スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血統でダービーを考える

はっきり言って競馬ばかりの話題でしつこいかもしれませんが、競馬ファンにとって
それほどダービーとは楽しみでありワクワクするものであります。

今日は、いつも自分が予想の軸にしている血統で有力馬を診ていきたいと思います。
ですが、それほど血統には詳しくないのでペルーサみたいな母系がよくわからないのはカットで・・・

まずはやはりヴィクトワールピサですが、兄2頭も距離は違えど東京競馬場で結果を出してますし、
まず問題なくこなすでしょう。父ネオユニヴァースも東京競馬場は苦手と言われますが、
実際去年勝ったロジユニヴァースも父はネオだったわけだし、決して東京が不向きということはないでしょう。

名牝を母に持つ3頭、トゥザグローリー、ルーラーシップ、ローズキングダムは揃って父が
キングカメハメハ。キンカメだと2400mは少し長いかと思われてましたが、オークスでアパパネが
見事払拭。さらにアパパネと違って、母はみんなオークス優勝、あるいは2着馬。アパパネよりは
適性が間違いなくあると思われる。というかこの3頭が母だと、嫌でも買いたくなるwww

人気どころで危ないのはダノンシャンティ。父がフジキセキですが、父フジキセキでダービーで
馬券に絡んだのは4年前に3着があるだけであとはサッパリ。同じ条件で行われるオークスでも、
父フジキセキはほとんど馬券に絡んでません。さらに、種牡馬生活がフジキセキより遥かに短い
ネオユニヴァース、ゼンノロブロイ、キングカメハメハの仔があっさりオークス、ダービーを勝つあたり、
フジキセキの仔はダービーに適性があまりないものと見られます。
あとNHKマイルカップの勝ち方も最後の直線一気というのはダービーには向いてないような気がします。

こんな感じです。あとは買いたいのは東京は向きそうなレーヴドスカー、データは最悪だがヒルノダムール
ぐらいです。最終的な予想はいつも通り日曜日に・・・

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。