スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JC回顧

今でもなんだかすっきりしないが、終わったことだからいつまでも言っても仕方がない。

繰り上がりではあるが、ローズキングダムが勝ち馬になった。脚が上がってヨレてきた
ヴィクトワールに左から、切れ込んできたブエナに両方から挟まれて完全に勢いが
止まってるのにあそこから立て直して持ってきたのは馬の根性と豊騎手だったからこそ。
外人ならまず止めてる。まともなら、ブエナとの写真判定だろう。有馬ではフェアプレーでの
催冠を期待する。
このような形とはいえ、連続GⅠ勝利を23年に更新した豊騎手は何か持っている。
春のGⅠシーズンをケガで棒に振っているからなお価値がある。

ブエナビスタは、これが2度目の降着。だが、今回の降着は防げたものではなかろうか。
直線でわざわざ内に切れ込む必要もなければ、切れ込んでからムチを持ち変えずに
さらに切れ込む。しかも、あれだけの事をやっときながら陣営が
「加害馬になってるとは・・・」という発言にもまたびっくり。
どうも有馬記念も引き続きスミヨンが乗るらしいが、出来れば乗らないでノリさんに
戻してほしい。年の締めのレースでまた後味の悪い結果にされたらたまったもんじゃない。


降着については、賛否両論の意見があるが(日本では賛成、欧州は反対が主)
外国のジョッキーは日本のルールに同意したうえで乗っているのだから、降着について
いろいろ言うのはどうかと思う。それは、日本のルールに納得できてない証拠であり、
それが納得いかないのであれば、香港でもどこでも乗れる場所はあるのだから
そっちに行ってもらいたい。

ペルーサは、ジョシュアツリーに待たされたからかどうかは定かではないが今回も出遅れ。
最後は、馬群の間を縫ってあれだけ伸びているのだからやはり出遅れが悔やまれる。
これも、次は有馬。若葉S以来の内回りがどうでるか。

極端な上がりラップにはならなかったが、瞬発力勝負になるとナカヤマフェスタには
やはり分が悪かったがちょっと負けすぎのような気がする。だが、元々宝塚、有馬記念のような
持久力勝負の方が強いのは確かなので、今回のは向かなかった割り切るしかない。

◎エイシンフラッシュは、あの好位からではダービーのような鬼脚は出せない。今まで通り
の後方からの競馬をしてこそこの馬は持ち味が生きると思う。

今週はJCダートです。いまだに、なんで東京2100mから阪神1800mに移行したのかが
全く納得いかないが、それを言っても仕方ない。
去年はエスポワールシチーを消したように、あんまり得意なレースでは無いです。
そのエスポワールシチーは今年は不出走。主要ステップであるJBCの上位馬は
自由人(馬)スマートファルコン、地方最強フリオーソと共に不出走。

そうなると、主力はみやこSのトランセンド、キングスエンブレム、去年の2着馬シルクメビウス。
古豪ヴァーミリアン、芝からアリゼオ。こんな感じかな。
それよりも、鳴尾記念、ステイヤーズSがある土曜日の方が面白そう。しかも、どちらの重賞にも
エアグルーヴの仔が主力として参戦する。やっぱりエアグルーヴはすごいです。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。