スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーGⅡ…

今年の安田記念の登録馬を見ると、明らかに主役不在。
その証拠に上位人気に指示されそうなのは、去年はクラシックロードを歩んできた4歳馬。
前走久々のマイル戦で結果を出し、今回が試金石の一戦になるリーチザクラウン、
クラシック組でいち早くマイル路線に転向しここを目標にしてきたトライアンフマーチ、
どれもまだ純粋なマイラーではない。

その他のメンバーも、京都では安定しているも東京では全く結果が出ていない
スーパーホーネット、マイル戦は得意だが成績に常にムラあるスマイルジャック、
一昨年の皐月賞馬キャプテントゥーレ。
あとは高松宮記念組の掲示板組と堂々と主役を張れる馬はいない。

一昨年までは、ウオッカというスーパースターがいましたが、今年は絶対的なマイラーはいない。
しかもウオッカは牝馬。牡馬に限るとダイワメジャー以降中心的存在がいない。

今年の安田記念、4歳馬が勝ちこれからのマイル路線で主役を張るような存在が出てくるのか、
それとも、今までマイル路線で頑張ってきた馬が意地を見せるのか、はたまた香港馬に
タイトルを持って行かれてしまうのか。それだけはやめてほしいが・・・

コメ返 マルガオオーさん 鎌田原成貴さん ↓
マルガオオーさん

自分も絶好位キープと思っていましたが、同じく絶好位にいたローズとフラッシュを
捕らえきれないあたり、ペースが合わなかったんでしょうね。
これから、今まで新馬戦以外小回りしか走ってなかったから経験不足も出たんじゃないでしょうか。

鎌田原成貴さん
ヴィクトワールには一番恐れてたペースになってしまいましたね。
有馬記念では絶対面白い存在だと思いますけど、この馬菊花賞使うとしたら
結構心配です・・・

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。