スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ダービー(GⅠ)予想

今年こそは良馬場でダービーを・・・そんな願いも叶いそうもない日曜日の東京競馬場。
去年みたいな馬場にならないのが救いと考えるか、良馬場にしない天を恨むか・・・

先日のダノンシャンティの離脱により、メンバーが若干さびしくなったダービー。
それでも、例年と比べるとレベルは言わずもがなだが高い。見応えのあるダービーに
なるのは間違いない。ただ予想する立場になってみると、買わないつもりだったダノンシャンティ
が離脱したことで、2強、あるいは他に人気が分散してしまったという印象。

本命◎は、雨が降ろうが降らまいがヴィクトワールピサ。インコースを通ったとはいえ、皐月賞の
内容が圧巻。だてに皐月賞まであらゆる条件で4連勝もしてきてない。なんだか一昨年の、距離は違えど
1200mで無類の強さを誇ったスリープレスナイトを見ているようだった。重馬場もこなしているし
雨も気にしない。距離ももちろん持つ。
ペルーサとの父親同世代対決も制しクラシック2冠は達成できるだろう。


対抗○は超良血というのもあるが、プリンシパルSで東京適性の高さを見せつけたルーラーシップ。
父ダービー馬、母オークス馬でダービーの条件に合わないはずがない。大きな不利を受けても、
跳ね返して勝つぐらいの無類の勝負根性も持ち合わせている。クラシック血統がここで開花しなくて
どこで開花する。

3番手▲はいまだ底が全く見えないペルーサ。本当なら本命だったが、少しでも雨が降ったら
怖いのと、今まで戦った強敵がヒルノダムール1頭なのが気になる。ルーラーシップが一気で云々
言われているが、その言葉はむしろこっちに当てはまるのではないのだろうか?
それでも、馬場状態を考えても青葉賞の内容が秀逸だったのでこれ以上は評価を下げれない。

1着はここまで。あとの△は2、3着候補。
抑え△にズブさが付きまとうが、皐月賞はヴィクトワールとひけを取らない内容だったヒルノダムール、
休み明けの皐月賞で十分見せ場を作ったエイシンフラッシュ、東京で巻き返す2歳王者ローズキングダム、
開き直って最後方から直線一気に徹すれば、突っ込んでくる可能性十分のレーヴドリアンまで。

あとは、当たりハズレは抜きにしてルーラーシップ、ローズキングダム、トゥザグローリーの
「母は名牝」馬券を買ってみた。

コメ返 マルガオオーさん ↓
なんであのときだけ時計が異常に早かったのか今でも不思議でなりません。
それが結局は仇となったわけで・・・

やっぱりダービーはベストメンバーでやらないと盛り上がらませんよね。

でも残った17頭が盛り上げてくれると信じています

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。