スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪急杯&中山記念回顧

最初に中山記念。戦前から、前哨戦だから本気度とか何割のデキだとか言われてましたが、
それをあざ笑うかのような圧勝劇。開幕週の内有利の馬場も全く関係なし。
このメンバーだから、勝たなくてはいけないレースでしたが期待以上の完勝で、
これで胸を張ってドバイに行ける。
ただ、こんな不安はしなくてもいい気がしますがトランセンドもドバイWCに選出され実際に
トランセンドが逃げたとき。オールウェザーがまだどんな馬場かいまだにつかめてないですが、
トランセンドは一定のペースで平均ペースで逃げる馬。対してヴィクトワールピサは、スローの
瞬発力勝負を得意としてるのでもしトランセンドがマイペースで逃げた時が少し不安。
そして、これはブエナにも少し当てはまる・・・

やはりキャプテントゥーレは、スタートと二の脚のスピードが違う。横でリーチザクランが躓いて
出遅れ、最内マルカボルトもスタートイマイチ。なので、あっさり隊列が決まりペースはスロー。
さすがにこのままではまずいと思ったレッドシューターが上がっていってやっとペースが上がる。
しかし、ヴィクトワールにあっさり交わされても自分のペースに持ち込んだキャプテンは
さすがに簡単には止まらない。やはり、さすが皐月賞馬と同時に小回りのこの距離では
やはり強い。

次に阪急杯。ここではサンカルロが"らしくない"競馬で快勝。いつもは後方一気にかけたり
直線でも内を突いたりという競馬が続いていたけれど、今回は開幕週という馬場を考慮してか
いつもより前目の競馬で直線も外に持ち出す安全策。そこからは、やはりこの馬実力はある、
内でもがくガルボをしり目に楽に抜け出し久々の重賞。元々1400mは得意としてるだけに
これぐらい走って当然。開催が進んで行われる高松宮記念の馬場状態は、は去年自身が好走した
スプリンターズSと似てくると思うから今回みたいにスムーズな競馬ができれば、おのずと
結果はついてくる。

一方のガルボは、前がなかなか空かず苦しい競馬でした。しかも瞬発力はあまりないのに
切れるサンカルロに先に行かれてはどうしようもない。内容自体はまずまずと見ていますが、
このあとは高松宮記念はどうするのでしょう?それは出遅れて3着に突っ込んだフラガラッハ
にも言えることだと思いますが・・・

ワンカラットは馬体重の時点でたたき台の予感はしていましたが、不利というかもうちょっと
まともに走れていれば3着以内はあったかなと思います。ただ、本番の高松宮記念は
いい加減鞍上変えないと勝てないと思います。・・・が、調教師が父ならまずないでしょう。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。