スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女傑ターフを去る・・・

今日、数多くの記録と私たち競馬ファンに様々な記憶を
刻みつけたウオッカが引退を発表しました。

牝馬として64年ぶりの日本ダービー制覇、
ライバルダイワスカーレットとの様々な死闘。
ディープインパクトたちに並ぶ通産GⅠ7勝。

スランプに陥った時もあったけど、
勝つときはそれが嘘のように豪快に勝つ。

常に私たちに衝撃を与え続けてきたウオッカを
競馬ファンは誰一人として忘れることはないでしょう。

引退後はアイルランドに行ってしまうそうです。
日本で引退セレモニーをせずに行ってしまうのは不思議かつ
残念でなりませんが、どこにいてもこれからの新たな人生を
無事に送ってほしいと願うだけです。

ドバイでの次走での動向が注目されていたレッドディザイアですが、
ブエナビスタの出走するシーマクラシックではなく、
ウオッカの出走予定だったワールドカップに出走するみたいです。
騎手はシーマでブエナビスタに騎乗するフランスのスミヨン騎手に決まりました。

レッドにはウオッカが果たせなかった夢を現実のものにしてほしいです。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。