スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS予想

今年最初のGⅠ。なのにしょっぱなから難解なメンバーが揃った。しかも、土曜日に
急に時計が出なくなったと聞いて馬場を見ながら予想しようと思ったが、過去のこの時期の
時計の出方を見ると実はそうでもないので土曜日に予想していた通りに書く。
そうなると、ある程度前で競馬出来る馬にしかチャンスはない。

かつ、血統的にはシンボリクリスエスなどのロベルト系、デピュティミニスター系
あとはサンデー系はほとんど入っているというのを加味すると

◎オーロマイスター
・・・うん、去年と同じwww
だけど、それだけこのレースに適性があると思ってます。前2走はあまり気にしなくていいと
思ってます。本命にした決め手は、南部杯。これが実は東京マイルと形がそっくりで実際に
このレースを制して翌年のフェブラリーSに出てきた馬は複勝率100%!さらに血統的にも、
エスポワールシチーと同じゴールドアリュール×ロベルトという血統構成なのも心強い。
去年はエスポワールとのワンツーを期待していただけに今年こそは・・・と思っていたら
今度はエスポワールがいない・・・今年はこの馬に頑張ってもらいましょうwww


相手には○バーディバーディ
去年のユニコーンSを勝ちコース適性もある。しかも、母方にミスプロ系でも相性のいい
シーキングザゴールドと大舞台に強いリボーが入っている。リボーといえばしつこいが
ナカヤマフェスタ、タップダンスシチーなど大舞台で穴をあける。バーディは穴ではないが
十分通用する。

あとは、レベルの高かった根岸Sを素直に評価して▲ダノンカモン☆セイクリムズン
着順と評価を逆転させたのは、東京マイルでの実績、調教量を加味してのものですがここは
さほど評価は変わらないと思います。

あとは△としてダイショウジェットの1発、血統はドンピシャのマチカネニホンバレ、
半信半疑だがトランセンド、展開が向きそうなシルクメビウスの追い込み。

前日3番人気だったフリオーソは現在2番人気。このメンバーならと出走してきたのだろうが、
それでも到底無理と思っている。なぜならこの馬、個人的には晩年のヴァーミリアンにそっくり
と思っているからだ。ヴァーミリアンは全盛期は同期のカネヒキリが休養している時こそ
中央GⅠは勝てていたが、カネヒキリが復帰してからは休養前同様どこで走ってもカネヒキリに完敗、
しかも年食う毎に地方の超前傾ラップに慣れてしまい、終始淀みなく流れる中央のGⅠでは全く
通用しなかったからだ。フリオーソはまさにその典型。前走なんて勝って当たり前。
評価の対象にもならない。だからここは自身の消し!

ちなみに、ここでも回収率(架空)をやりたいと思います。
オーロマイスター、バーディバーディ、ダノンカモン、セイクリムズン、ダイショウジェット

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。