スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークス結果&回顧

戦前から距離不安が囁かれていたアパパネと、距離に自信をを持つサンテミリオンの激しい
叩き合い。アパパネが一旦前に出るが。サンテミリオンが差し返す。状態的には
サンテミリオンが優勢かと思ったが、サンテミリオンが差し返したところであると同時に、
アパパネが凌ぎきったところがゴール板だった。

馬体重マイナス10キロで出てきたアパパネ。少し細いかと思われたが長距離を走るのに
余分なものを完全に削ぎ落とした陣営の渾身の仕上げだった。蛯名騎手もペースなどを気にせず
アパパネに合わせた騎乗をしたのがこのような最高の結果に結びついたのだろう。
奇跡としかいい様が無い形で誕生した2冠牝馬。ひと夏無事に越して、現役最強牝馬
ブエナビスタすら成し得なかった3冠牝馬へと、そして金子真人オーナーにディープインパクト
に次ぐ牝馬3冠オーナーの称号を。プレッシャーはかなり大きいが、それを跳ね返すだけの力を
この馬は持っている。

もう1頭の勝ち馬サンテミリオンも、横山騎手はペースを考慮していつもより後ろの位置取り。
ロスを覚悟の上でも外を回すことに専念した。直線も包まれるのを嫌い、アパパネよりも
早めに仕掛ける。一旦は完全に交わされたが、簡単には引かずむしろゴール前ではサンテミリオン
の方が脚色は上回っていた。あと3mも先立ったらサンテミリオン単独のオークス馬誕生だったろうが
、競馬の神様はどちらにも女王の称号を与えた。



距離不安がささやかれてたもう1頭、アグネスワルツはハイペースを2番手で追走しながら
先行勢で唯一粘りこんで3着。かなり潜在能力はある。距離、コースが得意条件に変わる秋華賞は
アパパネの3冠阻止最有力候補になるかもしれない。

最終的に2番人気だったショウリュウムーンは、桜花賞とは打って変わって好意4番手追走。
乗り替わった内田騎手は、先週のヒカルアマランサスのイメージで騎乗したのだろうが、
ハイペースに巻き込まれ、結果的にはそれが仇となってしまった。

自分の予想は・・・散々だったのでやめときます。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。