スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルCS回顧

皐月賞に続いて、このマイルCSでも岩田騎手の内強襲が決まった。
皐月賞は代打騎乗の1番人気という状況で勝ったから、仕事ができたという気持ちが強かった
と思うが、今回は13番人気という気楽に乗れる立場でしかも明らかに狙って勝ったものだったから
してやったりという気持ちが強いと思う。

ペースは前半33.7-56.7だから早い。それでいて、タイムが1分31秒8のレコード
だから例年よりもパワーが問われるレースになったから1400mに強いエーシンフォワード
が勝てたのだと思う。少しでも緩んでいたら、ダノンヨーヨー以下に差されていたかもしれない。

ダノンシャンティのNHKマイルカップは、作られたレコードタイムだから例外だが、
不思議とレコードタイムが出るときは1頭だけ強い競馬をすると言うことはほとんど無く、
3,4頭により大接戦になることが多い。一昨年の驚異的なレコードが出たときの天皇賞も
そうだった。

ダノンヨーヨーは出遅れ、直線もまともに追えないという明らかに不完全燃焼な競馬ながら、
最後は首差の2着。しかもエーシンが内を突いたのを考えれば、内容は1番強い競馬をしている。
まだ4歳。タイトルを獲れるチャンスは大いにある。

サプレザは、今年も外枠が響いたのに加え、ダノンヨーヨーとともにやや出遅れて内に入れずに
ずっと外を回されたことが痛かった。

ジョーカプチーノは、もう少し緩いペースで逃げることができればマイルは持つかもしれない。
今のベストは平坦1200mだろう。だが今年の宮記念は坂のある阪神。さぁどうする!?

キンシャサノキセキは予想通りかかった。元々掛かりやすい気性だったが、最近はスプリント1本
だったから鳴りを潜めていた。だが、やはり久々のマイル、壁を作れない外枠、日本人なら
かかりやすいというのは知られているが外国人騎手への乗り替わりなれば、ここまで掛かるとは
思わないだろうから制御に苦しみ、結果、全く力を出せずに終わった。やはり、マイルはもう持たない。

もう今週だがJCです。やはりどう見ても日本馬10頭立て。メイショウベルーガは東京だと
エンジンの掛かりが遅いから割り引くのを考えると実質9頭立て。目標のレースを使えた者、
使えなかった者、海外から帰ってきた者、過程は様々ですがどの馬も順調に調教を
こなせてるみたいです。
1つ気になるのがペース。日本馬9頭の中に、逃げ馬はおろか先行馬もナカヤマフェスタただ1頭。
となると、ペースは下手すれば超の付くスローになる。そうなると、今年のダービーのような
瞬発力しかいらないレースになる。そうなると、9頭でもある程度は絞られる。
週末までじっくり考えます。

外国馬の逃げ残りも考えたがまずないだろう。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。