スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念②~やっぱり王道には逆らえない!?~

前回の予告通り、今回は確率などの数値データを元に有馬記念を考えたいと思います。
最初は個人的にあんまり見たくなかったデータから・・・

前走使ったレース
JC[6-3-4-52] 該当馬:ローズ、ブエナ、ヴィクトワール、ペルーサ、メイショウベルーガ、
          オウケン、エイシンフラッシュ、 

ステイヤーズS[0-0-0-12]:該当馬:ネヴァブション、フォゲッタブル、ジャミール

鳴尾記念[0-0-0-5]該当馬:ルーラーシップ

中日新聞杯[0-0-0-1]該当馬:トゥザグローリー

アルゼンチン共和国杯[0-0-1-6]:該当馬:トーセンジョーダン

ダノンシャンティのデータはさすがになかったが、ドリームジャーニーのオールカマーは
見つけられなかった。
とにかく言えることは、JCが他を圧倒していること。しかも、最近成績のいい天皇賞、菊花賞
からの直行組が今年は1頭も出てないから余計に際立っている。しかも、ここ10年で3着以内
30頭のうち、26頭が前走GΙでしかも最近はその傾向がより強まっている。そうなると、
今年馬券に絡む可能性があるのはJCを使った7頭のみということになる。しかし・・・
自分はどう考えても、この7頭で決まるとは到底思えないwwwだけど他はひどすぎるし、
可能性があるのはドリームジャーニーとトーセンジョーダン。・・・びみょーww

次に気になったデータがこれ↓
過去11年 成績 勝率 連対率 複勝率
1戦目 0-0-0-3/3 0.00%  0.00%  0.00%
2戦目 2-1-3-15/21 9.52%  14.29% 28.57%
3戦目 5-4-5-50/64 7.81%  14.06% 21.88%
4戦目 3-5-4-50/62 4.84%  12.90% 19.35%
5戦目 0-1-0-7/8 0.00%  12.50% 12.50%

この有馬記念がこの秋何戦目かというデータ。サンプルが若干少ないから何とも言えないけど、
この秋2戦目という馬が実は一番いい。該当馬はドリームジャーニー。オールかマーからの
直行だから割引きにも見えるが、有馬記念に向けて余裕のあるローテーションはむしろプラス
だと思う。

あと、3戦目と4戦目が結構競った数字になってるけど、人気馬はどっちからも来ているが
人気薄に関しては3戦目の方が確率が高いということを覚えておいてほしいです。

これを見てもわかるように、さすがにダノンシャンティは狙えない。というか無理だけどww
長期休養明けといえばトウカイテイオーが思い出されるが、ダノンシャンティがテイオーと
同じくらい強いわけないし東京であれだけの瞬発力を出せる馬が中山で通用するわけがない。

うpが遅くなってすみません。次回は血統メインで・・・

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。