スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JC予想

改めて外国馬も交えて予想していたが、はっきり言ってキリがない。

ここは、下馬評通り外国馬は能力は日本馬より低いと見て、ペースも予想される通り超のつく
スローと決め付けて予想しないと、予想が固まらないしどれも切れない。
ペースが超スローと考えれば、狙うのは純粋に瞬発力に秀でてる馬、得意な距離も2400mより
短い距離を得意とする馬、下手すればマイルでもこなしてしまいそうな馬を狙うのがいい。
そうなると、今年のダービーの再現を思わせる。実際、何も捻らずにそのままでいいと思う。

だから、本命◎はエイシンフラッシュ
菊花賞を回避して、ここに直行したから順調さをやや欠いてるが、この馬はあんまり
続けて使えないから使い詰めるよりはむしろいいかもしれないとみた。実際に、休み明け
の皐月賞でいきなり3着に突っ込んできているように、間隔空いても全く気にしない。

対抗○は当然ブエナビスタ。
1番馬券の軸にするなら当然これをするのが安全だろうなのだが、仕方ない事だがちょっと
人気が一本被りすぎる。だが、ペースが少し速くなっても対応できるのがブエナだから、
エイシンフラッシュが崩れるペースならブエナが台頭する。ケチをつけるなら、
これだけの馬でも言っても牝馬(ケチになってない?)。

3番手▲はローズキングダム
例年のJCのようにある程度上がりがかかるようなレースならまずいらないが、今年は超スローと
見てるからスタミナよりもスピードが要求されるのと、ブエナに次ぐ調整過程の順調さを取った。
それと、いつも似たような競馬をしているエイシンフラッシュが本命なのにこれを評価しないと
なると予想に矛盾が生じると言うのもある。

上3頭はどれを本命にしてもいいと思ってるぐらいの横並び。もう一頭上位評価出来るのは、
4番手☆ジャガーメイル
前走はホワイトの完全なチョンボだから完全に度外視していい。ジャンポケXサンデーで、
明らかに東京が合うから、ここ2走だけで人気が下がるなら逆に狙い目だと思う。

ナカヤマフェスタは東京で2勝しているが、東スポ杯はスタートからゴールまで
ほとんどペースが変わらないタフさが求められるスタミナ勝負だったし、宝塚記念も凱旋門賞も
スタミナが求められるレースだった。ロングスパート勝負なら間違いなく1番強いが、
瞬発力勝負は部が悪いので人気だし今回は消し。
オウケンブルースリも去年JC2着だが、去年は上がりがかかるペースだったし、意外に
瞬発力ないのでこれも消し。
ヴィクトワールピサも中山向き出し、シンゲンはちょっと足りない。
ペルーサも真ん中の奇数枠で、多分出遅れて挟まれる。しかも瞬発力勝負は分が悪い。
メイショウベルーガも中1週だとキツイし、いまさら外国馬を抑えるわけにもいかないし
抑え始めたらきりがない。

・・・あれ?この4頭しか買う要素がある馬がいないwww
という訳でこの4頭に全てを賭けます。馬券買わないけど。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。