スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞予想

アパパネがローズSで負けたことにより混戦模様になるかと思われたが、蓋を開けてみれば
人気はアパパネへの一本被り。やはり、アパパネに3冠牝馬になってほしいというみんなの
思いがオッズに反映されてるのだろう。

だが、自分はアパパネの3冠は厳しいと思ってる。やはりこの馬の持ち味は、広いコースで
先行して粘ること。今回のような小回りは久々だし、距離延長でまたかかるかもしれない。
さすがにこれだけの馬を消すわけにはいかないから、抑え△に回す。

本命◎はオークスが終わった時から決めていた
アグネスワルツ

2歳時に京都の内回りでスピードの違いで2連勝のあとの骨折。復帰してからも、フローラSで
サンテミリオンに食い下がって2着。オークスでも先行馬総崩れの中唯一先行して3着。
この時点で、秋華賞はこの馬かなり面白いと思った。
秋緒戦のローズSこそ自分の競馬ができずに大敗したが、それは先行馬不利の展開も重なってのもの。
今回は逃げ馬2頭が共に除外され間違いなく先手を取り、自分の競馬に徹すると思う。
ハイペース気味の逃げを打って自分が粘れるのもいい。

対抗○はワイルドラズベリー
まさか、3番人気になるとは思わなかった。このレース自体は、差し馬はあまり
有利なコースではないがこの馬の脚質はむしろまくりに近い。ローズSでも直線一気ではなく、
4コーナーですでに先団に取り付いていた。最後はさすがに坂の影響もあり止まったが、
京都は坂がなくまとめて交わすシーンも十分期待できる。鞍上も以前このレースで
スイープトウショウでおおまくりを決めた池添騎手。乗り替わりはむしろプラス。

3番手▲はアプリコットフィズ
春先のクイーンCの勝ちっぷりから、以前は東京のような広いコースが得意と思われていたが
奈何せんキレない。それを証明するように、夏のクイーンSでは展開利、レベルの低さも
あったとはいえ器用さを生かし他を寄せ付けない完勝。ここもクイーンS同様内枠を利して
先行粘り込みができるだろう。ちなみに2番人気は過去7年で6勝。これも覚えておきたい。

問題は似たような脚質、人気のオウケンサクラ、エーシンリターンズ、ショウリュウムーン
の内、どれを拾って、どれを切るか。正直一番ここが迷った。
悩んだ末、データを信じフラワーCの勝ち馬オウケンサクラ、レインダンス、ムードインディゴ
と2頭の穴馬を出しているダンスインザダークの血を母父に持っているショウリュウムーンを抑え
エーシンリターンズは消し。あとはアパパネを抑える。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。