スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞(春)予想

天皇賞(春):京都競馬場、芝3200m 18頭立て

今年の天皇賞(春)は、はっきり言って展開が読めない。社台グループの思惑により
ペースメーカーでなるはずだったホクトスルタンが除外を食らってしまい、
間違いなくスローペースになる。問題はみんなどこから仕掛け出すか。
みんな直線までじっと動かないなら完ぺきな瞬発力勝負になるし、
逆に早めに動きだすなら瞬発力だけではなく、スタミナも必要となってくる
今回は展開の有利不利をあまり受けない、馬券に絡む確率の高い馬を買いたいと思う。

本命◎は8番人気と全然人気がないが、ナムラクレセント。
なぜこんなに人気がないのかが逆に不思議である。忘れられてるかもしれないが
一昨年の菊花賞3着馬。去年も天皇賞に出てれば面白い存在と思っていた。
それが出られなかったことにより、過去の実績が忘れられてるのかもしれない
前走はの敗因は、掛かりまくって競馬にならなかったことに尽きる。
戦績を見ると、直線平坦の京都の方が明らかに走る。
今回が最後の狙い目だと思っているし、仮にここで走らないようならばもうどこでも
走らないだろう。

対抗○に勝ち切るかどうかは分からないが、3着以内の軸としては
1番信用できるであろうジャミール。とにかくレースでも調教でも
前に出ようとしない性格は気になるが、全く崩れないのは能力の証。

いつもは3番手▲も挙げるが、今回は抑えは横一線と思っているのでなしで。

抑え△にようやく出番が回ってきた3年前の3着馬トウカイトリック、
血統的に魅力なトーセンクラウン、
このレース牝馬の成績はかなり悪いが、京都だと変わり身が望めるメイショウベルーガ、
外枠、蓄膿症持ちと嫌な条件だらけだが、去年の覇者マイネルキッツ、
9歳でも相変わらずの衰え知らずのエアシェイディまで抑える。

1番人気、2番人気のフォゲッタブル、ジャガーメイルは3着固定で買っても
いいかと思ったが、そんな中途半端なことをするよりバッサリ切る暴挙に出た。
ジャガーメイルは社台の思い通りに勝ってほしくないとの願いも込めて

本命◎ナムラクレセント
対抗○ジャミール
3番手▲なし
抑え△トウカイトリック、トーセンクラウン、メイショウベルーガ、
マイネルキッツ、エアシェイディ

正直、自信云々ではなくてナムラクレセントとジャミール以外
本当に買いたい馬が見当たらない・・・

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。