんでしたww

結果的には後方一気のフミノイマージンが勝ち、中団から最内を突いた
ブロードストリートが2着、フミノイマージンの後ろをついていったアースシンボル、
イタリアンレッドが3,4着と後方に位置する馬たちが上位を占める結果となった。

しかしこのマーメイドS。例年は開幕週ということもあり、とにかく行ききってしまえば
残ってしまうことが多々あった。しかも、斤量が重い馬たちはここに標準を合わせてる
馬が圧倒的に少ないのもあり例年軽量馬がガンガン穴を開け55k以上はハンデ戦に
なってから1度も連に絡めていなかった。それを象徴するかのように1番人気はアスカトップレディ。
みんな例年の傾向に従った結果がこれだった。

しかし、いざ蓋を開けてみれば今年に限って先行馬は総崩れ、後方から追い込んだ
馬が上位を占めて、しかも1,2着が55k,56kという過去連に絡んだことのない斤量の
ワンツーとなり、データで予想している人からすれば超大波乱(オッズ云々じゃなくて)の結果になった。
考えられる要因とすれば、例年開幕週で施行されるこのレースが震災により3週目に
行われたこと、例年前残りになっているけどそのときは逃げ馬はほぼ単騎で突っつく馬も
ほとんどおらず前が楽に行けていましたが、今回はみんなそれを狙ってか先頭は
ずっと複数頭が並ぶような形でずっと進んでいたので、ペースはスローでも馬たちにとっては
相当きつかったように思える。それが今回のような結果につながったと思います。
回顧みたいなのはここら辺で切って・・・


今週の宝塚記念をまったりのーんびり考えてるのですが、ちょっと順当に収まるという
考え以外が全く見えないです。穴を開けるのなら休み明け・・・と思ったのですが、
ちょっと無理っぽいですwその辺は次に書きます。
あ、あと4週目ということも少しは頭に入れて置かないと・・・それとも雨で全部流れるか?w

2010年宝塚記念

最強馬ブエナビスタが、体調が悪いとされながらも出走してきたこの年の宝塚記念。
昨年の覇者ドリームジャーニーも休み明けで体調が万全でないことなどから自然と
ブエナビスタが1番人気に推される形となった。これまでの圧倒的な実績を考えると
当然ではあるが、この馬、過去に直線の短いコースで行われた札幌記念、秋華賞、有馬記念と
内容は強いものの全て僅差の2着に負けていた。馬券圏内から外れることはまずないだろうと
思っていたけど、勝ちきる可能性を考えると正直どうかという思いはありました。

ほかの人気馬も、アーネストリーはGⅠ初挑戦でこのメンバーで馬券圏内はあっても
勝つことはかなり厳しいと思っていたし、ジャガーメイルも直線の長いコースでこその馬だけ
に内回りの阪神で力を発揮できるかは微妙だと思っていました。ならば、上位人気にこれだけ
不安材料があるならば人気薄のまだを見せていなくて内回り巧者の底を見せていない馬を
選ぼうと考えた結果、ナカヤマフェスタに至りました。

父ステイゴールドの件は、09年の方に書いたので省略してこの馬を本命にした決め手は好走した
レースの内容がいかにも宝塚記念にリンクしそうだったからです。皐月賞を休み明けで
見せ場を作ったり、ダービーもどう考えても1番強い競馬をしていたのですが、
決め手になったのはセントライト記念。
中段からコーナーでゆっくりポジションを上げて直線で差し切る。瞬発力はほとんどないが、
逆に宝塚記念にはこういう走り方をしている馬が向いているというのは分かっていたから
よっぽどのことがない限り、この馬と決めていました。セントライト後の2戦で惨敗、
オープンで勝つという人気が上がらない典型的なパターンだったので、逆にとてもおいしいと
思いました。実際にレースでもセントライト記念でやったのとほぼ同じ競馬。
1つ予想と違っていたのはブエナを差し切ったこと。てっきりブエナの追撃を
凌ぐ展開と思っていたのでw

馬券的にはブエナを頭なしの△、アーネストリーも人気を考えて消してしまったので複勝、馬連
だけの的中でしたが、馬連が50倍以上ついたのでプラスでした。

2009年宝塚記念

この年はオッズはディープスカイの1強。直前に父であるアグネスタキオンが
急死してしまったのもあり、その子でもあるスカイに頑張ってほしいという思いから
単勝は1.5倍を付けた。
しかし、正直な話この馬が勝ちきるというシーンはほとんど頭になかった。ダービーも
直線を一杯に使って差し切っていたし、JCもスクリーンヒーローをとらえられなかったし、
安田記念に至ってはウオッカに惨敗と言っても大げさではない2着。確かに世代では
抜けていたかもしれないがほかの世代と比べるとレベルが低いのではと思い始めたころだった。
だから、自分にとっては1.5倍はおいしいと思っていた。
では、本命はというと自信の本命だったドリームジャーニー。明らかに得意ではない舞台の
天皇賞の結果次第では、評価を下げようかと思っていたのですが結果は3着。
あれだけ頑張ってくれたのならもうここでは頭最有力と思っていました。
この時はまだ折り合いに不安があったけれど、天皇賞からの1000mの距離短縮
だったから当然ペースが速くなる。しかも、天皇賞でも折り合いは付いていたので
宝塚でも折り合いを欠くことはまずないだろうと思っていたのも強調材料でした。
内回り適性と言う意味でも、前年の小倉記念や朝日CC、有馬記念4着を見てるともしかしてとは少し思っていました。
ディープスカイと秋天以来の再戦となった大阪杯でも条件有利だったとはいえまくり気味に一気に上がってスカイを封じ込めた
あの脚は本番でも通用すると思っていたし、大阪杯と同じでディープスカイを見ながら
競馬できるだろうと思っていたので展開的にも楽だろうと思っての本命でした。

対抗にサクラメガワンダーを推せた理由は、金鯱賞が楽勝だったこと、阪神が得意だったこと
などもありますが、個人的に注目していたデータ
『2年連続で出走してきた馬は去年負けていたらほぼ着順を上げる』というデータ。
前年、福永騎手が自分で乗りへぐったという騎乗で僅差の4着だったから正攻法で
2着に上げたのも個人的には納得だった。

ちなみに、『2年連続で出走してきた馬は去年負けていたらほぼ着順を上げる』←のデータ、
2年目で着順を上げた馬も3年連続出走するとなぜかほぼ馬券圏外まで着順を下げる。だけど、
唯一3年連続3着以内に好走したのが
ステイゴールドだった。これも、実はドリームジャーニーを本命にした理由でもある。

ディープスカイは一瞬でトップスピードに乗れるような馬ではないと思っていなかったので
△の頭なしの評価でした実際にレースでも、加速しきったときはドリームジャーニーには
かなり離されていた。そこから追い上げるも、ジャーニーはもちろん先に抜け出した
サクラメガワンダーも捉えられなかった。

この年はこれ以上ないのではないとかと思うぐらいに完璧な予想だった宝塚記念。この予想で変な自身を
つけてしまったのは言うまでもないですww

1週間遅れの安田記念回顧

3歳馬リアルインパクトが3歳馬だからという理由で人気薄になっていたけど、
それをあざ笑うかのような快勝劇だった。スタートの速さはジョーカプチーノが早いけど、
そのあとの二の足の速さはリアルインパクトが断トツで早いのが見てわかる。
この速さのおかげで、外側の枠なのに楽に3番手をとれている。この時点でこの馬の勝ちは
約束されていたのかもしれない。ペースも向いた。シルポートがいつものスローで逃げていたら
間違いなくストロングリターンにキレ負けしていた。しかしそこはGⅠ、みんな楽には
逃げさせてくれず予想通りの平均以上の
ペース。この馬、将来は短距離が約束されている血統だからこのペースは楽に追走できていた。
直線を向いても、追い出しを待つ余裕もあった。常に位置取りを求められる舞台で戦っている
戸崎騎手もいつも通りの騎乗も勝因の大きな一因だと思う。

前走で初重賞のストロングリターンが、勢いそのままに2着に突っ込み同厩舎ワンツーを
演出した。1番枠なので変に外には出せないから直線までじっと待ち、空いたところから
抜けてくるというお手本のような競馬。石橋騎手は反省していたが、オーナーの言う通り
あれ以上うまくはなかなか乗れない。超スムーズにレースを進められたリアルインパクトとは
その差かもしれない。

去年の3着馬スマイルジャックは去年は内を衝いての3着だったが、今年は外を回しての3着。
直線で少し詰まったなどのスムーズにレースが運べなかったのもあるだろうけど、現時点で
持ってる力は全て出したように見えた。けど、今回が最大のチャンスだったのも事実だった。

アパパネはやはり見えない疲れがあったのかもしれない。追ってからまったく反応していなかった。
調教をあんまりできなかったせいか、+8kは数字以上にこたえてたように見える。

勿体なかったのはクレバートウショウ。今回もスムーズに追えてなかった。マイラーズCは
完全にフロックだと思っていたが、ここ2戦を見るとどうもそうではないらしい。
いずれは重賞はとれるだろう。

個人的には古馬牡馬が圧倒的に弱いとか言ってる時点で、リアルインパクトは高評価
しなくちゃいけない存在だったのに最後の最後に切ってしまうほどの評価でした。しかも、
時計的な面でもアパパネが1分31秒9から1キロ増える、対するリアルインパクトは
前が詰まっての1分32秒5から3キロもらうと考えると大体1キロで
0.2秒と言われるのでアパパネが1分32秒1、リアルインパクトが1分31秒9。
どちらも結構なハイペースだったので単純な時計面では逆転してしまっていたのです。
それをレース後になんとなく新聞を見て気付くという・・・いつも情報やオッズはネットで
見るのでほとんど時計は見てませんでした。
あと、古馬牡馬は弱いといいましたがストロングリターンはGⅠ初挑戦の新興勢力。
単純に古馬牡馬で括ってしまったこと、前走がメイチだろうと思いこんであっさり
消してしまいました。スマイル本命だった
だけにかなり悔やまれます。

最近重賞すら予想する暇がほとんどないので次はGⅠ再来週の宝塚記念です。
去年はここでも書きましたがナカヤマフェスタ本命に、そして一昨年は◎○で決着する(マジです)
などとにかく自分にとっては相性が最高のレース。
なんとしても当てたいので、重賞の予想はパスして過去2年的中させた経緯などを書きながら
3年連続的中できるようにきっちり予想したいです。

安田記念予想

アパパネが1番人気が表していること、それは古馬の牡馬が圧倒的に弱いということ。
去年のワンツーはいったいどこへ行った。それ以外も、この路線は人気馬が負ける、連勝も
全くというほどしている馬がいないというレース毎に人気がコロコロ変わる。アパパネが
1番人気になるのも当然ですし、仕方ないと思うし実際アパパネもそうは崩れないでしょう。

あと、この安田記念、例年なぜかペースが緩まず意外と上がりがかかることが多いので
例えシルポートが逃げて、コスモセンサーが番手に付けてもジョーカプチーノなど速い馬が
いるのでスローには今年もならないでしょう。それを考えても、アパパネはかなり信用できます。

ですが、本命は◎スマイルジャック
昨年の3着馬というのもありますが、この馬マイルから中距離までさまざまな距離で走ってますが
マイルだけに限ると、そんなに崩れていない。唯一崩れた去年の東京新聞杯も、超スローで
前が止まらないし上がり勝負という全く向かない流れだから仕方ないし、こんな流れにならないから
心配ない。前走も全くの参考外と考えると、唯一この距離で安定して走ってます。去年同様
内枠引きましたし、昨年同様の内強襲があるかもしれません。


対抗はもちろん○アパパネ
もう言うまでもないマイルでの絶対的強さは評価せざるを得ません。しかも、上がりのかかる
レースになりやすいこの条件にも向いているし、実際前走のヴィクトリアマイルもハイペースから
堂々とブエナを封じ込めたんだからかなり価値はある。やはり気がかりなのは、ピーク落ちが
間違いないこと。ただ、この相手。軽くひねりつぶすシーンも十分考えられる。

この2頭は結構上位に来る可能性は高いと思っていますが、はっきり言って後がかなり難しい。
なので大穴を1頭、あとは全部抑えに。
その大穴は☆サムザップ
日本への適性は、父シンコウキングという時点でもう言うまでもないです。香港であんまり結果
が出ていない馬が突然日本で走る馬は過去にいくらでも見てきた。血統的にも日本で化けそう
な血統です。騎手も06年にブリッシュラックで勝利したプレブル騎手が乗ってきたのも
大きなプラス。テン乗りの騎手ならかなり不安ですが、この騎手は安田記念の勝ち方を
知っているので現在14番人気ですが間違いなく人気以上に走ると思います。というか、
明日間違いなく人気上がる。

あとは抑え。ペースに関係なく末脚を使えるダノンヨーヨー、珍しくハイペースになったマイルCSを
勝ったエーシンフォワード、久々の外枠でもしかしたら一変あるかもの、去年の1番人気
リーチザクラウン、速い流れは絶対向くジョーカプチーノ、多分ないと思いますがマイペースで
逃げたときのシルポートが最後の抑え。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。