スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念結果&回顧

完全に馬場状態も展開もプレミアムボックスのような
追い込み馬に向くと思っていたが、終わってみれば
馬場も内側、外側関係なくどこからでも来れる馬場状態で、ペースもそれほど早くならず
ある程度前で競馬をしていた馬しか来れない展開になってしまった。
そして、思った以上に力のいる馬場になっていたのも追い込み馬がトップスピード
に乗りきれなかった原因でもあると思う。

勝ったキンシャサノキセキは、好調とスランプの波が今までは
かなり激しかったが、去年の秋を境に馬体がしっかりしてきて
ここまで3連勝中だった。今日も正攻法の競馬で直線も
いつものように伸び、最後は数センチまで迫られたがその着差
以上にまだまだ余裕があるように見えた。7歳だけに
これからどれだけ短距離路線を引っ張っていけるかわかりませんが、
今年はこの馬を中心に回りそうです。
2着ビービーガルダンは、秋のスプリンターズSに続いて
またしてもハナ差2着。完全に本格化した印象が強い。
得意コースに変わる今年のスプリンターズSは、順調にいけば間違いなく首位争い
の最有力候補だろう。もちろんキンシャサノキセキを逆転する
可能性も十分にあり得る。

もちろん展開と馬場状態の読みが完全に外れた自分の馬券は、
見事に外れ。僅差とかではずすと悔しさが残ってしまいますが、
本命、対抗ともに大惨敗なので悔しさもありません。
これは来ないだろうと思った馬に来られてしまったので、
なおさらあきらめがつきます。そして、しばらく就活に集中できそうです。

次回のGⅠは2週間後の桜花賞。ついに待ちに待ったクラシック開幕です。
有力馬の実力が拮抗しているだけに、高松宮記念みたいに混戦と言われそうですが、
自分はアプリコットフィズが頭一つ抜けていると思います。そして個人的な最大の
注目は、完全に宙に浮いているアプリコットフィズの鞍上です。
アプリコットの前の鞍上がブッキングして、たまたまあいていた豊騎手を
ゲットしたと思ったらこの非常事態。考えられるほとんどの騎手は
桜花賞に出走する馬に騎乗予定なので、あとは・・・
誰でしょう??

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。