スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなったが秋華賞回顧

まずはアパパネの3冠を素直に称えたい。蛯名騎手が馬の能力を出し切るだけという
言葉通り、何の小細工もせずに道中はずっと外を回し、直線も1番外に出し
不利がなるべくない様に蛯名騎手は心がけていた。それでいてあの完勝劇。
しかも、今までのレースぶりから小回り京都は苦手だろうと思っていたが、今回が
1番危なげなかった。この馬、想像以上に器用だ。この後はエリ女かマイルCSの
どちらかに向かうみたいだが、崩れることはないだろう。ただ、いまだにもまれる競馬を
経験してないから、そういう状況になった時にどうなるか。だけど、次走がどちらにせよ
もまれる心配はないだろうからまだ、その心配はいらないが。

腑に落ちないのはアグネスワルツの逃げ方。前半1000mは58秒5とワルツにとっては
そんなに早くないペース。この後も同様にペースを刻むんだろうと思った矢先に、後続との
差がぐんぐん縮まっていく。数字でもこの2ハロンだけペースがかなり落ちてる。
本来、少し早いペースで逃げて後続に追走に脚を使わせキレを封印し、自分は驚異の
2枚腰で粘り込むのがワルツの競馬なのに、1番大事な2ハロンでペースを落としたのでは
後続は何の苦労もせずに、上がっていける。結果、今年の秋華賞はハイペースであると
所々で見るが速かったのは前半だけ。上位陣の上がり3Fタイムを見ればわかるように、
結果的には瞬発力勝負のの競馬。だから、キレのないワルツは馬群に沈み、
アニメイトバイオが最後に2着に突っ込めたのだ。
完全にペースを読み間違えたというか、なんであそこまでペースを落としたのかが納得いかない。

サンテミリオンはスタートで終わってしまった。でも、あの競馬はちょっとひどい(特に仕上がり)。
今回は自分は消したが、サンテミリオンを期待しているファンに対して失礼だと思う。

ショウリュウムーンはまたしても不利。抜け出す脚がないと言えばそれまでだが、
ちょっと馬がかわいそすぎる。ムーンが走る気をなくさなければいいが。



今週(あと3日だけどw)は菊花賞。ヤマニンエルブの回避によって、例年の菊花賞ペース
になるだろうと思っていたら登録馬にまともな逃げ馬がいない。

05年シャドウゲイト&アドマイヤジャパン、06年アドマイヤメイン、07年ホクトスルタン、
08年アグネススターチ&ノットアローン、09年リーチザクラウン。

これに匹敵するような逃げ馬が存在しないから、下手したらダービー並みのドスローになって
しまい、例年直結しないダービー、神戸新聞杯を速い上りで突っ込んだ馬たちが上位を占める
可能性が出てきた。こうなると、ローズ、エイシン、クォークの3頭で決まるのは見えている。
できればそのようなスピードの菊花賞ではなく、スタミナが求められるような菊花賞になること
を期待する。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。