スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1週間遅れの安田記念回顧

3歳馬リアルインパクトが3歳馬だからという理由で人気薄になっていたけど、
それをあざ笑うかのような快勝劇だった。スタートの速さはジョーカプチーノが早いけど、
そのあとの二の足の速さはリアルインパクトが断トツで早いのが見てわかる。
この速さのおかげで、外側の枠なのに楽に3番手をとれている。この時点でこの馬の勝ちは
約束されていたのかもしれない。ペースも向いた。シルポートがいつものスローで逃げていたら
間違いなくストロングリターンにキレ負けしていた。しかしそこはGⅠ、みんな楽には
逃げさせてくれず予想通りの平均以上の
ペース。この馬、将来は短距離が約束されている血統だからこのペースは楽に追走できていた。
直線を向いても、追い出しを待つ余裕もあった。常に位置取りを求められる舞台で戦っている
戸崎騎手もいつも通りの騎乗も勝因の大きな一因だと思う。

前走で初重賞のストロングリターンが、勢いそのままに2着に突っ込み同厩舎ワンツーを
演出した。1番枠なので変に外には出せないから直線までじっと待ち、空いたところから
抜けてくるというお手本のような競馬。石橋騎手は反省していたが、オーナーの言う通り
あれ以上うまくはなかなか乗れない。超スムーズにレースを進められたリアルインパクトとは
その差かもしれない。

去年の3着馬スマイルジャックは去年は内を衝いての3着だったが、今年は外を回しての3着。
直線で少し詰まったなどのスムーズにレースが運べなかったのもあるだろうけど、現時点で
持ってる力は全て出したように見えた。けど、今回が最大のチャンスだったのも事実だった。

アパパネはやはり見えない疲れがあったのかもしれない。追ってからまったく反応していなかった。
調教をあんまりできなかったせいか、+8kは数字以上にこたえてたように見える。

勿体なかったのはクレバートウショウ。今回もスムーズに追えてなかった。マイラーズCは
完全にフロックだと思っていたが、ここ2戦を見るとどうもそうではないらしい。
いずれは重賞はとれるだろう。

個人的には古馬牡馬が圧倒的に弱いとか言ってる時点で、リアルインパクトは高評価
しなくちゃいけない存在だったのに最後の最後に切ってしまうほどの評価でした。しかも、
時計的な面でもアパパネが1分31秒9から1キロ増える、対するリアルインパクトは
前が詰まっての1分32秒5から3キロもらうと考えると大体1キロで
0.2秒と言われるのでアパパネが1分32秒1、リアルインパクトが1分31秒9。
どちらも結構なハイペースだったので単純な時計面では逆転してしまっていたのです。
それをレース後になんとなく新聞を見て気付くという・・・いつも情報やオッズはネットで
見るのでほとんど時計は見てませんでした。
あと、古馬牡馬は弱いといいましたがストロングリターンはGⅠ初挑戦の新興勢力。
単純に古馬牡馬で括ってしまったこと、前走がメイチだろうと思いこんであっさり
消してしまいました。スマイル本命だった
だけにかなり悔やまれます。

最近重賞すら予想する暇がほとんどないので次はGⅠ再来週の宝塚記念です。
去年はここでも書きましたがナカヤマフェスタ本命に、そして一昨年は◎○で決着する(マジです)
などとにかく自分にとっては相性が最高のレース。
なんとしても当てたいので、重賞の予想はパスして過去2年的中させた経緯などを書きながら
3年連続的中できるようにきっちり予想したいです。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。