スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドレナリンとプレッシャーは骨折の痛みをも忘れさせる

昨日、こんなニュースが入ってきました。
「岩田騎手。4月18日10レースの落馬による骨折が発覚」
どうも24日騎乗中に痛みを感じ、最初はあまり気にならなかったから
そのままレースを続けていたみたいですが、だんだん痛みが強くなり
検査を受けたところ、骨折が発覚したらしいのです。

しかし、皐月賞の前のレースで骨折をしているのに、皐月賞は何もなかったように
乗って勝っちゃうんですから、すごいの一言に尽きます。
やはり人間というものは、大一番を前にすると痛みなどは全く感じなくなるのでしょうか。

でも、やはり気になるのは骨折したままよく1週間何事もなく過ごせたないうことです。
やはり岩田騎手だから騎手は骨折しても、痛み慣れなんてものが起こるのでしょうか?
自分は骨折なんてしたことありませんから少しでも折れたら悶絶するでしょうね。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。