スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年宝塚記念

この年はオッズはディープスカイの1強。直前に父であるアグネスタキオンが
急死してしまったのもあり、その子でもあるスカイに頑張ってほしいという思いから
単勝は1.5倍を付けた。
しかし、正直な話この馬が勝ちきるというシーンはほとんど頭になかった。ダービーも
直線を一杯に使って差し切っていたし、JCもスクリーンヒーローをとらえられなかったし、
安田記念に至ってはウオッカに惨敗と言っても大げさではない2着。確かに世代では
抜けていたかもしれないがほかの世代と比べるとレベルが低いのではと思い始めたころだった。
だから、自分にとっては1.5倍はおいしいと思っていた。
では、本命はというと自信の本命だったドリームジャーニー。明らかに得意ではない舞台の
天皇賞の結果次第では、評価を下げようかと思っていたのですが結果は3着。
あれだけ頑張ってくれたのならもうここでは頭最有力と思っていました。
この時はまだ折り合いに不安があったけれど、天皇賞からの1000mの距離短縮
だったから当然ペースが速くなる。しかも、天皇賞でも折り合いは付いていたので
宝塚でも折り合いを欠くことはまずないだろうと思っていたのも強調材料でした。
内回り適性と言う意味でも、前年の小倉記念や朝日CC、有馬記念4着を見てるともしかしてとは少し思っていました。
ディープスカイと秋天以来の再戦となった大阪杯でも条件有利だったとはいえまくり気味に一気に上がってスカイを封じ込めた
あの脚は本番でも通用すると思っていたし、大阪杯と同じでディープスカイを見ながら
競馬できるだろうと思っていたので展開的にも楽だろうと思っての本命でした。

対抗にサクラメガワンダーを推せた理由は、金鯱賞が楽勝だったこと、阪神が得意だったこと
などもありますが、個人的に注目していたデータ
『2年連続で出走してきた馬は去年負けていたらほぼ着順を上げる』というデータ。
前年、福永騎手が自分で乗りへぐったという騎乗で僅差の4着だったから正攻法で
2着に上げたのも個人的には納得だった。

ちなみに、『2年連続で出走してきた馬は去年負けていたらほぼ着順を上げる』←のデータ、
2年目で着順を上げた馬も3年連続出走するとなぜかほぼ馬券圏外まで着順を下げる。だけど、
唯一3年連続3着以内に好走したのが
ステイゴールドだった。これも、実はドリームジャーニーを本命にした理由でもある。

ディープスカイは一瞬でトップスピードに乗れるような馬ではないと思っていなかったので
△の頭なしの評価でした実際にレースでも、加速しきったときはドリームジャーニーには
かなり離されていた。そこから追い上げるも、ジャーニーはもちろん先に抜け出した
サクラメガワンダーも捉えられなかった。

この年はこれ以上ないのではないとかと思うぐらいに完璧な予想だった宝塚記念。この予想で変な自身を
つけてしまったのは言うまでもないですww

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。