スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS回顧

トランセンドがまた一段と強くなって、完勝といえる逃走劇と披露した。
決してスローペースに落としたわけでもなく、前走と同じく途中から突っつかれっぱなし
の厳しい競馬。それでも直線では、逆に競り落とす内容だからこれではほかの馬は
歯が立たない。
しかも、JCダートみたいにコーナーワークで差は全く広がらない府中マイルでやったんだから
さらに価値がある。同脚質のとはいえ全くと言っていいほど違う戦法をとるエスポワールシチー
との対決も早く見てみたい。
そして、陣営は招待されたらドバイのWCに出たいとのこと。日本の芝、ダートの頂点の馬が
しかも世界で対決するとなると否が応でも期待が膨らむ。

フリオーソは、やはりと言っていいのか芝スタートで後手。そこでデムーロは腹を括ったか、
後方一気に賭けた。結果は、トランセンドを交わすまでまでは行かなかったもののじわじわ
前をうかがっていたバーディバーディを並ぶ間もなく交わして2着に入り改めて底力を証明した。
3年前のJCダートもそこまで内容自体は悪くなかっただけに、今年いい状態で出てくれば
チャンスはあると思う。

ダノンカモン、マチカネニホンバレのシンボリクリスエス産駒は4,5着。もう少し大舞台での
経験、あとは力がまだ及ばなかった感じがします。この後どこまでパワーアップできるか。

セイクリムズンは懸念された状態落ちがモロに出たように見えましたが、それにしても
負けすぎ。スタートから掛かりっぱなしだったから、距離ではないと思うけど・・・

予想の方ですが・・・弁解の余地もありませんwwwフリオーソをあれだけ言ってるんですから
当たるわけもありませんwww言い訳をするならば、フリオーソが差してくるなんて想像も
してなかった。
あと、馬体重を見た時点でハズレを確信しました。オーロマイスター+18kgってなんだよww

今週は中山記念と阪急杯。中山記念は何と言ってもヴィクトワールピサがどのような競馬を
するのかという1点に注目が集まります。そして、今年は高松宮記念が阪神競馬場で行われるので、
同じ競馬場で行われる前哨戦である阪急杯も例年以上に注目です。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。