スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞回顧

戦前は結構大混戦と言われていた皐月賞だったが、終わってみれば
オルフェーヴルの圧勝。左回りが云々と言われ続けてたが、それを
あざ笑うかのように直線はまっすぐ突き抜けた。
道中もインコースにうまく入れて直線までじっと待機して、直線もハナから
外には出さず馬群の間をこじ開けるように一気に突き抜けてきた
とにかく強いの一言。混戦から1強へと変わった。
兄が有馬記念を制しているから、距離は全く問題ない。人気もかなり
被るだろうけど、逆らう理由は何一つ見当たりません。

仕掛けが少し遅れたとはいえ、3馬身差の完敗を喫したサダムパテック。
ダービーでの再戦になるが、母父エリシオとはいえオルフェーヴルより
スタミナがあるとは思えない。巻き返しは厳しいように思えます。

共同通信杯の惨敗を見て、今回も厳しいだろうと思っていたダノンバラードが
低評価に反発して3着に粘りこんだ。しかし、今回は内枠を最大限に生かした
豊騎手の好騎乗があってこその結果。ダービーは、この1か月で急激にでも
変わらない限り掲示板も厳しいような気がします。


わずかながらに期待したカフナでしたが、やはり力負けの印象。
本来なら、あそこからズルズル下がらずにもっと粘りこめたはず。
それとも、ただ単純に内回りでかなりいい競馬をしたら外回りはダメ
という単純な考えでよかったのか。多分力負けだと思いますが。

今週は天皇賞(春)。人気は、恐らく日経賞の3着までが集めるだろうが正直言って
3頭とも3200mを走るスタミナはとてもあるようには思えない血統。
しかし、去年暮れからテイエムオペラオーと同じような成績を残している
トゥザグローリーの成長力にはさすがに逆らえないので、切るとしたら残りの2頭の
いずれかかどちらか。

そして、本命ですがかなり悩んでいます。普段の自分なら間違いなく穴人気馬を
選択するでしょうが、最近その本命の成績があまりにもひどいので人気馬を本命に
することも考えています。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。