スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神JF予想

アドマイヤセプターがまさかの除外をくらってしまい、実質3強ムードの今年。
新コースになってから枠順の有利不利はほとんどなくなり、ほとんど実力通りの結果に
なっており、実際来年のクラシックに直結している。

阪神の外回りというと、瞬発力の要求される事が多いがこのレースに至っては新コースに
なってから過去4年の上がり最速は去年のタガノエリザベートが殿から突っ込んで34.0。
しかも、それで届いてないから瞬発力は意外にあまり要らず、長く脚を使えるかが大事であり
そうなると的性的にもマイルより長い距離で好成績を残してきた馬を重視したい。
アパパネ、ブエナ、トールポピーもウオッカもマイル未満を使ったことはなかった。

そうなると自然と本命も決まってくる。
◎アヴェンチュラ
何といっても血統!トールポピーの全姉妹なら本命にせざるを得ない。新馬戦もこのコースで
完勝している。札幌2歳Sも勝ち馬とも差のない競馬をしている。
不安点は、調整過程が最悪。帰厩がまさかの11月26日。実質16日でレースに出るということに
なる。しかも、放牧先で熱発連発していたらしいから当然そっちで乗れるわけもなく
ほとんど調教できてない状態。まぁ、自分は調教とか全く見ないからいいですけどwww

対抗は当然○レーヴディソール

人気だけど仕方ない。姉はこのレース2着のレーヴダムール。アグネスタキオン産駒も
ダノンベルベールとルミナスハーバーを送り込むなど、このレースとの相性がいい。
しかも、騎手はマイル、2歳、牝馬すべて得意としている福永騎手。はっきりいって死角なし。
欠点は若干出遅れることだが、ほとんどマイナスにならないと思う。

3番手に▲ホエールキャプチャ
前走は、明らかに勝っていた内容。スムーズならば間違いなく勝っていた。逆に前回
詰まって3着どまりだったから、この人気にで抑えられてる喜んだほうがいいかもしれない。
血統も、オディール、ベストクルーズと同じクロフネXサンデーと相性がいい。

人気どころから入ってるからあまり抑えても仕方ないので、いかにもクラシック血統の
リトルダーリン(ディープXエリモエクセル)、前走の敗退だけでは見限れないし、
アヴェンチュラと配合そっくりのマイネイサベルのみ抑える。結局人気どころwww


ダンスファンタジアは、確かに2走の内容はほぼ持ったまま回ってくるという圧巻の
内容だが、こういう馬は大物の可能性も秘めている一方、全く追ったことのない馬が
追って案外という危険性も秘めている。さすがに消すという暴挙には出なかったが、
抑えの抑え。たけど、結果は圧勝か惨敗のどちらかとみている。

ちなみに、このレースは毎年新種牡馬の産駒が馬券に絡んでいる。今年は自分の
予想だと、テレグノシス産駒のマイネイサベル、ディープ産駒のリトルダーリンという
ことになります。はたして・・・

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。