スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の重賞さらっと回顧

まずは阪神大賞典。主役トーセンジョーダンが取り消して、一気に混戦ムードになりましたが
このチャンスをナムラクレセントが豪快にモノにして待望の初重賞。今年も確固たる主役が
いそうにない春の天皇賞になりそうなので、この馬が主役を務めるかもしれません。
オウケンブルースリは思っていた通りの結果になってしましましたが、いくらなんでも
負けすぎです。本番までにできが戻るか心配です。

次に中京記念。
こちらは、晴れ前提の予想だったのに昼過ぎから雨が降ってきてブロードストリートがダメ。
さらに、道悪の鬼シャドウゲイトも晴れ予想だったので消し。似たような理由で
ナリタクリスタルも消し。今回は本当に仕方ないとしか言いようがありません。


最後にフィリーズレビュー。逃げ馬が揃ってて、ある程度ペースは流れるだろうと思っていたら
流れすぎて前半3Fは稍重なのに過去5年より早い。前が結構残るこのレースですが、さすがに
先行馬総崩れ。道中の通過順が11,8,12,16,14の決着。◎フォーエバーマークが先行勢で
唯一頑張りましたが、それ以外はみんな惨敗。ただ、1つ言えることはこんなレース桜花賞に
つながるわけありませんww
これで、桜花賞は決まりましたね。唯一牙城を崩す可能性が残されていたドナウブルーが
消えたので、間違いなくレーヴディソールで決まりでしょう。単勝1.3倍付くかなぁ?
しかし、桜花賞で単勝1点台を付けてまず負けないと思われていたウオッカもこのレースで
負けてますので、絶対ではなくほぼ確実にと言っておきましょう。まぁ、この中に
ダイワスカーレット級がいるかって言われるとちょっと考えにくいのですけどw

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。