スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞予想

中山から東京に替わっての皐月賞。ヤエノムテキが勝った時の皐月賞の時、自分は
まだ産まれてもないwそんな昔のデータを持ち出してもしょうがない。
当然、中山最終週の例年の皐月賞のデータも使えるわけもない。ならば、もう馬場状態、
距離適性を読むまで。

まず馬場状態。やはり開幕週。しかも、そこに雨も加わり外は滑り、内は芝が長い分
滑らず走れる。結果、圧倒的に内を走れる馬が有利だった。実際に逃げ・先行・内枠天国
だった。唯一後方から突っ込んできたのは、フローラSの勝ち馬バウンシーチューンだけ。
しかし、15番人気2着のマイネソルシエールは最内の先行馬だった。
今日は、恐らく晴れて馬場が乾くだろうけどそこは府中の開幕週。今日と同じく
決め打っていい。

次に距離適性。府中の2000mは基本的に、2000mより短い距離をベストとしている
馬がよく来ます。今回は開幕週。これもこのままでいいと思います。
そして、それを判断する基準は自分は血統しか分かんないのでそれで行きます。
あとは、ペースも外枠ですけどプレイが恐らく行くでしょうからスローになり
これも前残りに拍車をかけるでしょう。

本命は思い切って◎カフナ
正直、この人気ですので不安の方が大きいですが先行馬、ギリギリ真ん中より内の枠
という条件をクリアして血統もどちらかと言えばマイル向きの血統と、今年の皐月賞に
向いている。
さらに血統も、牝系からはベッラレイアが出ていて前走阪神内回りで好走していますが
むしろ東京の方がプラスに出そう。
あとは、長所であり、短所であるのが騎手。他の騎手が無警戒になるのが長所、
大舞台の経験が少ないのが短所。

対抗は無難に(?)ベルシャザール
これも、カフナと同じ父キングカメハメハ。母ライムキャンディも東京得意だった。
共同通信杯は、確かに4着に負けましたが内しか全く伸びないあのレースで大外枠を
引いて直線もずっと外走ってあの着差なら、むしろ良く頑張った方だと思います。
枠が若干外なのが唯一のマイナス材料です。

3番手▲はステラロッサ。
父ハーツクライもいいと思っていて、枠順決まった時は◎まで考えましたが前走みたいに
後方一気の競馬になったら間違いなく前が詰まると思い評価を下げました。
ただ、川田騎手なのでそこまでは下げないと思います。

あとは△、枠は最高だけど出遅れが心配なサダムパテック、これも東京に替わってプラスに
働くであろうダノンミル、今回も内枠に入り再度最内強襲もあり得るナカヤマナイト、
内枠の先行馬で、短中距離を得意とするアグネスタキオン産駒ノーザンリバー、
内に刺さる危険性がいまだに残るが能力は高いオルフェーヴルまで。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。