スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データでダービーを考える

いつも競馬予想するときは、過去10年の血統を適当に調べて傾向をつかみ、
その年の出走馬と過去の傾向を照らし合わせて、何を買うかを決めてます。

今年も血統で傾向は調べますが、それに加えていくつかのデータを用いてさらに傾向を
掴み買う馬を絞っていきたいと思います。
使ったデータは4つ。
「前走の着順」「前走の人気」「累計勝利数」「累計重賞勝利数」
率とかを出してたら相当長くなるので、簡単に結果だけを言いたいと思います。

まず言えることは、1番人気が予想されるヴィクトワールピサが死角が全く見当たらず、
4つ全てのデータで最高の評価を得たということ。今まで強い内容の競馬ばかりだったので、
ダービーもの馬で仕方ないかなぁと思っていましたが、それはデータでも変わりませんでした。

逆に、人気どころで危ないのはヒルノダムール。前走6番人気、全2勝、重賞最高2着まで
全てで複勝率10%を切る項目に該当してしまった。これは、本当に危険な人気馬かもしれない。

すごいデータも出てきた。前走5着の馬は今まで複勝率0!該当馬はアリゼオ・・・
まぁ、買う気なかったですけど・・・

この4つのデータを総合的に判断して勝手にランク付けした結果・・・
()内の数字は予想される人気
Sランク・・・ヴィクトワールピサ(1)(これはかなり抜けている)
Aランク・・・ペルーサ、(2)
Bランク・・・ダノンシャンティ(3)、ルーラーシップ(5)、ローズキングダム(6)、ゲシュタルト(10)
Cランク・・・エイシンフラッシュ(12)、ハンソデバンド(14)、リルダヴァル(9)、
       トゥザグローリー(7)
       レーヴドリアン(8)
Dランク・・・ヒルノダムール(4)、サンディエゴシチー(15)、コスモファントム(13)
Eランク・・・シャイン(17)、トーセンアレス(18)
零ランク・・・アリゼオ(11)
下位人気は予想つけがたいですww

ただデータはあくまで確率。去年も複勝率2%にも満たなかった「前走2ケタ着順」の
ワンツーフィニッシュだったのですから。(去年の極悪非道馬場を集計の対象に入れていいもの
かと少し思うが・・・)

それでもある程度の傾向は掴めるし、意外な馬がかなり高い確率で馬券に絡むデータが出てきたりと
データを侮ってはいけません。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。