スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞回顧

メンバー的に、今年もスローになりあまり見応えのないレースになるだろうと思っていましたが、
案の定の結果。むしろ、ゲート前でターゲットマシンがしきりに暴れていた時の方が意味は
違いますが盛り上がっていたような・・・
まぁ、その時点で自分の予想は崩壊しましたがww

プレイが逃げると思われたが、テンションが一向に収まらないターゲットマシンが行って
しまった。しかし、それに絡んでいく馬もおらずにペースはスロー。ターゲットマシンが早々と
失速してプレイが先頭。このまま押し切るかと思われたが、やはり上がり勝負になると
台頭してきたサダムパテック。今回は少頭数でスタートも出たので4番手で折り合ったのも
勝因でしょう。それと同時に本番でこける典型的な馬が出たなとwもう言っておきましょう。

サダムパテックは消しと!文字が小さいのは自身がないからですwww

プレイ、デボネアの京成杯組が皐月賞への切符を手にした。どちらも、渋いイメージがあるが
逆に両方とも本番でも大崩れしないと思う。特にプレイは前に行くと本当にしぶとい。
血統も超良血なので、本番でも期待です。

ショウナンマイティはまたまた脚を余した格好の4着。ただ、直線の短い中山で最後のあの
のび脚は目立っていた。東京など直線の長いコースならさらに良くなるだろう。

弱い弱いと言われ続けている、ラジオNIKKEI組の最後の砦オールアズワンもスタート
でぶつけられて掛かってしまった。もう少しやれると思っただけに少し残念。それとも、
セイウンワンダーみたいな領家流の仕上げか!?

今週は、小倉競馬場で中京記念があるので現地に向かいます。なので、中京記念は
もちろんのこと、翌日のフィリーズレビュー、中山牝馬Sも買って帰ろうかなと思います。
前日買いはちょっとリスクがありますが仕方ないです。
・・・で、その日曜の2レースですが毎年どっちも荒れてるので、過去の傾向をしっかり
調べてから馬券を買いたいと思います。はっきりとした傾向が見いだせれば、うpしたいと
思います。多分、分かり切った事しか書かないので参考にしないでくださいwww

中京記念は、開催場所が小倉なので何とも言えませんが右回り・左回りを除けばほとんど変わらない
コース形態なので傾向はいつもどおりでいいかなと。違うのは、小倉はほとんどない連続開催
だから馬場がちょっと傷んでいるところぐらい・・・かな?

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。