スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ちに待ったGⅠシーズンスタート!!

今日で3歳の最後の1冠へのトライアルレースもすべて終了しました。

神戸新聞杯。やはり、ローズは併せ馬の形になるとしぶとさを発揮します。
ただ、このレースの着順がそのまま本番の菊花賞に毎年直結してないので
疑ってかかろうかと思いましたが、今年はヤマニンエルブという玉砕的な
大逃げを打つ馬がいるので4年前のアドマイヤメインが大逃げを打った年のように、
瞬発力勝負になるかもしれません。もう少し考える必要があります。

オールカマーは、最内をスルスル抜け差したガラスのシンゲンが大外ぶん回した
ドリームジャーニーに競り勝ちました。
ただ、着差クビを考えるとどう考えても内容はジャーニーの方が上。
次の天皇賞では、人気はシンゲンの方が上でしょうが去年みたいにレース中に骨折されても
こっちが困りますwその前に天皇賞の人気ってブエナ以降はどうなるんでしょうか?
毎日王冠次第ではペルーサかもしれません。

そしてトライアル終了と同時に、いよいよGⅠシーズンが始まります。
開幕戦はスプリンターズS。このレースの簡単な特徴は、日本の血統の核とも言える
サンデーサイレンスの血を持つ馬の成績がかなり悪いこと。過去10年(中山のみ)
の3着以内30頭のうち7回、しかも、1頭で複数回記録してる馬もいて
頭数にするとわずか4頭。しかも、4着以下に沈んだサンデーの血を持つ馬の中には
人気になってた馬もゴロゴロいて、なかなか人気どおりに収まらない原因でもあります。
去年も1番人気のサンデー持ち、アルティマトゥーレが飛びました。
今年も、そのような馬をいかに斬るかが馬券的中のカギを握りそうです。

もう一つの特徴として、リピーターが多いこと。連覇あり、3年連続2着以内ありと
このコースははっきり言って他のコースよりトリッキーな形状をしているので、
そのような傾向があると思います。過去このレースで3着以内に来ていて、
かつ今年出走予定の馬は・・・

・アイルラヴァゲイン(07年3着)
・キンシャサノキセキ(08年2着)
・ビービーガルダン(08年3着、09年2着)
・ローレルゲレイロ(09年1着)

の4頭。去年真っ先に斬って痛い目を見て、今年もしょぼいレースしかしてないから
ローレルを切ろうと思いましたが、ちょっと斬るまではないかなという感じです。

さらに、外国馬、新興勢力、異常気象により休み明けの多さと例年より遥かに
難解な今年のスプリンターズS。馬券はかけにくいですが、予想のし甲斐はありそうです。

トラックバック一覧

コメント一覧

#21 No title
来年からは阪神でやるみたいですね

秋開幕GⅠ、ぜひとも当てたいところです

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。