スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬とストーブリーグ(ほとんど競馬)

最近の出来事と思ったことを少し・・・

・今年は例年に比べて、実力選手のFAがいつもより多い気がします。まず、日本一のロッテから
 小林宏はFAで、西岡はポスティングでのメジャー移籍が有力。日本一の立役者になった
 2人が抜けるとなると、チームとしては非常に痛い。特にショートは今までずっと西岡1人で
 頑張ってきたから、もし抜けるとなるとそこをどう補うかも大切になってくる。
 一方、抑え候補だがどうやら158キロ右腕を外国から取り寄せる模様。それもいいが、
 個人的には『幕張の防波堤』こと小林雅英を獲得するのも全然ありだと思う。
 トライアウトの成績だけを見ればまだまだいけるし、大舞台を踏んできた数少ない選手だし
 取っておいて損はないと思う。

 そのほかにも、右のアベレージヒッター内川、パフォーマー安定した守備が魅力のひちょり、
 今年はケガしなかった多村、ハマの主砲村田、3拍子揃ったオリ後藤など今年活躍した選手が
 相次いでFA権を獲得し、残留も含めてだが行使する模様。
 シーズンも最後まで目が離せませんでしたが、ストーブリーグも目が離せないみたいです。

 あと、日韓戦の韓国の先発が門倉には吹いてしまいましたwww



・今年の菊花賞で4着に入着し、自分もその時対抗評価をしたレーヴドリアンが安楽死の措置が
 とられていた。なんでも腸捻転らしい。まだまだ伸びしろは十分にあり、これからというときに
 非常に残念でならない。母レーヴドスカーは、過去にもGⅠ2着のレーヴダムール、
 青葉賞勝ち馬アプレザンレーヴ、1つ下の妹にもデイリー杯を勝ったレーヴディソールと、
 重賞勝ち、または重賞級を確実に出すが、兄姉はいずれも3歳の時に引退、または死亡してて
 ドリアン自身も同じ道をたどることになってしまった。
 こうなると、心配なのは妹のレーヴィディソール。にたちと同じようにならないように願うと
 同時に兄たちの分も頑張ってほしい。

・エリザベス女王杯について2つほど。まずはカステリャーノ騎手の来日について。
 結論から言うと、あまり日本で騎乗してほしくなかった。騎乗ミスに関しては仕方ないにしても、
 その後に吹っ掛けられたとはいえファンが見ている目の前で、殴り合いのけんかをするのは
 人としてどうかと思う。日本でも、ファンの前で殴り合いを始めるとか聞いたことがない。
 逆に日本にそういう前例がないから、来てほしくないという思いが強いのかもしれないが
 自重してほしかった。
 あと、罰金25万円を考慮しても3週間騎乗停止って罰軽くない?

・もう1つはサンテミリオン。秋華賞で何らかの理由があったにせよ、あれだけ負けたのだから
 今回のエリザベスもいらないと思っていたが、その何らかの理由が飛んでもなかった。
 なんと、ゲートでもぞもぞしていたときにどうも顔面をゲートにぶつけたらしく、
 その時に、口と鼻から出血していてそのまま走ってらしい。これでは、出来云々以前に能力は
 全く出せるわけがない。これで、あの負け方にも納得が言ってあんな馬じゃないと思い
 ホッとする反面、エリザベスの取捨にまた迷うことに・・・
 

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。