スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯予想

はじめに書く。外国馬は消し。スノーフェアリーは結構人気してるが、レッドディザイア、
ミッデイとスノーフェアリーとの相対比較でいっても、レッドディザイアとは差はかなりある。
もう一頭のアーヴェイも、レッドディザイアに勝っているとはいえ、ただ単に重馬場適性の差で
勝っているだけで、それにあれだけ適性を示したということは日本の高速馬場には
対応できるわけがないとみた。

本命◎プロヴィナージュ
土曜日の朝のプロヴィナージュの取り消しによって、展開の予想が大幅に崩れ
1から考え直す羽目に・・・
プロヴィナージュに重い印を打っていたのも理由の一つだが、自分はプロヴィナージュを軸に
展開を考えていたからだ。
プロヴィナージュが前にいると、アパパネなどの後続集団は間違いなくそれを早めに捕まえにいって
それで脚を使わされ、結果的にロングスパート勝負になり単なる瞬発力勝負ではなくなる。
しかし、プロヴィナージュがいなくなるとなれば、今年は間違いなくプリキュアは勝手に
垂れてくるし、そうなると上がり3Fの瞬発力勝負になる。

それでも、3強は揺るがないと思うが本命◎はアニメイトバイオ
阪神JF2着、オークス4着、ローズS優勝と間違いなく直線が長いのはいい。
しかも前述の通り、瞬発力勝負になるのならば3強の中で唯一サンデーの血を持ってる同馬を
本命にするのは当然のこと。
さらに、秋華賞の負け方を見るといかにも直線が短かったから届かなかったという負け方。
直線が長くなる今回、アパパネへ逆襲可能と見た。

対抗○は当然メイショウベルーガ。最近は追い込み一辺倒から、京都の下り坂を利用した
ロングスパートタイプに変わりつつあるが、瞬発力も備えており展開にあまり左右されないから
馬券の軸としてはこちらの方がいいが、京都が得意だったスイープトウショウ同様後ろすぎて
届かない可能性もあるということで、勝ちきる可能性を考えて対抗に。

3番手▲も当然アパパネ
これも馬券圏外に消えるということは考えにくいが、秋華賞より直線が長くなる分
アニメイトバイオに差を詰められ逆転をされるという場面も十分にあり得る。

抑え△に、距離は微妙だが瞬発力勝負なら負けないヒカルアマランサス、前走で復調の気配が
見えるリトルアマポーラ、他に買いたい馬がいないというのもあるが、前走は本当に参考外の
サンテミリオン。今日重賞を勝ったデムーロの手腕にも期待。スクリーンヒーローと同じ勝負服
というのは今気づいたwww
大穴は今年の同舞台の京都記念で見せ場を作ったセラフイックロンプ。先行勢の中で粘ると
したら、プロヴィナージュとこの馬だけだと思う。

トラックバック一覧

コメント一覧

#43 こんちわ
取り消し痛いな・・・


こちらも参りました
#44 こんちわです
取り消しの上に、代わりの本命は競走中に鼻血。

もう勘弁してほしいです

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。