スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日王冠&京都大賞典回顧

はじめに・・・
今回からコメ返は、ブログの記事内じゃなくてコメントのところに書きます。



ダービーと同じようにペルーサが大出遅れをかまして場内のどよめきを合図にスタートした
毎日王冠。ゴールした瞬間もどよめきの方が大きかった。
若干ハイペースで逃げたシルポートが、直線荒れた内を嫌ったかは知らないが馬場の真ん中へ。
結局、その空いた内を通った馬のワンツースリー。3歳世代は強いのもあるが、今回は
通った場所の差が大きいと思う。

勝ったアリゼオは、以前の先行策から今回は差しの競馬。今回は、スタートで出なかったのが
結果的には良かった。脚質に自在性が出てきたのは収穫だが、元々キレる馬ではない。
これからは、先行して粘る方が結果が出るだろう。
しかし、この馬3歳にして東京、中山1800mの重賞を制し、このあとはどういう
ローテーションで行くのだろうか?早くもバランスオブゲーム臭がするwww

2着エイシンアポロンは、完全に早熟で伸びしろはないかなと思ってましたが、今回は馬場が
やや渋っていた分、先行して粘りが効いた。だが、時計勝負、瞬発力勝負になるとどうか
という不安はある。

人気の2頭は、期待を大きく裏切る格好となってしまった。ペルーサも出遅れたとはいえ、
もう少し上位との差を詰めてほしかった。天皇賞には不安しか残らない。
ショウワモダンに至ってはまだ完成途上。1回叩けば・・・とか言っているが、
あれだけ負けてガラリと変わるのかという疑問が付きまとう。


一方の京都大賞典。ドリームフライト、ゴールデンメインが先行するのは分かっていたが、
全体の位置取りは去年よりも縦長になり、大きく先行した2頭は去年よりもハイペースで
3番手以降の団子集団は去年同様瞬発力を要する展開になった。

勝ったメイショウベルーガは本当に京都が合っている。京都で崩れない牝馬と言えば
頑固娘スイープトウショウで鞍上も同じ。もちろん目標はエリザベス女王杯に
なるだろう。ブエナがジャパンカップに回れば、載冠のチャンスは十分にある。

2着オウケンブルースリも、10カ月の休み明け、減り続けた馬体だから+22kg
ほどではないが、それでも若干太かったにもかかわらず半馬身差の2着。
力のあるところは見せれた。ただ、馬場が少し時計のかかる馬場だっただけに、
このあと脚部不安等が出ないか心配。無事に秋のGⅠロードに行ってほしい。

プロヴィナージュは最近は本当に安定してきている。今までは直線の短い内回りで安定
した成績を残してきたが、今回上位2頭にはさすがに切れ負けしたが3着によく粘ったと思う。
ベルーガ同様、エリザベス女王杯が面白くなった。

予想の結果は・・・
毎日王冠・・・無印→無印→無印www
京都大賞典・・ ▲→ ◎→ △

毎日王冠は取れるわけがないwww京都大章典は逆に簡単だった。○スマートギアは
テン乗り武幸じゃさすがに無理だったwww

今週は秋華賞!!まず、アニメイトバイオ消し!そしてサンテミリオン。オークスぶっつけ
は近年はカワカミプリンセス、テイエムオーシャンが勝っているが、まだ底を見せてないから
それくらいの力量はある可能性は十分にあるが、鞍上藤岡だから消し!ww
ここだけは、どんな状況になっても変えないつもりです・・・

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。