スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ダービー回顧

今の東京競馬場の内側が有利な馬場状態、今年のメンバーによって生み出される
ペースを考えたとき、テレビの解説者が「あっ!」と言ってしまうほど
出遅れたペルーサは、その時点でダービーは終わっていた。内が伸びるのに
誰も内を空けるわけも無く、外に出してもそれだけ無駄にコースを走らされるだけ。
今年こそ青葉賞勝ち馬によるダービー制覇が期待されたが100m、いや10mも走らないうちに
夢が潰えた。

スタートしてすぐに隊列が決まってしまい、特に道中で動く馬もいなければ当然1000m通過も
それ以降もペースが上がるはずもなく超の付くスローペース。レース上がり3Fが33.5秒という
とてつもない早いタイムがが示すように完全に瞬発力勝負の競馬。適正的には2400mの
スタミナとスピードどちらも問われるレースではなく、むしろ1600m~2000mに
適正があると思われる馬がヴィクトワールピサ以外上位を占めた。

勝ったエイシンフラッシュは京成杯の競馬を見て、これは皐月賞までの馬と思っていた。
しかし、皐月賞で休み明けにもかかわらずヒルノダムールと同じ脚で伸びてくるのを見て、
血統からは想像もつかない瞬発力を持ってるなと思うと同時に、皐月賞より間違いなく体調が
上向いてくるし、瞬発力勝負でも勝ち負けに持ち込めそうだからひょっとしたらという思いは
あった。その予感通りに、上がり32.7秒という鬼脚を使って一気に頂点まで上り詰めた。
よくよく考えればこのぐらい走って当然と思うのだが、なぜか評価は低く7番人気。
この人気が内田騎手に最内枠をフルに生かした思いっきりのいい競馬をさせたのかもしれない。
このあとは凱旋門賞にも登録していて、状態次第ではそちらに向かうかもというのだが、
過去に瞬発力のすごい馬たちがことごとく跳ね返されたとてつもない高い壁。陣営はそういうことも
考えながら、これからのダービー馬の将来を決めてほしい。

早熟説が流れ始めてたローズキングダムは、自分の得意な瞬発力勝負になって復活の2着。
両親がどちらも切れる脚を持っていたので、これくらいは走ってむしろ当然。
今回はペースが嵌ったから2着に着たが、ベストは2000mぐらいだろう。これから
またもう一回り成長すれば、秋の天皇賞は狙えるのではないか。

逆に皐月賞馬ヴィクトワールピサにとっては一番望んでなかった流れになってしまった。
皐月賞のようなある程度上がりがかかるようなレースだと強いが、瞬発力自体は秀でていると
言うわけでもないのでどうしても。だからといって早めに動いていっても止まってしまうだけ。
今回は仕方ないというしかない。宝塚記念、有馬記念なら間違いなく面白い存在になる。
(昨年も皐月賞馬アンライバルドを有馬で狙って痛い目にあったが・・・)

ルーラシップはまだ成長途上だった。それでも伸びている辺りやはり力はある。
東京2000mは間違いなく合うし、親子天皇賞制覇も夢ではない。

最近のダービーはどうも内枠有利の馬場でばかりで開催されると思う。ディープスカイのように
1番枠から大外一気で勝ってしまう馬もいるが、2,3着はやはり内を回った馬。
どうにかして、どこを通っても勝てるような馬場でダービーはできないものだろうか。
枠順である程度勝負が決まるようなら、それこそ本当につまらないダービーになってしまう。

トラックバック一覧

コメント一覧

#13 こんばんは
ヴィクトワールピサはポジションは絶好だと思いましたけどね。

向こう正面ではダービーポジションなんて考えちゃいましたよ。

結果的にやはりキレが若干足りないですね。

やっぱり実績が示すとおり小回りのタフな

競馬がベストなのかな?
#14 こんちゃ~
言うように過去10年をみても毎年、1、2枠が馬券対象になっています。ヴィクトは消耗戦には強いですが、切れる脚はないですね

暮れの中山が主戦場でしょう

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。