スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKマイルカップ回顧

スタートしてからの600mは驚愕の33.4秒。いくら馬場コンディションがいいから
と言っても、これは間違いなく暴走ペース。この時点で、先行していた対抗の○サンライズプリンス
は消え、逆にバッサリ切ったダノンシャンティのレースになるだろうと思った。
それと同時に、もしかしたらとんでもないレースレコードが出るんじゃないかと期待も膨らんだ。

レースは途中でペースが緩むこともなく1000m通過も相変わらず暴走ペース。直線に入ると
逃げた馬は早々と下がってゆく。その後ろを追走していた馬がいやいや先頭に立ったが、
ハイペースを追走したこともありサンライズプリンス以外は後退。そのサンライズも、
粘りを見せるが後続に飲まれた。代わりに伸びてきたダイワバーバリアン、リルダヴァル
が先頭に立つが、外から次元の違う足でダノンシャンティが一気に先頭に立つ。
勝ちタイムは成長途上の3歳馬が記録するとは思えない1600mの日本レコード。
戦前はハイペースについていけるのだろうか等の不安が流れたが、逆にそのハイペースをも
味方につけたような快勝劇だった。

この暴走ペースで、勝ち馬からそこまで話されずに4着に粘ったサンライズプリンスは
やはり能力は相当なもの。今回は展開が完全に向かなかった。でもダービーはどういう乗り方を
するのだろうか?

ダノンシャンティ、サンライズプリンス共に恥じないレースをしてダービーに向かうことができるようで、
今年のダービーは良血馬、実績馬がずらりと揃う最高のメンバーが揃いそうだ。

来週はヴィクトリアマイルです。どう頑張っても、人気も実力もブエナビスタとレッドディザイア
の2強が頭3つぐらい抜けています。唯一穴を探すのならば、2頭とも海外帰りの緒戦であること。
もしそのような理由で2頭の間に割って入る馬がいるとしたら、去年この2頭に最も迫ったブロードストリート、
思いっきり末脚を溜めれば切れそうなコロンバスサークル、ヒカリアマランサス、
あるいは後ろが牽制しあって、動き出すのが遅くなるようならば、先行勢が残るという展開も考えられる。
細かい予想は、レース当日にでも書きます。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。