スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最強の古馬の座を手に・・・けど悔しい

最後の直線、夜11時なのに、そして親も寝ているのに「差せ!差せ!!」と
無意識のうちに声をあげてましたwwそれぐらい興奮しました。いや、競馬が
好きな日本人なら声が出て当然です。

世界最強馬決定戦、凱旋門賞。今まで何頭もの日本馬が挑戦しました。あの
ディープインパクトでさえ跳ね返された(3着)壁。そこで、ナカヤマフェスタが
直線は一旦先頭。最後にわずかに差されたものの後続を離しての2着。
正直、あそこまで行ったら勝って欲しかった。けど、メンバーの揃った
今年の凱旋門賞での2着はかなり胸を張っていいものだと思う。
しかも、勝ったのは3歳馬だから事実上4歳以上では世界最強馬ということになる。
秋のGⅠの結果にもよるが、現時点ではこの馬が年度代表馬最有力候補だろう。

また、凱旋門賞を知り尽くしている蛯名騎手もさすがだと思った。
11年前、エルコンドルパサーをだてに2着に持ってきてない。
今回も、勝負どころでのスパートも完璧で、若干不利もあったが
それ以外はスムーズにレースを運べていた。蛯名騎手は、11年前の
借りを返せずに、非常に悔しいだろうが胸を張って帰ってきてほしい。

心配なのは、馬へのダメージ。去年も田んぼのダービーを激走しても、
何もなかったかのように今まで来ているから大丈夫だとは思うが、復帰レースを
決めずにじっくりケアをしてほしい。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。