スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞(春)回顧

逃げる馬がいないからスローペースになるだろうと思ってはいましたが、
まさかあそこまでスローペースになるとは思っていませんでした。
当然、掛かる馬が多数いたり強引にポジションを押し上げて行く馬が多い中、
最低限の動きに抑えていたヒルノダムールが惜敗続きから一転、一気にGⅠ
タイトルまで掴んだ。

好スタートから好位を進むも、入れ替わり立ち替わりの激しい競馬で一時は
中段のやや後ろまで下がったがナムラクレセントがハナを奪いに行ったときに
この馬も徐々にポジションを上げて4角では6番手。そこから溜めていた
末脚を発揮。追いすがるエイシンフラッシュを退け先頭でゴールを駆け抜けた。
内枠を生かした藤田騎手の好騎乗も光った。
最強世代と謳われるこの4歳世代。まだまだ新たな矢が出てくるかもしれない。

ダービー馬エイシンフラッシュが意地を見せての2着。
この馬だけ、スタミナが未知数なところもあったがやはりキングマンボ系の父は
母方のスタミナがしっかりしていると、長距離もしっかり持つ。あと、
この馬も途中で動いたりせずに瞬発力に賭けたのが良かった。ただ、1にも2にも
枠順がすべて。
この馬は、自分は久々に出た競馬場を選ばずに走る万能型と思っている。
次がどこであろうと大崩れは考えにくい。

4角先頭でそのまま粘りこむだろうと思って本命にしたナムラクレセントですが、
あまりのペースの遅さに向正面でハナを奪い途中からレースを作った。
さすがに少々強引過ぎて、最後の最後に垂れてしまったが、瞬発力勝負なら
まず負けるから、あれで良かったと思うし一番強い競馬をしているのは
間違いなくこの馬。本命にして全く悔いはないです。
ただ、出遅れ、序盤の掛かりがなければもう少し頑張れたと思います。


人気になり、スタミナが不安視されていたトゥザグローリー、ローズキングダムは
揃って惨敗。やはりこの血統では3200mをこなすのは無理みたいです。どっちも
掛かっていたのもありますが、共に2400mが限界なのでしょう。

馬券はクレセント-フラッシュの2-3着ワイドをしれっと拾いましたが、結果的には
マイナスです。普通に惨敗した上記2頭を切っていればおそらくヒルノダムール
にも印が回って、3連複も的中したのでしょうけど・・・
昔みたいに簡単に考えていればたぶん当たってます。最近は変にひねりすぎて
考えて外れてばっかり。初心に戻って予想をすることも考えます。
あと、クレセントの複勝4.5倍もつくならそこに突っ込むのもありでした。

そう言ってますが、今週は全く分からないNHKマイルC。買いたい馬どころか、
興味が全くわかないから何が出るかもわからないw初心もクソもないですww
最悪パスかなww

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。