スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞(秋)予想

毎年ながらすごいメンバーが揃う天皇賞(秋)。その分予想が難しくて予想のし甲斐が
あるので楽しみなレースでもあります。

やはり中心(馬券の軸ではなく物差しという意味)はブエナビスタになるわけですけど、
どうもそのブエナビスタの調子がおかしい。どう考えてもいつものブエナビスタの調子では
ないことは誰が見ても分かる事。いつものブエナの調教は単走メインなのに最終まで
併せてそれでも動かない(遅れはどうでもいい)。これははっきり言って非常事態。
もちろん去年が能力的にもピークなので今年は落ちるのも当たり前だけど、調子も
落ちてるとなると最悪掲示板も外す可能性も十分に考えられる。消しという暴挙には
できなかったが△まで。

本命は◎エイシンフラッシュ
自身が好走する可能性が高い、さらに天皇賞でも例年好走馬がよく出る内枠、そして
休み明けながら抜群に動く調教、そしてダービーで最高のパフォーマンスを見せた東京
とはっきり言って非の打ちどころがない・・・と言ったらウソだが欠点らしい欠点はない。
唯一不安なのはこの馬は間違いなく2400mが合ってる。後述の対抗馬の方が2000m
には適性はある。
その対抗が○ローズキングダム
結構長距離を使われてきているが、結果が今一出てないのも事実。前走は相手弱すぎ。
血統的にもこの距離が間違いなくべスト。しかし、不安なのは一にも二にも鞍上。
やはりルメールとメンディザバルどっちが信用できるかと言ったら、誰だってルメール
と答えるだろう。そこがエイシンフラッシュに◎を打った一番の理由。
もちろんローズキングダムも勝つ可能性は十分にあると思う。

頭はこの2頭に絞る。あとは頭は馬連で来た時ぐらいに拾うレベル。
3番手には思い切って▲ジャガーメイルを指名。前走はもっと惨敗するだろうと思っていた
けれど、前哨戦としては上出来。さすがに長期休養明けの分、最後は脚が上がったが
一瞬の瞬発力はまだまだ衰えてないのにこの人気。妙味十分。
去年の2着馬だと未だに思ってる

後は△

上述のブエナビスタに加え、間違いなく有馬記念をオルフェーヴルと獲りに行ってるが、
カンパニーとかなり血統が似ているトーセンジョーダン、過剰人気しすぎだが、勢い
怖いダークシャドウ、いかにも東京で走りそうな血統のミッキードリーム、
大外は最悪だが去年よりは上昇見込めるアーネストリーまで。
スポンサーサイト

菊花賞予想

いよいよ3冠最後の関門菊花賞。グダグダ御託を並べる前にまずはオルフェーヴル
について書きます。

正直単勝1.4倍はびっくりしました。途中は1.2倍とかある意味すごいオッズになって
ましたが、少し落ち着いてこれ。しかし、はっきり言ってこれだけ信頼のおける馬では
ないと思います。神戸新聞杯は評価に値しないレースなのに、勝ち方がかなり強いからと
変に過剰評価されすぎです。途中から動いて行って勝ったから本番でも問題ないって
言われてますけど、あんなスローペースなんだから動けるだけのスタミナは余ってるし
そんなに道中上がっていってない。3冠を達成する可能性も結構あると思いますが、
さすがに1.4倍では思いきって手を出しにくい。△の1番手まで。


では何が波乱を起こすか・・・意外に血統の見た目だけ良ければくる菊花賞。
本命は◎ダノンマックイン
これも8番人気はビビった。こんな人気するほどの認知度もない馬ですw
去年同じレースを使って13番人気で激走したビートブラックの影響モロに出てます。
去年ビートブラックに複勝ぶち込まなかったことが今でも悔やまれます。
先行して押し切る競馬も菊花賞に合っていますし、近年激走する血である
サンデー、トニービン、ロベルト(リアルシャダイ)を持ち合わせている血統。
リボーが入っていたら最高だったんだけど・・・
あと、もう1つ気になるのが使い過ぎ。10戦以上使っている馬なので、もしかしたら
もう貯金が無くなっている可能性も否めない。
こういう理由で、今まで◎にした馬たちよりは若干自信がないのでワイド、3連複メイン
の馬券を考えてます。

3冠阻止最有力と考えると○トーセンラー
正直、前回のセントライトは絶対適性ないと思っていたので驚いた。あれだけを
見ると、春がいかに順調さを欠いていたかがうかがえる。やはり特筆すべきは
きさらぎ賞。きさらぎ賞を勝った馬というのは、本番結構来ている。
古くはスペシャルウィーク、ナリタトップロードに始まり、ネオユニヴァース
ドリームパスポート、アサクサキングス。自身も、下り坂を使ったロングスパートで
オルフェーヴル以下を完封してるし、血統も逆のミスプロXサンデーは
メイショウサムソンの3冠を阻止したソングオブウインド。
枠も最高。道中内をぴったり追走から最内抜けだしも十分ある。

ここまでで大分長くなったのであとは軽めに。
3番手▲ダノンミルは一番配合としては菊花賞向き。母がフジキセキだから
若干短いと思いましたがフジキセキXトニービンのドリームパスポートが来てる
から問題ないでしょう。評価を下げたのは調教が酷い。以上!w

4番手に☆フェイトフルウォーセントライト記念組はあんまり良くないが、
今年は神戸新聞杯がそれ以上に酷いので自然とこっちからということです。
あと、オルフェーヴル買うならこれも買わないとということだけです。

△に上記のオルフェーヴル、前回がいいたたき台のベルシャザール、
まだまだ上昇望めるフレールジャックまで。

サダムパテックは論外として、ウインバリアシオンはとても買えないですね。
前回も終始オルフェーヴル1頭に照準を合わせながら、抵抗もできずに完敗。
さらに、安藤騎手も『道中結構動いたからその差』と言ってますが菊花賞は
むしろそういうレースをしないと勝てない。つまりこの馬は中途半端に終わる可能性
がかなり高いということ。実際に、ロングスパート力が要求されたきさらぎ賞は
上記2頭に完敗。最後の最後に△打とうかと思いましたがこれで2番人気は
ちょっと買いづらいです。

秋華賞回顧

自分が見た感じでは1番いいスタートを切ったアヴェンチュラが、無理なくスッと3番手に付けて
4コーナーでは後ろを待たずに先頭。そのまま押し切る強い内容だった。まるで
ダイワスカーレットの秋華賞を見ている様な安心して見れるレース運びだった。

このあとはエリザベス女王杯に向かうアヴェンチュラ。姉は鼻血ブーで断念せざるを
得なかったから、なんとか妹に借りを返してもらいたい。しかし、問題が2つあり一つは
去年圧勝したスノーフェアリー、もう一つは自分との戦いです。
兄と姉は、どっちも持って春クラシックまでという超早熟型。秋にはまるで別馬のように
パタッと走らなくなった。アヴェンチュラは春クラシックは骨折で休養してたから、
まだピークは来てないけれどこれからどうなるか注目したい。


キョウワジャンヌはアヴェンチュラが通った後をそのまま付いて行き2着を確保。
アヴェンチュラとの力量差を考えたら、逆転はかなり厳しいだろうから飯田騎手は
最善の結果をもたらしたと言えると思う。血統が短距離だけに、この後どのように
進むかは分からないがしばらくは1800mまでは対応出来そう。

ホエールキャプチャは運がないというか、完全に枠の差が出てしまった。アヴェンチュラと
枠が逆だったら、実力はそう変わらないから結果も逆になっていただろう。

余談だが、好きな方を選んでいいと言われたら、池添騎手はどっちに乗ったんだろう。

紛れの多いこのコースだから、突っ込んでくる可能性もあると思い指名したリヴァーレは
掲示板の5着。人気を考えればよく頑張ってると思います。欲を言えば、道中リトルダーリンの
位置で競馬出来てたらもしかしたら…

マルセリーナ、マイネイサベルは予想通りの消しでよかったが、マルセリーナは出遅れて
大外ぶん回して最後はよく詰めてると思う。この内容なら、次のマイルCSも期待が持てそうだ。
111022_1025~01
馬券は2強のどちらかが飛ぶ、あるいはワンツーの可能性が高いと思い、このような馬券を
買いました。結果的には少しのプラスでしたが、額がどれくらいであれ当たらないとでは
大違いなので結果には一本満足です。
さて、明後日はいよいよ菊花賞です。一昨年は馬連、ワイド、3連複をまとめてとり、
去年は13番人気のビートブラックに渾身の◎(馬券はハズレ…)と相性はかなりいいレース。
月曜日から考えに考え、ある程度予想もできつつあります。流石にオルフェーヴルを軽視する
訳にはいきませんが、印は対抗にも入らない予想を考えてます。

秋華賞予想

ローズSの前は、ホエールにGⅠ2頭、それに北海道のアヴェンチュラを加えた4強
のはずだったが、ローズSが終わってみればクラシックホース2頭が惨敗して
完全に2強ムードに。エリンコートは完全にキレ負けで仕方ないが、マルセリーナ
の負けが全く分からない。本番でも買いにくい・・・

そうなると、自然と印は決まってくる。
◎ホエールキャプチャ
抜けた1番人気ですけどこればかりは仕方ないです。クラシック組、ローズS1人気1着と
いうデータの時点でかなり信用できる。さらに、血統も秋華賞に必要なヴァイスリージェント系
のクロフネ産駒ということもありGⅠ未勝利ながら、最も信頼のおける馬であることは
間違いない。ただ、若干運がないだけに取りこぼしの危険もありえる。

そうなってくると、唯一逆転の可能性があるのは○アヴェンチュラ
個人的に阪神JFで本命にして調教不足で負けて、クイーンSで消して勝たれたりとやたら
振り回されていますが能力は相当なものがあると思います。姉のトールポピーはかなり
不器用でしたが、この馬は札幌を連勝したように器用さも備えている。しかもクイーンSの
勝ち方は、本番の秋華賞で求められる内容に似たような勝ち方をしている。久々でも
信用していいだろう。

頭はこの2頭で固定。あとは抑え程度。(馬券買うなら)
秋華賞自体が緩みなく進むのが例年なのでオークスでそれをやったピュアブリーゼ、
エリンコートは巻き返し必至。これに距離が少し不安だけどキョウワジャンヌ、穴をあける
ならリヴァーレかレッドエレンシア。人気2頭からいくので紐は少し穴目で。

マルセリーナ、マイネイサベルのキレ者はまとめて切るのが当然。どちらも切れ味勝負で
結果を残してきた馬。あのブエナビスタだって1度札幌を経験(直線が短いという意味で)
しておきながらレッドディザイアを差し切れなかった。元々ブエナ級の器でもないし
いきなり小回りはかなりハンデを背負うことになる。マルセリーナに至っては最悪の
大外・・・これだけ不安要素が揃っての3番人気なら、桜花賞馬とはいえ消すしかない。

スプリンターズS回顧

戦前、スプリント路線は1年間まるで勢力図が変わってないと書きましたが終わってみれば
4歳のワンツースリー。いつの間にか世代、勢力交代は終わってしまっていた。

4連勝中だけど、相手が弱かったからさほど人気にもならなかったカレンチャンが5連勝で
一気にGⅠまで上り詰めた。5連勝で一気にGⅠまで獲ったクロフネ産駒といえば
スリープレスナイトがいるが、あの馬は勝つべくして勝った感じだったがカレンチャンは
ロケットマンがいたのもあり正直意外だったが、内容はスリープレスナイトに遜色ない
強い内容だった。完全に世代交代を印象付ける勝利。これからしばらくは、この馬中心に
スプリント界が回っていくだろう。

もう夏のサマーチャンピオンを逆転で獲ったことで、貯金は完全に使い果たしたと思って
いたエーシンヴァーゴウが一旦は先頭に立つ勢いを見せた。最後はやはり貯金の差か、
パドトロワがかなり調子が良かったのかアタマ差差し返されたがこの3着は立派。
来年は間違いなく目標をこっちに定めてくるだろうからそう考えると楽しみな1頭が出てきた。

ロケットマンは坂というより、経験したことのない野芝の高速決着に対応できなかった。
勝負どころでエーシンヴァーゴウに被せられたのもあったが、あの手ごたえだと抜け出せられ
高と思うと正直微妙なところもある。
しかし、わざわざ日本に勝ちに来たのに、後にも書くビービーガルダンの放馬を10分も待たされた
挙句に4着が最高だった香港馬。なんか可哀そうな気がしなくもないです。

過去2度のスプリントGⅠで共に斜行し、今度こその思いで臨んだダッシャーゴーゴーだったが
思ったよりもかなり後ろの位置取りに。直線もやむなく外に出さざるを得ない状況だったが、
ヨレまくっていたグリーンバーディに進路を塞がれ万事休す。
今度は自分が進路妨害される憂き目にあってしまった。
しかし、この後JBCスプリントって・・・なんか今回大暴走したビービーガルダンと同じ道を
たどりそうな予感がしてならない・・・

そのビービーガルダン、調子も上がってきていて年齢的にもこれがラストチャンスと思われて
いたが、あと1頭のゲート入りを待っていたときにテンションが最高潮まで上がってしまい、
ゲートと哲三騎手を振り切って放馬・・・
結局コースを3周も走ってやっと止まる。この間、渾身の仕上げで臨んだ陣営はどんな
思いで見ていたのだろうか・・・

今週・・・といっても明日秋華賞なのですが、どうも土日は雨・・・そして枠順もイタズラが
過ぎたような枠。あまり馬群を捌くのが上手くなさそうなアヴェンチュラが内。そして、
壁が欲しいマルセリーナは大外。何か起きるかも・・・

馬券自慢ですいません・・・

実は月曜日のマイルチャンピオンシップ南部杯。当日に急遽買いに行けるようになり、
せっかくだから買いに行こうと思い買ってみました。

印としては、
◎トランセンド
○ダノンカモン
▲ランフォルセ
△オーロマイスター、シルクフォーチュン、エスポワールシチー、ダイショウジェット
でした。

111011_0309~01

トランセンドがまず勝つだろうと思ってましたが、まさかもあり得る、馬連と馬単がさほどオッズが
変わらないということで、馬連にぶち込みました。結果的には馬単でよかったのですが、
当たったのでいいです。
実際、ゴール前は馬連でよかったと思うぐらいのレースでしたからw
しかし、あそこからよく盛り返すトランセンドはさすが。休み明けという理由だけでは
負けてほしくなかったですから。

3連複、3連単美味しかったですね。前がズブズブになった時に突っ込んでくるかもと
思い買ったシルクフォーチュンが突っ込んできて思ったより付きました。

エスポワールシチーが3連複に入ってませんが、これは塗りミスとかではなく
3着固定でした。3連複の3番目の3頭は、もしかしたら連まであるかもという考えで
買ったものなのでこれでいいんですww

これにトランセンド-ダイショウジェットのスケベワイドも買ってましたが、さすがに
スケベ心が過ぎましたwww

この調子を秋競馬ずっと維持していきたいものですね。

後を絶たない訃報・・・

10月4日火曜日、日本で最初の無敗の3冠馬となったシンボリルドルフがこの世を
去りました。30歳というと人間で100歳になるそうです。大往生でしたね。

自分はシンボリルドルフが走っていたころは、まだ産まれもしていなかったので
レースなどはほとんど見たことはないのですが、戦績だけ見ればこの馬がどれだけ
すごいのかは言うまでもありません。競馬を知らない人でも、無敗で3巻という
『ディープインパクトとこの馬しか達成したことがない記録を持っている』
といえばわかるぐらいの名馬ですから。
この馬は、岡部騎手が弥生賞でもう1頭のお手馬で共に無敗だったビゼンニシキとの
選択を迫られたときに迷いなくこのルドルフを選んだという話はあまりにも有名です。
それだけ岡部騎手が惚れこんでいたし、またそれに応えたルドルフもすごいと思います。

種牡馬としても菊花賞は出れなかったけど皐月賞・ダービーの2冠を達成し、有馬記念を
1年ぶりで制したトウカイテイオー輩出しました。この1年休養明けでGⅠを勝つという記録は
当然今でも破られていませんし、これからも破られないでしょう。

そして、もう1頭。『弾丸シュート』の愛称で親しまれたサッカーボーイも
10月7日この世を去ってしましました。
この馬を見たとき、まず最初にかっこいいと思いましたね。自分は栗毛の馬が
どちらかといえば好きですが、タイキシャトルやこのサッカーボーイはとりわけ
かっこいいと思ったのを今でも覚えてます。

この馬、かなり変わった生涯を送ったことでも有名です。現役時代は、血統に反して
ダービーは距離が長く、マイルCSを圧勝して引退したのですが、種牡馬になると一転、
ナリタトップロード、ヒシミラクルと菊花賞馬を2頭送り出すなどこちらは血統通りに
活躍馬を出すかと思えば、母父として安田記念馬ツルマルボーイを出すなど
幅広い活躍馬を出しました。

どちらも、自分が競馬を知る前に生まれて、引退しましたが日本競馬界に
大きく貢献したことは確かです。ご冥福をお祈りいたします。

スプリンターズS予想

世界でも五本の指に入るといわれているロケットマンが来日。近年まるでレベルも上がらず、
メンバーもさほど変わらないスプリント界とあって、現在単勝オッズ1.7倍。最初見たときは
びっくりしたが、よくよく考えると納得のオッズ。最近は国際レースでの取りこぼしも
少なくなってきたし、よほどのことがない限りまず勝つでしょう。
しかし、そのよほどのことが中山の急坂だったら話は別。もしかしたら直線で一気
に失速するかもしれない。それでも、頭まで普通にあり得る。だが敢えて▲としてみた。

本命は◎サンカルロ
先ほども言いましたが、スプリント界はほとんどレベルが変わっていない。ここ1年ぐらいは、
ずっとキンシャサノキセキを中心に回ってきてその王者が引退。ならば、自然と
スプリントGⅠで3戦連続掲示板を外していないこの馬にそろそろ出番が回ってきても
おかしくない。
しかも中京⇒中山⇒阪神と全部開催場所はバラバラ。なのに堅実に走るのはスプリント能力が
高い以外の何物でもない。今回も堅実に追い込んでくる。

対抗に○ダッシャーゴーゴー
降着はしたものの、ここ1年王者だったキンシャサノキセキに日本馬で唯一先着した馬。なかなか
勝てないが、ロケットマンの力を未知数とすれば恐らく頭最有力はこの馬。
あとは、川田が見えない何かに捉われることなくしっかり追いさえすれば自然と
勝利が見えてくるはず。

結構この3頭の中で大丈夫とみているが軽く押さえるならば・・・
カレンチャン、ビービーガルダン、グリーンバーディー。

近況やらなんやら

ブログの更新が滞ってしまい。大変申し訳ございません。
今日からGⅠが始まるので、それに合わせてブログの更新も最低周1はやっていこうと
思います。

・今年は初めて小倉の夏重賞施行日全てで小倉に参戦したのですが、まぁひどいww
重賞はもちろん、条件戦も本命は来るのに相手が来なかったり馬券次第では当たってた
などの連続で大負けもいいところの超大負け。
おかげで、今日からのGⅠの資金もほとんどカスのようなもの。なんとかして稼がないと・・・

・今週足怪我しました。怪我したというより、どこからかは分かりませんが爪の間から
菌が入りそこが化膿して、薬ではどうしようもない状態。なので・・・

切開!

・・・で膿出しました。痛み止めの注射痛い痛い:::その上に、毎日包帯交換で切ったところに
包帯が入り込んでるからそれを取るのがまた激痛;;;あさってまた包帯交換です・・・
もういやだ。

とりあえずこんな感じでしょうか。続けてスプリンターズSの予想もあげます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。