スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キタ――(゚∀゚)――!!

ついにやりました!!日本のグランプリホース、ヴィクトワールピサがこれまで幾多の
名馬がことごとく跳ね返されてきたドバイWCの壁をついに破りました。
そして、2着にも逃げ粘ったダート王者トランセンドでなんと日本馬のワンツー!!
凱旋門賞と並んで世界1を決めるこの舞台で、とんでもない快挙を成し遂げました。

レース内容も素晴らしかった。果敢にハナに行ったトランセンドが絶妙にペースを落とした。
これを見て、デムーロ騎手は最後方から道中で一気にまくってトランセンドのすぐ後ろに。
直線に入って、ヴィクトワールが先頭に立ち突き放しにかかるかと思われたがトランセンドも
さすがに自分のペースで逃げてたから、そう簡単には下がらない。むしろ、ヴィクトワールと
差が詰まりそうにもなっていた。ブエナビスタは行き場をなくし万事休す。そのまま、先頭の2頭
が後続を振り切りゴール板を駆け抜けた。
この、最後方からのおおまくりはデムーロだからできた好騎乗。有馬記念といい、あんな騎乗は
日本人はとてもできない。これが、近年増えているスローペース症候群の原因かもしれない。
逆に、あれで捕まってたらどうなっていたか。しかし、勝つにはあれしかなかったのもまた事実。
ブエナが詰まってるの見ると余計に思います。

この勝利は、地震で被災された方々にも大きな力になると思います。

さて、もはや空気になりそうな高松宮記念ですが、
◎スプリングソングから、レッドスパーダ、キンシャサ、ダッシャーゴーゴー、サンカルロ、
ジョーカプチーノの人気どころに流します。

おやすみなさい

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。